スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪天候で五合目打ち切り!第69回富士登山競走




07:00:00 富士吉田市役所
| 1:09:29(2015年1:16:20、2014年1:13:02、2013年1:13:02、2012年1:11:20)
08:09:29 馬返し
| 1:00:09(2015年1:08:02、2014年1:02:41、2013年1:02:25、2012年0:58:15)
09:09:38 五合目(悪天候打ち切り)
| -:--:--(2015年-:--:--、2014年1:49:47、2013年1:49:33)
-:--:-- 本八合目


今年もやってきました富士登山競走。

3時32分自宅発で、鐘山スポーツセンター手前5時30分で待ち渋滞となり駐車場着は5時47分だった。

準備を整えシャトルバス乗り場へ、、待ち行列は23分で6時22分にやっとスタート地点である富士吉田市役所に到着した。

(去年は自宅3時35分、鐘山スポーツセンター5時40分、富士吉田市役所6時30分)

天候は雨(涙)。

弱雨にはなっているが相変わらず降り続いていた。

五合目行きの荷物を預けに行くところで、打ち切りの噂が聞こえてきた。

とりあえず荷物を預けたが、預けるつもりだった車の鍵とか財布をポケットに入れたままにしていて、走るときの荷物が増えてしまったなあ。

6時30分前だったか、トイレに向かうところで放送が流れた。

現在の山頂の気温が5度だったかな、低体温症の危険もあるので五合目打ち切りとのことだった。

この雨の中、山頂はでったい寒いに決まっているから恐怖を感じていたので、この決定も仕方ないものかと納得、とりあえず五合目までは頑張ろう。

今回は坂道トレーニングはできていなかったが、6月までロードはかなり走りこんでいた。

しかし7月に入り、海外出張の準備が忙しくなり、でんでん走れなくなっていたのだが果たして。。

今回はCブロック最後方からのスタートで、スタート地点通過まで1分30秒程度のロスだったようだ。

Fenix3Jのスタートボタンを押し損ねたので、タイム計測はスタート地点付近からのネット計測となった。

渋滞でなかなか思うように前に出れなかったが、体は軽かった。

富士吉田市内を抜け浅間神社を過ぎ、結構雨の降る中、快調に登っていく。

中の茶屋を過ぎたところで、時計は7時41分とこれって結構早いんじゃね?

ここから斜度も増して苦しくなるが、ここは無理をしない範囲で走り続けた。

雨で涼しく走る分には走りやすかったので、水分補給も前半は必要なかった。

馬返し8時9分は自分的ベストなタイムかも!

本格的な登山道となると基本歩きとなるが、去年はあれほど長く感じた登りもあっという間だった。

途中若干渋滞気味になったところも何箇所かあったが、何とか五合目コース出走の時に出した自己ベストに並ぶ2時間9分台で五合目佐藤小屋ゴール!

このまま上に進んでいれば、念願の八合目関門も突破して、もしかしたら頂上も制限時間内にゴールできたかもしれないと、たられば状態。

IMG_4729.jpg

ゴール後のバス待ちは寒かった。

富士北麓公園で牛ステーキ串ともちもちポテトを食べ、ポケモンGOをダウンロードして少し遊んだ後、そそくさと帰路に着いた。

IMG_4731.jpg

来年こそは頂上行くぞー!!

来年に向けてのメモ:

・五合目行きの荷物はしっかり確認のこと。





スポンサーサイト

第69回富士登山競走のゼッケンが送られてきた

IMG_3793.jpg

昨日郵便局に行って富士登山競走の事務局から送られてきたものを受け取ってきた。

いよいよ来月に迫った、第69回富士登山競走のゼッケンや記念品とかだ。

富士登山競走のスタートはABCの三つのブロックに分けられる。

僕はこれまでスタートブロックBだったのだが、今年はついにCになってしまった。

これまで五合目タイムが2時間13分くらいだったのが、去年は2時間24分と、山頂コースに出走できるタイム制限ギリギリだった。

どうもスタートブロックは間近の結果が反映されてしまうみたいだ。。

これまでもブロックBの後ろの方に並んでいたが、今年はCの前の方に並んでおきたいところだね。

今年こそは頂上行くぞ〜!!

