スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山でナビに使っているお気に入りアプリ

7月に入りいよいよ夏山本番も間近です。

10年以前だと、国土地理院の二万五千分の一地図とか山と高原地図などの紙の地図を使っていました。

それから7〜8年前かな、GarminのeTrex Legend Cxを使うようになり、ここ数年はeTrex 30です。eTrexは英語版のため正規の10m等高線地図が使えず、自作の50m等高線地図を使っています。

しかし、この50m等高線だと、地形がおおざっぱでイマイチどこにいるかわかりません。夏道だと、登山道は表示されるからまあ、だいたいの位置はわかりますが、地名とかがないため、やっぱり使いづらいものとなっていました。

そのため現在地確認に使うというよりは、主にGPSログの取得に持ち歩いていました。

そして、ランニングを始めてからはGarmin Forerunner 310XTやGarmin 910XTを使っています。ログをとるだけなら310XTや910XTがGPSの精度もよく十分でした。地図は入れられないため、現在地確認には使えませんが。。





去年くらいからiPhoneを使っているのですが、これが結構いい感じなのです。

ということで、最近、山で使っているiPhoneアプリはこんな感じです。

山と高原地図 App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料


先ず山と高原地図ですが、良い点はこんな感じです。

・コースタイムが分かり、そのコースのどの辺りに自分がいるかも把握できる。
・GPSログを読み込むと、ナビとして使える。
・GPSログを取得できる。

途中で現在位置を確認するとこんな感じ。

sIMG_9445.jpg八本歯のコルに着いた

後日、GPSログを見るとこんな感じ。

sIMG_9470.jpg今回歩いたログ

アプリ本体は0円で、別途各山域の地図を紙地図より安い450円で買うことになります。コースタイムも見ることができ、自分がだいたいどの辺にいるかというのも分かります。

もう一つ、現在位置確認に使っているのがこれです。

FieldAccess【地形図ビューア】 App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: ¥350


利点はこんな感じ。

・自分がいる辺りの地形が把握できる。
・GPSログを読み込むと、ナビとして使える。
・GPSログを取得できる。

FieldAccessも山と高原地図とほぼ同じ機能です。違いは地図で、山と高原地図はよく言う山地図ですが、FieldAccessは国土地理院地図です。国土地理院地図の方が、地形が詳細に分かります。事前に目的の山周辺をがっつり事前キャッシュしておけば、山に入って電波が届かないところでも、オフラインで国土地理院地図を閲覧することができます。

歩いている途中で現在位置確認するとこんな感じ。

sIMG_9446.jpg八本歯のコルに着いた

後で、ログを見るとこんな感じ。

sIMG_9471.jpg今回歩いたログ

山と高原地図とFieldAccessは、山の中で即座に自分の現在位置と、コースタイムが分かります。深い谷間での使用はないのですが、通常の山登りではGPS精度も十分です。

最後にもう一つ、山遊びで使っているのがRunmeterです。

Runmeter GPS ランニングストップウォッチ App

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス

価格: 無料


山での現在位置把握には向きませんが、Runmeterの利点はこんな感じです。

・GPSログを取得できる。
・Googleカレンダーに移動の記録が、RunmeterのログのURLとともに記録される。

このアプリもGPSログを取得でき、よく使っていました。Runmeterの良いところはカレンダーと連携できるところです。iPhoneのカレンダーにGoogleカレンダーも同期させておけば、毎回アクティビティが終わるとそれがカレンダーに自動で反映されます。後からカレンダーを見れば何時から何時まで行動したかが一目瞭然となり、ウェッブにアップされたGPSログのURLも記載されます。

日々のランニングもRunmeterを使っていて、同様にGoogleカレンダーと同期しています。Googleカレンダー経由で、ランニングログと山登り等アクティビティログにもアクセスできるのが、ライフロガーにはとっても良い感じです。

