スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週間ランニング記録(5/16〜5/22)

IMG_3376.jpg

今週のランニングの記録はこんな感じ。

5/16(月)夜ラン 10km

E 10km 0:55:02 (5:28/km, 132bpm)

前週金土日のEペース走の疲労が溜まったか脚が少し張る感じがしたので、心拍数で135bpmを超えない強度で回復ランとした。

5/17(火)夜ラン 16km

E 16km 1:24:11 (5:15/km)

脚の張りもなくなったので当初の目論見通り、心拍数140bpm目安で90分走(16km)に出走。

1km過ぎに130bpmを超え良い感じになってた頃に、心拍数表示が90bpm台とありえない低い数値に(ギョギョ!)。

その後心拍数表示は直らず体感で行くしかなく、ペース5:10/km〜5:20/kmで無理をしない程度に心がける。

12km過ぎには脚にゴム感が僅かではあるが感じるも、ペースは維持してフィニッシュ。

5/18(水)夜ラン 12km

M 12km 0:59:51 (4:59/km, 142bpm)

5:18-5:03-4:49-5:01-4:56-4:58-5:10-4:46-4:51-4:58-4:59-4:53

心拍数145bpm目安で出走。

後半、公園の周回に入ったところで、ランニングする集団に遭遇し、ついついがんばってしまった(汗)。

ペースが上がる(4:50/kmより早いペース)と息も上がるが、お尻のお肉がじゃまで走りにくいという感じがある(号泣)。

5/19(木)夜ラン 16km

E 16km 1:27:38 (5:28/km, 131bpm)

少し疲労が溜まっているかも。

5/20(金)夜ラン 12km

E 12km 1:06:17 (5:31/km, 129bpm)

かなり疲労が溜まっているかも。

5/21()午前ラン 21km

E 21km 1:57:45 (5:34/km, 135bpm)

135bpm〜140bpm程度かな〜って感じで走り始めるも、身体が重い。

もーやめようかと思いつつも歯を食いしばった的21km。

5/22()休足日

休むのもトレーニング、そんな言葉をかみしめつつ、昼酒呑んで休足日。

週間まとめ

週初はいい感じだったけど、後半の疲労感の蓄積感ハンパなかった。

この辺の塩梅が難しいね。

87km/週
196km/5月





スポンサーサイト

久々のトレランは結構辛かった高尾山−陣馬山往復



日程:2016年5月2日(月曜日)
距離:27km
時間:5時間9分 (5:09:00)
獲得標高差:+1667m/-1657m
平均心拍:124bpm
食料:おにぎり*2、パン4切れ、アミノバイタル500ml、お茶500ml

08:32 高尾山口
| 37:29
09:09 高尾山
| 49:44
09:59 景信山
| 1:02:08
11:01/11:14 陣馬山
| 56:47
12:10 景信山
| 52:51
13:03 高尾山
| 38:21
13:41 高尾山口

