第16回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン (2010/05/16)

20100416-4.jpg

20100416-5.jpg


距離:100km
累積高低差:2323m
記録:13:45:13(手持ち時計13:42:13:29)
ウエア:TNF長袖ライトウエイトジップアップ、ナイキ7分丈パンツ、TNFフライウエイトジャケット
シューズ:TNFラッキーチャッキーGTX (0~42km)、アシックスGT-2140NewYork (42~100km)
その他:グレゴリーウエストポーチ、Panasonic DMC-LX3、携帯電話、現金500円、鍵
食料:ベスパプロ、パワージェル4個(食べず)、その他1個(食べず)
ラップ(310XT):
スタート 5時
5km 5:31 (0:31:36)
10km 6:03 (0:31:41)
15km 6:39 (0:36:41)
20km 7:14 (0:34:43)
25km 7:43 (0:28:51)
30km 8:17 (0:34:22)
35km 8:55 (0:37:08)
40km 9:27 (0:32:28)
45km 10:08 (0:41:23)
50km 10:38 (0:29:54)
55km 11:19 (0:40:29)
60km 11:57 (0:38:34)
65km 12:34 (0:36:40)
70km 13:25 (0:50:56)
75km 14:38 (1:13:10)
80km 15:39 (1:00:36)
85km 16:11 (0:32:41)
90km 16:59 (0:48:06)
95km 17:45 (0:45:02)
100km 18:42 (0:57:28)

5月16日の日曜日は野辺山であったウルトラマラソンの100kmの部に出走してきました。

結構無謀だったかも。。

(前日)

ここ最近は長い走り込みをでんでんやってません。長いのと言ったら4月のハセツネ32Kとかすみがうらマラソンのみです。一抹の不安を感じながらのお出掛けとなりました。前日はゆっくりCR-Vにて出発し、途中道の駅南きよさとで信玄ソフトを食べたり、吐竜の滝を見物しつつ、15時前に会場入りしました。受付を済ませ、出典ブースをみていると、横で松下選手のコース説明が始まったので、床に座って聞き入りますふむふむ。その後15時30分からは大会本部の説明を聞いて、その後明日のために念のためパワージェル4個とかを買いました。

次はお風呂と言うことで野辺山周辺をうろうろしますが、良い場所がありません。仕方なく清里の方に戻って、本日のランニングもしていなかったので、滝のところの遊歩道を軽く走っておきました。

その後は甲斐大泉温泉パノラマの湯700円で汗を流して、小作清里店でエビフライ定食大盛り1200円を頬張りました。そしてビールと明朝の朝食用にパンと巻き寿司も買って、20時杉には大会の駐車場に戻りました。車中泊の準備を終えるとビールを飲んでしばし寛いで寝ました。

(当日)

3時15分頃目が覚めて準備です。朝食を頬張りつつゼッケン等付けていなかったので付けたのですが暗がりの中苦労しました。荷物は2ヶ所デポ出来るのですが、林道部分を終えた42キロ地点に、着替えと靴とパワージェル等をデポしました。

4時を過ぎるとトイレも混み始めたので、急いで並びます。トイレ3個で1列というような並び方で、10人くらいは10分くらいで順番が回ってきましたやれやれ。

スタートまでは車に戻ってのんびりして、10分くらい前にスタート集団の中程に入りました。

20100516-0.jpg

さて、スタートです。特別ゲストの荒川静香さんが見送ってくれて、生写真をパシャリ。

最初は野辺山駅周辺の里を走るのですが、無理をせずにでキロ6~7分程度で走りました。途中5kmを過ぎたあたりで、荒川静香さんが応援していたので、ハイタッチです♪10kmくらい走っていよいよ八ヶ岳山麓の林道部分に入ります。林道は未舗装といってもそれ程攻撃的な石ころは転がっていなかったので問題なく走れます。登りですが、そんなに斜度もないのでキロ7~8分程度のペースで走りました。途中には3~5kmおき位にエイドが合って、暑くなりそうだったのでこまめな水分補給を心がけました。アーモンドチョコレートとたけのこの里も大好きです♪

20100516-1.jpg

20kmくらいが最高標高地点の横岳中腹ですが、ここまでは順調です。ここから下り基調となりますが、下りで脚に負担を掛けないようにゆっくり下ります。

林道を抜け舗装道を進むと間もなく稲子湯エイドです。ここのおしるこも大変美味しゅうございました。

20100516-2.jpg

その後は里に向かってずんずん下って、42kmの大エイド地点です。ここで、TNFのラッキーチャッキーから普通のランニングシューズに履き替えて、靴下も交換しました。半袖の着替えも準備していたのですが、夕方になって寒くなると困るので、長袖、7分丈パンツのままで走ることにしました。ここで重要な事を忘れていた事に後になって気付くことになります。