もう、山遊びにiPhoneは欠かせません♪

山と高原地図 App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: 無料


FieldAccess【地形図ビューア】 App

カテゴリ: ナビゲーション

価格: ¥350


Runmeter GPS ランニングストップウォッチ App

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス

価格: 無料
スポンサーサイト

GPSマニアのライフログに最適アプリ



自称ライフロガーな自分としては、「何」を買ったとか、「何」を食べたとかを残しておきたいのだが、これについてはデジカメやiPhoneで写真を撮っておけば良い。しかし、「いつ」、「どこ」に存在したかというのも、記憶としては重要だ。山登りで歩いたコースと時間だったり、日々のランニングのコースだったり、旅で訪問した場所だったりだ。映像と場所が特定できれば、その時の記憶も鮮明になる。

そんなわけで、ガーミンのアウトドア用GPS、eTrex Legend Cxを持って山に遊びに行ったり、新たにeTrex 30を買って、山や旅先に持っていったり、ランニングはForerunner 310XTでログを取ったりしてきた。特にeTrec 30や310XTはGPSの精度が素晴らしく重宝している。(この点に付いては別の機会に触れるかも。)一つだけ問題があるとすればeTrex 30を毎日持ち歩くには、ちょっと邪魔だということだ。

それならば、最近は肌身離さずiPhone4を持ち歩いているので、それを使えば良いのだが、いくつか難点があった。これまでiPhone4でのログ取りが駄目だったのは次のような理由からだ。

・ビルの谷間など衛星電波の届きにくいところでは精度が極端に下がる。

・GPS精度が落ちた時ログが暴れてしまう。

・iPhone4のバッテリーの減りが酷すぎる。

GPSの捕獲精度が悪いのもあって、GPS衛星電波を捕獲しにくい場所にいると、行ってもないところにログが飛んだりしてしまうのだ。これでは後からログを見ても、軌跡があっちこっち飛んで、汚くて見るのが楽しくない。バッテリーもGPSを常時ONにすると消耗が激しく、iPhone4でのログ取りは4~5時間が限度だった。

しかし、あるアプリ使い始めてからは、日々の移動のログはiPhoneで取るようになった。

GPS-Trek 2だ。

このアプリの良い点はこんな感じ。

・省エネでバッテリーの保ちが比較的良い。

・不自然なデータの飛びは無視してくれる。

僕が問題だと思っていた点を、GPS-Trek 2は見事に克服してくれた。バッテリーの保ちについては、その他のGPS常時ONアプリの時は4~5時間だったのが、GPS-Trek 2だと、8時間程度は大丈夫だ。ちょっとしたお出掛けだとこれで十分で、一日フルで外にいる時も予備のバッテリーを一つ持っていれば安心だ。

そして一日の移動がこんな感じ。この日は午後から里山トレーニングに行ったので、予備バッテリーが無くても充分だった。

sIMG_5319.jpg

GPSの位置データは、Google EarthのKMLファイル或いはKMZファイル、Garminでよく使うGPXファイルで残すことができる。

sIMG_5320.jpg

ログの詳細ファイルと、その地図上の軌跡も、メール送付したり、Evernoteに放り込める。それと、地図のスクショも撮っておけば、iPhoneでも視認性が良くなるかな。

GPS-Trek 2、お勧めです (^-^)


310XT使用感 2

やー、良いですよForerunner 310XT♪

20090617-1.jpg

GPSマニアな僕はGarmin Forerunner 310XTを最近買ってしまったので(汗)、日々のランニングやロードのレースは405を使って、登山やトレランのレースは310を使う感じかなあと思っています。更に数日間の山行の時は310XTと405で足りないときは305とか、、(汗)。

で、310XTなのですが内蔵電池が20時間っていうのがGoodです。山には入るとどうしても行動時間が長くなって10時間を超えてしまうことが普通にあります。Forerunner 405は8時間しか電池が保たないので山には短すぎます。Forerunner 305は10時間保つのですが、これでも矢っ張り山では最後微妙に足りなかったりで悲しいことになります。その点、Forerunner 310XTの20時間は抜群です。先ず1日で20時間行動することはありませんから。