久しぶりに高尾山−陣馬山を走ってきた。

京王線で高尾山口まで移動。高尾登山ロープウェイの清滝駅からスタート。

6号路はGWはトレイルランニングはご遠慮くださいとなってた(汗)。

IMG_3124.jpg

前回歩いて気持ち良かった、比較的静かな稲荷山コースを登っていく。

元気いっぱいで高尾山頂へ。

IMG_3106.jpg

写真を撮って先を急ぐ。

身体にキレがないなあと思いながらもまだまだ元気いっぱいに城山を超え、小仏峠から登り上げて景信山。

GW中とはいえ、一応平日だからか登山者も少なめだねえ。

景信山から先は比較的走れるコースなのだが、やっぱり身体が重いなあ(涙)。

心拍は終始120bpm〜130bpm程度で、もうちょっと上げたいところ脚が着いてこなかったのは、筋力不足だろう。

疲れた頃に巻道の誘惑に負けてパスしていた堂所山を今回初めて踏んだ。

IMG_3109.jpg

明王峠を過ぎれば間もなく陣馬山だ。

約2時間半で陣馬山にたどり着いた。

IMG_3111.jpg

山頂のベンチに腰を下ろし、おにぎりを頬張って一息ついた。

ここからあきる野の方に抜けて、武蔵五日市から帰るのもいいねえ。

まあ今回は当初の予定通り、高尾山の方へ戻ることとした。

復路を走り始めて、、身体が固まって最初は走り出せずゆっくりと進む。

身体が動き始めた後も、疲労がたまり前半の元気はどこにもなかった。

ゆっくりスロージョグでとにかく前に進むという感じだ。

帰りは基本、巻道利用だったけど、巻道はシングルトラックで、前の人に追いつくと先に進めないのが難点だね。

そんな時は無理に追い越すことはせずに、のんびり進むとしましょう。

小仏峠を過ぎ、城山と、最後の高尾山への登りはもうヘロヘロだった。

高尾山を過ぎればあとは下るだけ。

無理せず降って、ロープウェイ駅乗り場にゴールした。


下山後はお楽しみの桜ソフトをペロペロして帰路に着いた。

IMG_3126.jpg

よみうりランドの岳の湯で身を清めてのんびり、この時点では筋肉痛も大したことなかったのだが、翌日からは酷かった。。


前回2010年は4時間14分で走れた陣場山往復が、今回は5時間以上かかってしまい、かすみがうらに引き続き、走力の無さを再認識させられた1日だった。。





ソウル近郊の道峰山に登ってきた



距離:10km
時間:3時間43分
食料:キムパブ(登山口屋台で購入)、パン3個、水500mL×2、ポカリスエット500mL

道峰山(도봉산)駅までは地下鉄1号線、市庁から50分弱くらい。
地下鉄やバス利用ならT-moneyカード(2500W)が便利。チャージしておけばSuicaの様に使えて小銭の心配をしなくてもすむ。

12:08 インフォメーションセンター
13:12/13:19 자운봉(紫雲峰)
(13:30/13:36 昼食)
14:44/15:04 우이암
15:43 インフォメーションセンター
15:51 도봉산역(道峰山駅)

道峰山の登山口には登山用品店や屋台が多数あり。
屋台で飲み物やキムパブ(韓国海苔巻き)、マッコリが買える。
おおむね分岐には地図があり、確認しながら登ることができる。
ハングルは読めた方が漢字が想像できて地名が覚えやすく、地図の確認も楽になると思う。(도봉산→ドボンサン→道峰山、자운봉→ジャウンボン→紫雲峰)
地図は、以前ソウルの本屋で買ったガイド本「전국유명 등산지도 200산(全国有名登山地図200山)」(10000W)の該当地図をコピーして持参。この本は当然ハングルで書かれているけど、地図は登山道やコースタイムが分かり参考になる。

韓国有名登山地図 200山

韓国有名登山地図 200山
価格:1,728円(税込、送料別)



前日のビール&韓国焼酎で、朝は二日酔いで起きることができず遅い出発となった。

新村の宿のそばのコンビニでパンと水を仕入れてから、地下鉄2号線で市庁まで行き、地下鉄1号線に乗り換えて道峰山まで移動。乗った地下鉄が途中止まりだったようで、乗り換え時少々焦ってしまったが、無事、道峰山駅に11時40分頃降り立った。

駅前は多数の登山者があふれており、賑わいは高尾山みたいなものか。北漢山の登山口同様、ここも山用品店や屋台が多数あり、とても賑やかだ。

地図を確認しつつ登るのだが、先ずは昼食用に2000Wでキムパブ(韓国海苔巻き)を買ってから、周りの登山者の流れにのって歩いて行った。

何処が登山口かなあと思っている内に、インフォメーションセンターとなり、ランはここからとしてスタート。

道標の자운봉(紫雲峰)の文字を頼りに登っていった。

登山道を順調に登っていくと次第に斜度が増し、後半は階段をひたすら登る。

そして最後の登りは岩の上となるが、手すりがあるのでそれを頼りに登っていった。

P1000265.jpg

자운봉(紫雲峰)は大きな岩の上って感じで、高所恐怖症の僕はちょっとびびり気味だった。

周りはもやがかかっていて遠くまでは見渡せなかったが、周りの岩岩した山々の素敵な眺めだ。

P1000269.jpg

ピークは狭いし足がすくむので早々にピークを後にした。

その先にも岩山が連なっていて、最初そちらに導かれて行きそうになり、その先の休めそうなところでキムパブを頬張って昼食とした。

IMG_4762.jpg

P1000278.jpg

さて、先を行きますか、なのだが方角が逆だった(汗)。まあ、隣のピークも登ったと言うことで、再び予定のルートに復帰し、道標の우이암を目指して進んでいった。

稜線は岩を超えつつ、走れるところもあり、気持ちよく進むことができた。

そして우이암と思われるピークに到着。

予定ではこの先を우이동(ウイドン)まで行き、そこから北漢山に登り返して南へと縦走するつもりだったが、この時点で時間は15時近かった。

こりゃ流石に北漢山は無理かな(涙)。

せめて우이동までは行こうと思ったが、地名をすべて把握しているわけではないので道標が分かりにくい。

우이동からはバスで地下鉄駅までとなるが、何番のバスだったか覚えてなかったので、バスに乗るのも一苦労しそうだ。ということで、簡単に帰れる도봉산역(ドボンサン駅)に戻ることにした。

우이암の手前まで戻り、道標のインフォメーションセンターを頼りに降りていった。

最初こそ階段を急降下するが、その後はなだらかな下りとなり、気持ちよく走ることができた。

途中の水場がありこの水がまた美味しい!