トイレも済ませスタートです。さらにどんどん下って50km地点でお蕎麦の待ち行列がありましたが、のんびり並んで頂いたお蕎麦は大変美味しゅうございました。

59km地点着替えポイントまでの緩やかな登りもゆっくりですが走ります。ここで、42km地点着替えポイントで靴を履き替えた時にRCチップを付け替えるのを忘れていたことに気づきました。

きゃー、どうしよう。このままゴールして完走となるのだろうか??がっくり来てしまって、59km地点でもうリタイアしようかとかなり弱気になりますが、59km地点は無事再起動しました。せめて馬越峠は越えたい。

しかしもう気持ちは完全に折れてしまいました。71km地点第3関門が71kmの部のFINISH地点で、ゴールへのバスも出ています。しかし、リタイアする勇気がなく、30分くらい悩んで、取りあえず先に進んでみることとしました。トイレを済ませ、いよいよ馬越峠へと向かいます。

このあたりで少し脱水症状気味になってきました。まずいなあ。馬越峠までの登りは走れないことはなかったのですが、ここで無理することもないかと歩いて登りました。回りも殆ど歩いて登っています。

79km地点馬越峠が第4関門でここでリタイアするか再び悩みます。しかし、馬越峠を越えられれば完走率は上がると言われていたので、ここでリタイアするのもどうしたものかなあ。ここでも15分くらい悩んで、リタイアするにしても次の第5関門でということで再スタートです。

峠からの下りは走りますが、ここでも脚に負荷がかからないようにゆっくり下ります。このあたりで、親指の爪が痛くなってきました。靴のサイズが合ってないのかなあ。まあでも行くしかありません。

87km地点着替えポイントに16時40分頃到着です。ちょうどリタイアした人が乗った車が出発するところでした。ここでもリタイアの機会を逸したかなあ。矢っ張りリタイアしたいなあ。。弱気になりながらうどんを美味しく頂きました。残り13kmを2時間ちょっとです。歩いていたらギリギリ間に合わない状況でしたが、もう行くしかないので走り始めました。

走り始めて気づいたのですが、さっきのエイドで水分補給を十分してない!里に下りてきているので坂はそれ程きつくもないのですが、脱水症状気味で半分くらいは歩いてしまいました。登りになると喜んで歩くような状況です。5kmくらい走ってやっとエイドが現れたので、やっと水分補給できました。しかし既に脱水症状状態で走り出すと気持ち悪くなってきます。水が身体に行き渡るまで少しかかるからなあ。残りを歩いてギリギリのタイムだったので、ここは無理をせずに歩くことにしました。更にベスパプロを持っていることを思い出して、そいつを注入してラストに備えました。

2kmくらい進むと身体もかなり楽になってきたので、登り以外は走ります。既に走っても7:00/kmペースがやっとの状態です。登りも走れない訳ではないのですが、心が折れていたのも手伝って歩いてしまいました。

野辺山に戻ってくると、残り5kmくらいからゴール地点の声が聞こえてきます。もうがんばるしかありませんが、全部歩いてギリギリ14時間でゴールというところでした。途中歩きも入れてしまいましたが、最後は出来るだけ走って13時間42分が手元の時計でした。

ゴール後はRCチップが付いている靴の入ったデポ荷物を取りに行って、チップの入ったデポ袋をゴール地点にかざして、これで記録が残ったかな。。

ゴール直後は豚汁もあったのですが、そうこうしているうちになくなってしまいました。仕方ないのでお蕎麦を2杯頂いて、大会会場を後にしました。

20100516-3.jpg

先ずは身を清めなければなりません。日も暮れて寒くなってきたので、急いでアクアリゾート清里で身体を温めました。

8時頃清里を後にして、一路中央道を帰路につきます。渋滞は小仏トンネル17km程度で、まあプラス30分ってところでしたやれやれ。

(エピローグ)

火曜日にホームページを見てみると結果が出ていました。僕は、、13:45:13でした。

温泉

甲斐大泉温泉パノラマの湯700円
アクアリゾート清里550円

2010年レース

4/4 第2回ハセツネ30k(32km)3:57:33(男子上位20%以内)
4/18 第20回かすみがうらマラソン(フル、42.195km)3:42:04(男子上位20%)
5/16 第16回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン(100km)13:45:13(男子上から80%)
8/24-30 UTMB
スポンサーサイト

