スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊の梅純米吟醸 ヴィンテージ2004

20091112-2.jpg
豊の梅純米吟醸 ヴィンテージ2004
原料米:松山三井(愛媛)
精米歩合:50%
豊の梅純米吟醸 ヴィンテージ2004
アルコール度数:16.3%
日本酒度:+3
酸度:1.3
製造元:高木酒造株式会社(高知県香南市)
飲った日:2009/11/11
購入:土浦S屋 (2009/11/08)
価格:1890円
--- 高木酒造のページより
 酒造好適米ではないが、麹の作り易い酒米、愛媛の松山三井(まつやまみい)を50%まで磨き、最後の土佐杜氏が土佐の気候に適した技で醸しました。
あくまで食卓を豊かにする食中酒という視点から、華やか過ぎないフルーティーな香りと、くどくない米の旨味を表現することで、料理との相性の良い、飲み飽きしない純米吟醸を目指しました。
 楽しみな一品料理がある時やカジュアルな一日にほっと一息したい時、この酒は食卓の名脇役を演じてくれるでしょう
--- ここまで


土日と里山ハイクでお金を使わなかったのでワインを奮発と思って土浦のS屋でブルゴーニュワインを買ったのですが、その時一緒に買った日本酒です。

ここの酒屋はワインの品揃えがすばらしいのですが、日本酒もなかなかどうして色々とあります。その中でもヴィンテージとか言って古酒も売っていたのは知っていたので、いつか試してみたいと思っていました。

日本酒はこれまでフレッシュなのが美味しいと思っていました。実際1年(常温で)ほったらかしにしておくと、黄色くなってひね香が出てきて不味くなります。以前、吟醸酒だったか、大吟醸だったかの古酒と称する日本酒があったので、ものは試しと買って試してみましたが、流通段階が悪かったのかは定かではありませんがやはりひね香がして全く美味しくありませんでした。それ以来、日本酒を買う時は、瓶に書いてある出荷時期もチェックして、何本か陳列してあったら一番新しいのを買うようにしていました。これはまあ、通常買う時はいつも気を付けるべき事です。

しかし、最近この考えを少し改める出来事がありました。2年前の年末に八戸の八食市場で日本酒を買ったときに、一年くらいおいておくと美味しくなると言われて、一年冷蔵庫にほったらかしにしておいたの今年の正月に飲ってみました。ひねてるかとおそるおそる開けてみたのですが、色の変色もなくまだまだフレッシュで美味しくいただけたので驚きました。

これはもしかして、日本酒を寝かせても悪くはないのでは??

そう思っての、今回のチャレンジです。ヴィンテージ日本酒ですが、銘柄によって値段も結構違うのですが、ワインほどにはヴィンテージによる値段の差はないようなので酒屋にあった中では手頃な値段の豊の梅純米吟醸の中から、5年が経っているヴィンテージ2004を買ってみました。

その純米吟醸を、水曜日は休養ということでランニングをお休みしたので、早速飲ってみました。

グラスに注ぐと、、色はちょっと黄色がかっています。。うっ、これはもしかして、ひねてる??ちょっとびびります。おそるおそる香りを嗅いでみますが、ひね香はありません。大丈夫かな、、口に含んでみると、、とろっとした感じで濃厚ですが、フルーティでまだまだフレッシュです。美味しいじゃん♪

アルコール度数も日本酒としては普通に16~17度数とあるので、原酒というわけでもありませんが、しっかりとした飲み応えでした。

あっという間に4合瓶が無くなりそうな勢いでしたが、いっぺんに飲ってしまうにはあまりにも勿体ないので半分飲ったところでまた次回にとっておくことにしました。

ヴィンテージ日本酒もいけるかも。

日本酒の新たな楽しみ方を知った思いです。日本酒のそれも古酒に嵌りそうな予感です。
スポンサーサイト
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。