どんどん降っていくとまもなくインフォメーションセンターに戻ってきた。その後も駅までジョグして今回の道峰山のフィナーレとなった。

次に来たときは、今度こそ道峰山と北漢山を縦走したいな。

その他の写真はこちら

頂上直下にキバナシャクナゲの大群落!旭岳は花の山だった



姿見の雪が溶けたところから花が咲き出す6月末、旭岳登山はこの時期が良いと言うことで、天気が良さそうだった土曜日に旭岳に登ってきた。

旭岳ロープウェイ山麓駅手前の駐車場には8時50分頃に到着、準備を整えて9時15分スタートだ。

最初は朽ち果てつつある木道を、足場を選びながら進んで行く。木道が終わってもしばらくはぬかるんでいるので、ゆっくり進んだ。

間もなくぬかるみも無くなり本格的な登りとなり、トレーニングなので、ここからはがんがん登って行った。

姿見に近づいてくると登山道に雪渓が現れる。一つ目の雪渓を越え少し行ったところでもう一つの雪渓を越えなければならない。どちらも危険を感じることもなく、つぼ足で歩いて行った。

そして姿見分岐に飛び出して、ここまで49分は結構良いペースだ。

先ずは旭岳を目指すとまもなくエゾコザクラの群落にしばし立ち止まるも、先ずは頂上目指し先を急ぎましょう。

一般の登山客はロープウェイを使って姿見まで上がってくるので、ここから登山者が多くなる。

今日は天気もそれほど良くは無いので登山客もそんなに多くは無かった。登山道も広いので、ストレス無くどんどん登っていける。

見上げると頂上は相変わらず雲の中だが行くしか無い。

石室を過ぎ再び斜度が増すが、登りのトレーニングなのでここからも走れるところは走って登った。

8合目を過ぎ雲に近づくと風も出てきて寒くなったので、ジャケットを着込んで先を急いだ。

ニセ金庫岩と金庫岩を過ぎると頂上も間もなくだ。

ここでキバナシャクナゲがちらほら咲いていた。

最後の登りは気合いで駆け上がり、頂上までのタイム1時間47分は結構良いんじゃないかな。

頂上では居合わせた登山者に写真を撮ってもらいました、ありがとうございます。

この頃になると旭岳の頂上付近は雲も切れ始めていた。しかし黒岳やトムラウシ、十勝岳方面の頂上は雲がかかったままだった。

頂上ではのんびり休憩している人も多かったが、展望も無かったので寒くならないうちにさっさと下っていくことにした。

下り始めると、登山道の両側は一面のキバナシャクナゲの大群落!

P1000033.jpgキバナシャクナゲの大群落

更に下るとミネズオウも一面の群落を作っていた。

旭岳頂上直下にこんな素晴らしいお花畑があるなんて!この時期も何度か登っていると思うが、これまで全然気づかなかったな。

ふと前を見ると間宮岳だか北鎮岳が望まれる、、アレッ!!

こりゃ反対側の黒岳側に降りている!

まあでも、キバナシャクナゲの大群落を見られたから良しとしましょう。

頂上に戻って正規のルートに。

下りは脚をひねらないように飛ばさず慎重に下り旭岳石室横の展望台に到着。

ここからお花見で姿見散策です♪

のんびり歩くと、コケモモ、チングルマ、メアカンキンバイ、エゾツガザクラ、アオノツガザクラ、ジムカデ、シモツケソウ、、色とりどりの花が咲いていて心癒やされる。

やっぱり旭岳はこの時期だなあ。

P1000082.jpgジムカデ

P1000109.jpgエゾツガザクラ

P1000115.jpgチングルマ

のんびり2時間かけて散策したら、そろそろ戻りますか。

帰りはロープウェイで降りても良いのだが、下りのトレーニングもということで、帰りも登山道を下っていった。

2つの雪渓を慎重に下り、その後も岩岩しているので、慎重に下っていった。

下りは52分かかってゴール。慎重にと言いつつそれなりに下ったつもりだったけど、登りよりも時間がかかってる。。

下山後は富良野方面へ。チーズ工房を目指す手前で楽しそうなところがあったのでふらりと入ると、そこがフラノマルシェだった。今日のご褒美にシュークリームをほおばり、お疲れさんでした。

6月末の姿見の花見と旭岳登山、オススメです。

その他の写真はこちら



千手ヶ浜でクリンソウ



距離:23.5km
時間:4時間45分

06:11 駐車場(竜頭の滝の上)
06:45 高山
07:25/08:33 千手ヶ浜
08:59 西ノ湖
09:58 小田代ヶ原
10:18 小田代ヶ原展望台
10:54 駐車場(竜頭の滝の上)