筑波山一周 (2009/10/24)

筑波山一周
20091024-1.jpg

日程:2009/10/24
ルート:駐車場-筑波山神社-つつじヶ丘-東筑波野営場-筑波山梅林-駐車場
所要時間:1時間39分

装備
ザック:ヒップパック
シューズ:モントレイルハリケーンリッジ
ウエア:Mizuno長袖ジップアップ、ハーフジャージ
予備ウエア:
食料:水300ml、韓国羊羹1個、キットカット2片
その他装備:Garmin Forerunner 305、現金(1010円)

ルート詳細

13:41 駐車場 0km
| 1.0km (0:07)
13:48 筑波神社 1.0km
| 2.2km (0:19)
14:07 つつじヶ丘 3.2km
| 2.9km (0:20)
14:27 東筑波野営場 6.1km
| 2.8km (0:16)
14:43 分岐 8.9km
| 2.0km (0:16)
14:59 分岐 10.9km
| 3.5km (0:20)
15:20 駐車場 14.4km

温泉
つくば湯
入館料:土休日1260円(平日1050円)

筑波山周遊 14.4km 1:39:34 (6:53/km) HR149bpm, 1050kcal
今日14.4km/今月走行距離223.1km



やー金曜日は焦りました。木曜日にシドニー感から帰ってきて、、シドニーではウォルターが咳ゴホゴホやってたし、帰りのJL772便では前の席に座ってた人がゴホゴホやってるし。。でも日本人は新型インフルに過剰反応し杉ですね。シドニーでも何処でもマスクをしている人なんか日本人以外いません。

で、昨日はシゴト場に行ったのですが、夕方少し熱っぽくなってきて手足も痺れてきたので帰りました。

マジですか、、感染(うつ)った??

絶望の中、ワインを飲ってたら気分が良くなってきて、でんでん大丈夫じゃん。もしかして手が痺れてきたのはアル中?とか思ったのですが、そのまま撃沈、土曜の朝は爽やかな目覚めでした。

大丈夫です♪

と言う訳で昼飯にうまかっちゃんを食べてからトレーニングがてら筑波山に行って来ました。

いつもの駐車場にCR-Vを停めてスタートです。念のためお金も千円札と10円玉を1枚持って走り始めました。最初は筑波山神社までのランですが、なかなか調子よいです。筑波神社でお賽銭10円でお参りをした後はいよいよ登山道に入りました。つつじヶ丘までも非常に調子よく、前回より1分早くて微妙に良い感じです。そのまま裏筑波野営場までぐるっと回りますが、ここも前回より1分早く微妙に好調でした。

裏筑波野営場からもピークは目指さずそのまま筑波山を一周する道を進みました。順調に2/3くらい進んだところで事件は起きてしまいました。T字路をここは山よりかなと左に取って砂利道の林道を走っていくと、林道が終わって登山道になってしまいました。アレ?地図で見てずっと車が通れる林道が続くはずだけど。。ここで戻れば良かったのですが、まあいいべ、とか適当にずんずん進んで行ってしまいました。トラバース気味に進んでいたのですが、そのまま明らかに男体山に登る登山道に合流しました。

ありゃりゃ。。

今日はピークを目指さないと決めていたので、登山道を下れば本来の林道に出るはずと、ここは下り始めました。しかし下れど下れど林道に出ません。もしかしてこのまま麓に出てしまうと、ぐるっと回って駐車場まで戻らなければ行けないなあ。時間は15時を回ったところか。。暗くなると嫌だなあ。と、かなりマイナス思考です。

ほんの10分程度だったのですが、この間がとっても長く感じました。登山道は間もなく舗装路に飛び出しました。これが予定していた林道だったら良いんだけどなあ。取り敢えず左の方へと進みます。つづら折りに一旦道は上っていきそれからぐるっと筑波山を巡るように進んで行きました。間もなく見覚えのある光景が見えてきました。ああ、戻ってきたな。

道は筑波山梅林の中を下っていき、そのままCR-Vのところに飛び出しました。

矢っ張り地図は持って行くべきですね、奥さん。

終わってみれば殆どが林道だったのと、ピークを目指さなかったというのがあってか、なかなかナイスなタイムでした。

八幡平

八幡平
20090923-0.jpg

日程:2009/9/23
ルート:蒸ノ湯登山口-田代沼-八幡平-八幡平駐車場-(アスピーテライン途中)-八幡平駐車場-(八幡平散策)-八幡平駐車場-(アスピーテライン)-蒸ノ湯登山口-大深温泉
所要時間:2時間37分