GPSログの方も、こちらはForerunnerシリーズに言えることですが、GPSチップが好感度なので、山間部でもトンネルの中にでも入らない限りまずログが途切れることがありません。なので、後から地図上に表示させても途切れてないので気持ちよいです(はぁと)。

心拍計(HRM)の方も、405から新しくなって身体へのフィット感も良い感じです。

腕GPS自体もベルトが柔らかくなったし、大きさの割に軽いので、腕に付けてて邪魔になる感じもなく、走っていても気になりません。

310XTは405と同じく洗濯ばさみで充電するので、その接点部分は気をつけなければなりません。これは305にもいえることかもしれませんが、接点部分が濡れていると充電中其処が錆びてしまって接触不良を起こす恐れがあります。充電するときは汗まみれは良くありません。

後はログの保存が20時間程度ってあるのが気になります。もう少し長くGPSのログが保存できれば、後は内蔵充電池の問題を何とかすれば長期間(少なくとも数日間)の山行をこれ一つでログ取りできます。

やーでも、良いですよ、310XT。

310XT使用感

20090617-1.jpg

つい先日ゲットしたGarminのForerunner 310XTを使ってみました。機種的には405の次に出たのですが、ボタン的には305と同じです。しかし表示とか捜査官が305とも微妙に違っていて最初かなり戸惑いました。2回使ってGarminConnectへの接続も成功しやっと慣れてきた感じです。

2009/08/23 八ヶ岳山歩き

一発目は八ヶ岳の山歩きで使ってみました。途中一瞬走りを入れてみましたが、基本的に歩き&のんびりお茶です。

途中一回勝手にラップを刻んでいましたが、たぶんオートラップを5kmに設定していたからでしょう。表示されたマップを見るとラップを刻んだ位置は表示されますがトラックデータの前半部分は表示されていませんでした。多分間近5時間分とか1000ポイントくらいがmap表示されるのでしょう。

歩き終わった後に総移動距離と消費カロリーが知りたくてヒストリーを見ようとするも、ヒストリーが無いと言って見れません(泪)。どういうこと?これについては後日、2回目の記録をとるために、データ表示をリセットするとヒストリーでも見えるようになりました(やれやれ)。そういうことのようです。

2009/08/25 10kmランニング

この時点では未だ先日の八ヶ岳山歩きのヒストリーを見ることができずに、平日のランニングに使ってみることにしました。2回目ともなれば普通です(汗)。走り終えて見てみると、八ヶ岳のヒストリーが見えたので、もしやと画面のタイム表示をリセットすると本日の10kmランニングのヒストリーも見えました。

データのGarminConnectへのアップロードチャレンジ1日目

GarminConnectのアカウントは作成しており405のデータを転送していました。新たに310XT用のアカウントを作成しても良いのですが、複数あると訳わかんなくなるので、できれば統一したいと言うことで同じアカウントへのデータのアップロードを試みます。オーナーズマニュアルを斜め読みすると結構面倒そうなのですが、その辺のことは書いてないのでとりあえず試してみました。。

そのままパソコンの近くに310XTを持って行って電源を入れてもうんともすんとも言いません(汗)。右下のツールバーのANT Agentを見てみると「新しいデバイスとペアリングする」が「無効」になっていたので「有効」にするとデバイスを探し始めました。早速310XTの電源をもう一度オンするとペアリングを開始し、言われるがままに進んで行くと無事ペアリングが完了しました(やれやれ)。これで310XT-パソコン間の通信は確立したかのように見えました。しかしデータ転送完了が一瞬出るだけで、こんなに早く転送できるはずはないものと思われ、ペアリングはうまくいっていないようです。

次にGarminConnectでアップロードを試みると、310XTも選択肢にあるので選んでアップロードとしますが、最新データが無いと言ってアップロードしません(泪)。この日はここまでで諦めて、翌日再チャレンジです。