コース案内もしっかりしていて問題なし。
小田代原展望台付近で遊歩道整備のため通行止め区間有り。

当初はツクモグサに逢いに白馬岳へと思っていたけど、天気予報はイマイチだった。雨の中大雪渓は登りたくないので今年はパスだ。。残念。

上三依水生植物園に青いケシも観てみたかったのだが、そのために上三依まで行くのは躊躇していた。そんな折、奥日光にクリンソウの大群落があり、今が見頃だと言うことをヤマレコで知り、青いケシ鑑賞と絡めて行ってきた。

竜頭の滝の上にある駐車場に着いたのは6時過ぎ。

さっさと準備を整えて、6時11分スタート。

トレーニングもあるので先ずは高山まで。

34分で頂上は、良い感じだ。

登りは緩やかだったが、下りは結構急勾配を下っていく。

走れるところは走って気持ちが良いな~と思っていたら、右足首をグキッ、痛~。

暫しうずくまったが痛みも引いてきたところで再スタート、気をつけて下らないとね。

分岐を左折し中禅寺湖方面へ。緩やかな下りが続き調子こいて走っていたら、再び右足首をグキッ!!

痛~~(涙)。

再びうずくまる。まあでも直ぐに痛みが引いてクリンソウ目指して再々スタート。

中禅寺湖の畔に出て右に行くと間もなく千手ヶ浜だ。

7時過ぎだったが千手ヶ浜にはもう結構な人出だ。

先ずあったクリンソウを鑑賞し、そのまま畔を歩いて行った。

そして、ついにクリンソウの大群落キター。

今が見頃ギリギリと思われるクリンソウが沢山咲いてます。

ここでおにぎりで朝ごはんとし、その後は1時間くらいクリンソウの写真を撮りまくった。

名残惜しいが次行きますか。

西ノ湖までは気持ちの良い木陰のトレイルを進んでいった。

西ノ湖は、、まあこんなもんかな。さて、次行きますか。

途中一旦車道に出るが直ぐにトレイルとなり、細かなアップダウンを繰り返す。

再び車道に出て、弓張峠を越えると小田代ヶ原も間もなくだ。直ぐに車道と分かれて進んでいった。

この辺で空腹感のため走るのが辛かったが、時間もないので何とか走って行く。

そして小田代ヶ原。ここから右折して展望台方面に行きたかったのだが、そこが通行止めだった(涙)。

戻って車道を行くのもいやだったので、小田代ヶ原をぐるっと周回。

折角だからと展望台まで回り込んで、小田代ヶ原を堪能した。

バス停にはトイレもあり、ここでトイレ休憩。

さて、帰りますか。石楠花橋方面へちょっと行ったところで思いっきりつまずいて転けてしまった。

痛~~~。

ゴールはもうすぐなので、がんばるしかない。

石楠花橋を渡り竜頭の滝方面へと進むと間もなく駐車場に出てフィナーレとなった。

その後は、第二の目的である青いケシに逢いに上三依水生植物園へと向かった。

千手ヶ浜のクリンソウの大群落、絶景です。


IMG_5517.jpg竜頭の滝上駐車場

IMG_5519.jpg気持ちの良いトレイルが続く

IMG_5522.jpg高山

IMG_5524.jpg下りは結構きつい

IMG_5527.jpg分岐からは気持ち良く走れる

IMG_5531.jpg中禅寺湖の畔

IMG_4401.jpg現れました、クリンソウ!

IMG_5537.jpgこの先にクリンソウの大群落

DSC_3398.jpgクリンソウ

DSC_3403.jpgクリンソウ

IMG_5540.jpgこっちは白花のクリンソウ

IMG_5544.jpgクリンソウ

IMG_5551.jpgまるで絨毯みたい

DSC_3422.jpgクリンソウ

DSC_3423.jpg一面のクリンソウ

DSC_3436.jpg白花クリンソウ

DSC_3442.jpgクリンソウかわいいです

IMG_5562.jpgクリンソウの群落

IMG_5564.jpg西ノ湖へ

IMG_5566.jpg西ノ湖

IMG_5568.jpg青空も見えている

IMG_5571.jpg小田代原に続くトレイル

IMG_5573.jpg車道に別れを告げてトレイルに

IMG_5579.jpg湯滝はパス

IMG_5583.jpgアヤメ

IMG_5589.jpg小田代ヶ原展望台

IMG_5593.jpgさて戻りますか

IMG_5596.jpg戦場ヶ原

IMG_5602.jpg戻ってくると駐車場もは満車になっていた









次のページ
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。