装備
ザック:モンベルウエストポーチ
シューズ:モントレイル・ハードロックミッド
ウエア:TNFジップアップs/s、TNFジップアップl/s、TNFパンツ
予備ウエア:
食料:水500ml
その他装備:Garmin Forerunner 310XT

ルート詳細

05:26 蒸ノ湯登山口 0km
| 2.2km (0:30)
05:56 田代沼 (1507m) 2.2km
| 1.6km (0:14)
06:12/16 八幡平 (1630m) 3.8km
| 1.2km (0:08)
06:24 八幡平駐車場 (1556m) 5.0km
| 1.2km (0:09) (アスピーテライン途中)
06:33 八幡平駐車場 (1557m) 6.2km
| 2.2km (0:45) (八幡平散策)
07:18 八幡平駐車場 (1551m) 8.4km
| 7.0km (0:42)
08:00/01 蒸ノ湯登山口 (1179m) 15.4km
| 0.5km (0:02)
08:03 大深温泉 (1136m) 15.9km

温泉
大深温泉
大部屋(オンドル)素泊まり:2000円

八幡平 15.9km 2時間37分 09:40/km, HR122bpm
今日15.9km/今週15.9km/今月走距離229.7m




5時頃起床です。大深温泉の暖かい方のオンドル部屋は結構暖かかったです(汗)。

朝は苦手でめちゃくちゃ眠いのですが、がんばって身支度を調えました。同行者は来月のフルマラソンを控えてかヤル気満々で、今日は朝食前のモーニングランと言うことになりました。天候も昨日の夕方の八幡平は蒸ノ湯から上はガスのミルキーロードだったのですが、今朝は曇ってはいますが雲は高く頂上も雲の下に出ているようなので、同行者はアスピーテラインを走って上がって頂上駐車場を目指すとのことでした。僕は当然登山道を登ります。

20090923-1.jpg蒸ノ湯登山口

蒸ノ湯登山口からバックパックは持たずにウエストバッグに水500mlとして出発です。八幡平と言うだけあって山はなだらかな登山道が続くのですが、それなりに石がゴロゴロしています。登山道は朝露に濡れているのでこの石や岩が曲者で最初何度か滑ってすっころびそうになりました。更に途中何カ所か木道が出てくるのですが、濡れた木道は最悪で摩擦係数ゼロ状態のツルッツルで慎重に進みます。登山道脇の草は草紅葉状態で、木々も所々赤くなっているところはありましたが、未だ早いのかなあってところです。

凡そ45分で八幡平の頂上に到着です。今朝は一番乗りかと思っていたのですが、既に5~6人のグループが頂上にいました。相互記念写真を撮ってそそくさと頂上を後にします。

20090923-2.jpg八幡平山頂

さて、同行者は駐車場まで辿り着いたのでしょうか??途中で引き返すかもしれないと言っていたし、待ち合わせ時間を決めていたわけでもないのですが、一応駐車場に行ってみることにしました。途中にはめがね沼などがあって、その回りの草木は綺麗に紅葉していました♪来て良かった。

20090923-3.jpg

駐車場に辿り着くと、畚(もっこ)山方面も綺麗に紅葉していました。ここで時間的には出発から1時間経っており、同行者も見あたりませんし、もう引き返したのかもしれません。あのつるつる登山道を下っても危険で楽しくないので、ここはアスピーテラインを駆け下りることにしてのんびり走り出しました。すると向こうから走ってくる人がいます!同行者でした。ここで合流して再び駐車場までジョグします。

ここからは、八幡平散策です。のんびりがま沼の方に歩いていくとこちらも綺麗に紅葉していました。八幡沼も望まれ回りの湿原も草紅葉が見事でした。

のんびり散策を楽しんだ後は大深温泉までのランです。既に7時を過ぎて腹ペコです。何か食べ物を持ってきておけば良かった。せめてもの救いは大深温泉まではほぼ単調な下り坂なのでどんどん降るのみです。ゆっくりめで降っていると心拍数は130bpm程度だったので、これではいかんと少しペースを上げて心拍数140bpm程度になるように走りました。下りはこれ以上心拍数を追い込むと脚が着いてこないなあ。