データのGarminConnectへのアップロードチャレンジ2日目

色々やってみました。

Garminのホームページを色々見ていると、310XTはファームウエアが最新のものがあるよというので最新に更新を試みると、パソコン上ANT Agentには落ちて310XTへの転送待ちになったのですが、やっぱり310XT本体への転送はうまくいっていないようでした。ペアリングがうまくいってないのだから当然ですね。。

ANT Agentのバージョンが古いのかもと、確認です。

使っていたANT Agentのバージョンは2.1.7で最新は2.2.7だったので早速アップデートです。最初からANTスティックを抜いてやれば良かったのですが、途中で抜いて刺し直したりしたのでインストールが途中から先に進まなくなりました(汗)。仕方なく一旦インストールを中断してANTスティックも抜いてパソコンの再起動からやり直しです。再びANT Agentのインストールを初めて言われるがままにANTスティックを刺すと今度は何とかインストールが完了しました。

しかしANTスティックを刺してもパソコンがボコボコ言うだけで認識してくれません(泪)。コントロールパネルのデバイスマネージャーで見てみると確かに?マークがついてます(号涙)。色々いじってデバイスを有効にするにすると無事認識してくれました。よくここまで辿り着けたもんです。普通ここまでできないですよ、奥さん。こりゃ大変だ。

次に再びANT Agentと310XTのペアリングですが、アップデート前の情報を引き継いで登録済みだった310XTを念のため一旦削除して再検索をしたりで何とかANT Agentと310XTのペアリングは確立したようで今度はデータ転送を始めました。暫くかかりそうだったので確かに転送しているようです。続いて待ち行列だった310XTのファームウエアのアップデートも始まり暫しカプチーノを飲みながら待ちます。

次にGarminConnectへのログデータの転送ですが、今度はオーナーズマニュアルの通り、最初に認証画面が出てきました。しかし、認証画面からログインしての認証がうまくいきません。アレ?パスワードが違ったっけ?(歳ですから。。)とか思ったので、確認の為IEをもう一つ別画面で立ち上げてGarminConnectにログインすると確かにログインできます。そうこうしていると、無事認証画面の方もログインできてなんだか分からないうちに無事データがGarminConnectにアップロードできました。

ふー、疲れた。

データのGarminConnectへの転送3日目

木曜日は405で走ったので(汗)今度は405のデータをGarminConnectへアップロードです。さあ、一つのアカウントで二つのGPSデータをアップロードできるのかですが、、、再び認証画面が出てきました(泪)。GarminConnectが何も言わなくなったりで苦労しましたが、何度か繰り返していると無事データはアップロードされました。単にANT Agentをアップデートした為の不具合なのか、それとも矢っ張り一つのアカウントでは一つのGPSしかアップロード出来ないのか、もう少し試してみるつもりです。

Garmin Forerunner 310XT発注

20090617-1.jpg

久々に310XTでググってみたらここを見つけてしまいました。

310XTは欲しいなあと思っていたのですが、イギリスから輸入するか、アメリカから輸入するかで悩んでいました。310XTの心拍計梨のモデルだと今の為替レートだと、イギリスでもアメリカでも4万円ってところでした。春の円高の頃だったらもっと安いのになあとなかなかふんぎりが付かなかったのですが、日本にもこんな安いところがありました。

はっきり言って激安です!

同じ値段でHRM月が買えます。

HRMはあるので要らないかなと思っていたのですが、HRMも新しくなっているようなので思わずHRM付き41500円をぽっちってしまいました。在庫があるようなので本日中に発送してもらえれば、週末に使えるかもしれません。このモデルは電池が20時間モツので大概の長距離レースで使えます。

楽しみです。

でもメールが返ってきてちょうど欠品してしまったので発送まで1、2日かかるとのことです(涙)。その代わり、ゴニョゴニョしてくれるというので、勿論OKです。

まあ、週末は間に合いませんが問題ありません。

このショップは大丈夫かなあとか思いましたが、支払いも着払いOKだし、注文してからの今回のメールによる対応も早いし、とっても好感触です。
次のページ
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。