山頂が遠のいた!第68回富士登山競走



07:00:00 富士吉田市役所
| 1:16:20(2014年1:13:02、2013年1:13:02、2012年1:11:20)
08:16:20 馬返し
| 1:08:02(2014年1:02:41、2013年1:02:25、2012年0:58:15)
09:24:22 五合目(関門リタイヤ)
| —-:—-:—-(2014年1:49:47、2013年1:49:33)
—-:—-:—- 本八合目


今年もやってきました富士登山競走。

去年にもまして、練習不足感は否めないがどうなることやら。。

3時35分自宅発で、鐘山スポーツセンターの駐車場着は5時40分だった。

準備を整えシャトルバス乗り場へ、、待ち行列は30分で6時30分にやっとスタート地点である富士吉田市役所に到着した。

五合目行きの荷物を預け、トイレに、、ここでも待ち行列が長かったが10分前になると、一番遠いトイレは空いてて助かった。

IMG_0110.jpg
富士吉田市役所

7時ちょうどにスタート。

富士吉田市街を抜け、浅間神社を過ぎると次第に斜度が上がっていく。

それにしても、身体が重いなあ。。

馬返しの時点で去年より2分遅い!

これは今年も頂上は厳しいかも。

馬返しからは登山道となり、黙々と歩いて登る。

去年とそんなにペースは変わらないつもりだったが、五合目に近づくにつれだんだんと焦り出す。

五合目佐藤小屋の関門通過がぎりぎりだと、そもそも八合目関門は無理だろう。。

それでも、八合目までは行きたい!

五合目付近はガスの中で気温も低く、汗冷えしそうだった。

上は寒いのかなあ。。

そんなことを考えるが、なかなか佐藤小屋にたどり着かなかった。

結局2時間25分をぎりぎり切るタイムで佐藤小屋、関門はすでに閉鎖された後だった(涙)。

今年の富士山はこんなに早く終わってしまうなんて(号泣)

IMG_0116.jpg
なぜか五合目コースのゴールを観戦

後は五合目コーストップのゴールを観戦後、バスにて富士北麓公園に移動。

ご当地グルメで、富士吉田うどんと清水港直送天然マグロの串カツ、桃のスムージーを食して、そそくさと帰路に就いた。




今年も富士山頂は遠かった第67回富士登山競走



2014年7月25日

07:00:00 富士吉田市役所
| 1:13:02(2013年1:13:02、2012年1:11:20)
08:13:02 馬返し
| 1:02:41(2013年1:02:25、2012年0:58:15)
09:15:43 五合目
| 1:49:47(2013年1:49:33)
11:05:30 本八合目(関門リタイア)

富士吉田市役所 07:00 - 07:43 中の茶屋 - 08:12 馬返し 08:13 - 09:15 佐藤小屋 - 10:20 吉田口七合目 - 11:05 吉田口本八合 - 12:03 吉田口六合目・富士山安全指導センター 12:04 - 12:33 富士スバルライン五合目(河口湖口) - 12:42 富士北麓公園行きバス乗り場

去年に引き続き今年も富士登山競走の山頂コースに出走してきた。

今年は6月の飛騨高山に向けがんばってきたが、飛騨高山途中リタイア後あまり練習することができないままの富士登山競走となった。

IMG_4907.jpg

レースはBブロック後方からのスタート。

IMG_4908.jpg

レース開始からスタート地点通過までに1分程度かかったが、まもなく渋滞もほぐれ自分のペースで走ることができる。

7時過ぎですでに暑く、早く涼しいところまで登りたい。

斜度が増すとかなりペースも落ちてた。馬返しに近づくと歩く人も出てくるが、馬返しまではがんばって走った。

馬返しについて時計を見ると、、あれ?去年よりは速く走っているつもりだったけど、殆ど変わらないような。。

馬返しから五合目までは基本歩きとなるが、斜度の緩んだところはできるだけ走った。

そして、五合目の関門は、、あれあれ?これってもしかして、去年と同じくらい??

五合目からも結構気合いを入れてがんばっているつもりだった。

七合目あたりの急な岩場を登るところも大股でがんがん登っていくと、右足のふくらはぎが攣りそうに!

さらに落石を起こしそうになりちょっと焦るが無事回避した。

途中の私設エイドがとてもありがたかった。塩をもらってなめると攣りそうだった脚が少し復活した気がする。

本八合目の関門がもう見えているのだが、なかなか近づいてこない。。

結局関門にたどり着く前に11時となってしまい、後はとりあえず本八合目まで登るのみ。

そして、関門通過は殆ど去年と同じだった(汗)。

今年も山頂にたどり着くことなく下山になった。

IMG_4909.jpg
引っかかった関門

IMG_4911.jpg
頂上を見上げる

五合目まで下らなければならないが、空腹のため力が入らない。何とか小走りで下り、五合目バスターミナルでソフトクリームを食べてお疲れ様でした。

バスで富士北麓公園に移動し、閉会式会場併設のB級グルメ屋台で、袋井のおはたき肉巻きと吉田のうどん、ソフトクリームを食べ、帰路についた。

IMG_4922.jpg

以下、反省とその他メモ

一昨年の五合目コース出走の時は馬返しまで1時間11分、五合目まで2時間10分弱で走っているが、去年と今年はともに馬返しまでが1時間13分、五合目までが2時間15分となっている。

五合目までで5分も多くかかっている(涙)。

次回に向けてはこんな感じか。

・ドリンクを携帯して登る。
・食べ物も一品何か携帯して登る。
・iPhoneは予備バッテリーがなくても十分大丈夫。
・レース終了後の空腹回避に、小銭を持って行って上の山小屋でパンか何かを買って食べる。
・5合目デポ荷物にも何か食べ物を入れておく。

やはり山頂コースを完走するためにはマラソン3時間30分程度の走力が必要だと痛感した今年の富士登山競走だった。

来年は完走したいな。




第67回富士登山競走山頂コースにエントリー

sIMG_9736.jpg

昨日(3月24日)に無事第67回富士登山競走の山頂コースにエントリーした。

当日はエントリー開始の21時にランネット画面をリロードするも、既に待ち行列。。

エントリー画面に辿り着くまでいくつかのページを経由するが、そのたびに待ち行列。。

エントリー選択画面に辿り着いたのは21時20分だった。

この時点で五合目コースは既に締め切られていたが、山頂コースは未だ大丈夫だった。

参加定員が山頂コース2500名なのに対し、五合目コースは1276名と少ないため、五合目コースは早々に定員に達したのだろう。

今後、富士登山競走に挑戦しようとする人は、まず五合目コースからとなるが、このエントリーがかなり苦労しそうだ。

ここからは普通に入力が進み、なんだかんだで21時30分だかにエントリーを完了できた。

今年こそは完走するぞ!



これまで、山頂コースを完走したランナーの中で、ゴールが4時間20分~4時間30分(制限時間)の人の各地点通過時間の平均は次のようになっていた。

馬返し:11km1時間6分
五合目:15km2時間7分(1時間1分)
八合目:19km3時間51分(1時間44分)
ゴール:21km制限時間

これまでの僕の記録だが2年前は初出走ということで5合目コースにエントリーし、無事山頂コース参加資格となる2時間30分を切るタイムでゴールした。

第65回富士登山競走
馬返し:1時間12分9秒
五合目:2時間9分35秒(57分)

この記録を見ると、完走はかなり際どそうな感じだ。

そして、昨年挑戦した山頂コース。

第66回富士登山競走
馬返し:1時間13分2秒
五合目:2時間15分27秒(1時間2分25秒)
八合目:4時間5分0秒(1時間49分33秒)

このときは、八合目の関門4時間を切れずにリタイアとなった。

2年前と比べ練習不足感もあり、五合目からの登りもイマイチペースが上がっていなかった。

最初の馬返しまでのロード区間でいかに早く走るかにかかっているようだ。

走り込み、がんばろう。
次のページ
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。