一気に駆け下り大深温泉に戻ってきたら朝食です。(温泉はちょうど清掃中だったので後回しとしました。)ここは素泊まりのみの完全自炊なので、昨日買い込んでいたチーズパンに、バナナ、プルーン、アップルティーでのんびりとした時間を過ごしました。未だ9時前だというのに既に一仕事終えた感じです。

食後に温泉に入って身を清め、極上の時を過ごしました♪

(エピローグ)

10時過ぎにチェックアウトしてCR-Vで再び頂上に行った時は既に雨でした。早起きは三文の得です。

八幡平頂上から岩手側標高1100m付近までは、紅葉は5~8分くらいで、とても素敵な紅葉でした♪

その他

・登りの心拍数は平均140bpmくらいでした。このくらいの負荷で登るのが僕には比較的無理がなくて良いようです。

・降りの心拍数はロードで大凡130bpm程度、スピード上げて140bpm程度でした。登山道を下るときも怪我が怖いので基本ゆっくり降って、降りで身体を休める感じです。

天然温泉ユーユーカイカン

春分の日連休は行きは中央道、帰りは東名(といっても殆ど下道)経由で、那智の滝に行ってきました。宿泊は二日間ともケチケチ旅行で四日市の健康ランド「天然温泉ユーユーカイカン」利用です。

20090321-0.jpg

ここは夜はお芝居・歌謡ショーをやっていて賑やかです。ゲームコーナーもあって昭和にタイムスリップした雰囲気です。男女別の仮眠室があって、リクライニングチェアとマットがありますが、場所取り不可でした。その為寝る場所が確保できるか不安でしたが、連休で混雑していたためか、宴会場とダンスホールを仮眠室として解放していました。結果としては、こちらの方がマットと毛布があって広々としていて、ゆっくりと睡眠をとるところができて大満足です。

金曜日宿泊で土曜日は那智の滝まで足を伸ばしましたが、土曜日も出来るだけ東京方面に戻っておいた方が翌日の帰りが楽になるということで、がんばって四日市までCR-Vを走らせ、結局ここに舞い戻ってきての2連泊となりました。

入口のカフェでモーニングもあったので、二泊目の朝はそちらを食べました。

20090322-2.jpg

これで550円です。結構これで満腹になりました。

ここは宿泊の場合2730円ですが、コストパフォーマンス的には十分です。

天然温泉ユーユーカイカン
住所:〒512-1212四日市市智積町3359番地
Tel: 059 326 1010
入館料:1680円(大人)
深夜1時以降追加料金:1050円(大人)
オールナイトは金土曜日
利用日:2009/03/21,22(2泊)

奥裾花温泉鬼無里の湯でゆったり (2009/02/21 (2))

奥裾花温泉鬼無里の湯
宿泊日:2009/02/21
料金:8550円(一泊二食)

R406を戻って今晩のお宿、奥裾花温泉鬼無里の湯にチェックインです。記憶していたのよりは建物も新しく、聞くところに寄ると5年くらい前に当時の国民宿舎を建て替えて造ったとのことでした。今日は他にお客さんはおらず貸し切り状態で、ゆっくりお風呂で羽を伸ばしてくださいとのことでしたので早速温泉に漬かります♪

20090221-7.jpg

お湯は無色透明で、冷鉱泉の沸かし湯です。浴室も綺麗でちょっと熱めのお湯は良く温まります。露天風呂もあるようですが、冬期はやっていないようでした。宿泊客は他にいないとはいえ、日帰りのお客さんはちょこちょこといらっしゃいました。

躰が温まったところでもう夕食の時間です。風呂上がりのビールがなんと美味いことか。メインは鶏肉のつみれ鍋でそばがきも付いていました。夕食もお腹いっぱいになって、最後におじやも勧められましたが、流石にこれはパスしました。

20090221-6.jpg

食後は布団に横になってふしぎ発見を待ちますが、敢えなく撃沈。。22時にやっと復活して、いろは堂で買っておいたおやきを無理矢理食べて(汗)、もう一度温泉で躰を温めました。

Zzz...

翌日も7時に目が覚めてひとっ風呂浴びます。朝食もゆっくり食べてのんびりです。

20090222-0.jpg

こんな穴場的温泉宿があったとは!ちょっと嬉しい気分になりました。♪

奥裾花温泉鬼無里の湯
泉質:単純硫黄冷鉱泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
料金:8550円(一泊二食)
〒381-4302 長野県長野市鬼無里日影8855
Tel:026 256 2140 Fax:026 256 2200
次のページ
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき