ハセツネ今後のためのメモ(反省のようなもの)

IMG_5473.jpg

次回に向けて、気づいた点をいくつかまとめておく。

先ずは水分補給。

身体に十分塩分がないと、脱水気味になるとの仮定の下、先ず前日も塩分補給に気をつけた。走っている間も塩せんべいを頬張っていた。これが功を奏したのか、水分は今回かなりあまり気味だった。

昼間は暑くなることが予想されたので、スタート時水分はポカリを3.25L担いで出発した。
スタート〜浅間峠:ポカリスエット1.25L消費。
浅間峠〜月夜野駐車場:ポカリスエット1L消費。
この時点で残り約1L余っており、何だか無駄に重たかったかも。

月夜野では水分補給でポカリスエット1.5Lをもらって全部で2L背負って出発。
月夜野駐車場〜大ダワ:ポカリスエット0.5L
大ダワ〜水場:0.5L
この時点でも水分は余っており、水分補給は必要ない状態だった。それでも折角だから、冷たい水を飲んで身体をリフレッシュした。

水場で水0.25Lだけ補給し、ポカリスエット1Lと水0.25L背負って出発
水場〜ゴール:0.25L
ゴール時で、水とポカリスエット0.75Lと水0.25L余っていた。

次回、よっぽど気温が高くなりそうでなければ、水分は2.5Lあれば十分そう。

次に食糧計画。

今回担いだ食料は、おにぎり2個、あんぱん、アップルパイ、オレオ、せんべい4袋、ジェル14個だった。
基本1時間1回の食糧補給とおもっていたのだが、担いだジェルが14個だったのもあり、補給したのは場所で区切って、時間では1.5時間に1回というペースだった。

入山峠、醍醐丸、浅間峠、笛吹峠、西原峠、三頭山、月夜野、御前山、大ダワ、大岳、水場、日の出山

こんな感じだったと思う。

ジェルは余ったのはまあおいといて、その他で余ったのはおにぎり1個、オレオ、アップルパイだった。レース中しょっぱいモノを身体が欲していて、甘いものは食べたいとは思わなかった。足りなくなるといやなのだが、担ぐ食料は塩たっぷりおにぎりにした方がよさそう。塩せんべい4袋はしっかりなくなったが、これは大正解だった。

最後にウエア。

ウエアについては、かなり着古したMountain Hardwareの長袖シャツを今回も着用した。日中は長袖だとちょっと暑いと感じる時もあったが、夜間はこれがやはり良い。汗や霧雨で濡れても、冷たさをあまり感じない肌触りなのが抜群だ。新しいウエアも何着か買っているが、いまだにこれを超えるウエアには出会えていない。

それと寒さ対策に薄手のダウンを持っていくか最後まで迷ったが、結局持って行かなかった。(パックに入らなかったというのもある。。)寒さ的には結局ジャケットを着ることもなかった。立ち止まっての休憩も最低限にとどめて体が冷える前に出発した。10月前半開催のハセツネでは薄手のダウンはなくても大丈夫だろう。

敢えて持つならエマージェンシーシートくらいか。

次回はもう少し軽量化ができそうだ。
スポンサーサイト

第25回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)無事完走

IMG_5470.jpg


記録:18:32:36

13:00:00 五日市中学校(スタート0:02:55)
| 6:00:53
19:00:53 浅間峠(第一関門)
| 5:07:24
00:08:16 月夜野駐車場(第二関門)
| 4:55:18
05:03:34 御岳山(第三関門)
| 2:37:18
07:32:36 五日市中学校(ゴール)

ウエア:TNFショートパンツ、Mountain Hardware l/s、Salomonジャケット、Salomonゲーター
ショーズ:Salomon XA 3D ULTRA 2
パック:TNF
食料:おにぎり2個、あんぱん、アップルパイ、オレオ、せんべい4袋、ジェル14個
水分:ポカリスエット1.5L、500mL、500mL、750mL

ここ最近は同時期にある奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195kmに出走していたのだが、ITRAポイントのこともあり、今年はハセツネに出走してきた。

今回もまた練習不足という言い訳の元、関門間の通過時間が5時間−5時間−4時間−3時間で、17時間目標とした。寒いのがいやなので、薄手のダウンを携行するか最後まで悩んだが、水分優先でダウンはパス。その水分だが悩んだあげく、ポカリスエット3.25Lとした。

IMG_5471.jpg

スタート10分前くらいにスタート地点に移動。スタートも最後尾のエリアから出発で、スタートライン通過も3分近くかかってしまった。市街地は真面目に走って登山道へと入っていくが、いつものところで激しく渋滞。前回よりは前にいたが、結局この渋滞通過に30分近くかかっていた(汗)。やっとの今熊神社通過が14時を回っていたのは先が思いやられる。。その後もあまりスピードが上がらず、入山峠手前でも渋滞。しかし入山峠の長蛇の列はなく、進むことができた。やっとの入山峠でジェル補給とした(15:11)。

市道山通過が16:29で、ペースは遅めだがまあこんなもんだろう。ここで再びジェル補給。醍醐丸(17:13)か過ぎた辺りでライトの準備。生藤山(18:09)、三国峠(18:14)と順調に進み、途中ジェル補給もしたと思う。

19:00ちょうどに浅間峠。渋滞でだいたい1時間ロスを見込んでいたので、まあこんなものだろう。ここで、ポカリを入れ替えたり、塩せんべいを食べたり。トイレは並んでいるようだったのでパスした。寒くならないうちにさっさと再起動(19:05)。この時点で1400番手くらいだったようだ。

ここから漸く自分のペースで進むことができた。ここらでガスも出てきたので、ヘッドライトをつけていると明かりが拡散して非常に見づらかった。笛吹峠でジェル補給(20:25)追い抜き気味に進み、西原峠で三頭山に備えておにぎりを1個頬張った(21:16)。

三頭山の登りは、、こんなじゃだめだよな。。やっとの22:29三頭山頂上で、塩分補給で塩せんべいを頬張っただけですぐに出発した。頂上滞在は3分くらいか。ここで休むと身体が冷えるので、三頭山はさっさと出発することにしている。しかし補給も大切と言うことで、歩きながらジェルも補給した。

鞘口峠までの下りは、まだ何とか下ることができた。

そこからもマイペースで進み月夜野駐車場に辿り着いた(0:08)。浅間峠からここまでは約5時間で予想通りのタイムだった。この時点で1000番台くらいまで順位が上がっていた。月夜野では先ずは水分補給で1.5Lのポカリをもらって、トイレも済ませた。ジェルも採って、ここも長居は無用でさっさと出発だ(0:15)。

霧雨も降っていて、月夜野から出だしの下りで滑って転んでしまった。。下りきって先に進むも、あまり軽快な走りとは言えない感じだった。しばらく進んで、御前山への登りにさしかかる。まだかまだかと登っていくと漸く御前山(1:41)。ここからの下りも段差があって嫌らしいのだが、まだ脚は残っていた。やっとこさで大ダワ(2:43)。

過去ここで2回リタイアがあるのだが、リタイアは絶対許されない。ここでヘッドライトの電池を交換したんだったかな。それとポカリをボトルに入れ替えたりしているうちに身体が冷えてしまったので、急いでスタートした(2:51)。

しばらく進んで大岳へととりついた。霧雨で岩が滑るので、大岳の登りは嫌らしかった。やっとこさで大岳登って(3:50)、一呼吸ついて大岳の嫌らしい下り。岩も滑るしで、今回ここはかなり手こずった感があった。大岳山荘のところで、ハンドライトの電池交換をした。このあたりで、脚もかなり無くなってしまった。。

大岳を下りきると走れるところが多いのだが、根性なく歩きがかなり多くなってしまった。水場で冷たい水を飲んでリフレッシュ。水場でも1L程度余っていたが、折角だからで(謎)、水を250mLだけ汲んで進んだ。

第三関門までも5時間かかってしまった。この時点で順位は900番台に。

このままだと日の出までに日の出山は非常に微妙となっていた。しかし、走り続けることもできず、御岳山の参道を抜けていった。日の出山に辿り着いたときは既に、夜が明けていた(5:40)。ああ、今回も日の出山から東京の夜景を楽しむことができなかった(涙)。日の出やまで腰を下ろしてちょっとだけ休んで出発した(5:44)。

日の出山からの劇下りは木道が整備されていて下りやすくなっていた。金比羅尾根の走りは、抜かれまくったけど、遅いなりに走ることができた。最後の劇下りを必死に走ってフィニッシュ!

記録は18時間32分だった。

前回よりは早く走れたが、まだまだ課題の残る結果であった。

IMG_5473.jpg

悪天候で五合目打ち切り!第69回富士登山競走




07:00:00 富士吉田市役所
| 1:09:29(2015年1:16:20、2014年1:13:02、2013年1:13:02、2012年1:11:20)
08:09:29 馬返し
| 1:00:09(2015年1:08:02、2014年1:02:41、2013年1:02:25、2012年0:58:15)
09:09:38 五合目(悪天候打ち切り)
| -:--:--(2015年-:--:--、2014年1:49:47、2013年1:49:33)
-:--:-- 本八合目


今年もやってきました富士登山競走。

3時32分自宅発で、鐘山スポーツセンター手前5時30分で待ち渋滞となり駐車場着は5時47分だった。

準備を整えシャトルバス乗り場へ、、待ち行列は23分で6時22分にやっとスタート地点である富士吉田市役所に到着した。

(去年は自宅3時35分、鐘山スポーツセンター5時40分、富士吉田市役所6時30分)

天候は雨(涙)。

弱雨にはなっているが相変わらず降り続いていた。

五合目行きの荷物を預けに行くところで、打ち切りの噂が聞こえてきた。

とりあえず荷物を預けたが、預けるつもりだった車の鍵とか財布をポケットに入れたままにしていて、走るときの荷物が増えてしまったなあ。

6時30分前だったか、トイレに向かうところで放送が流れた。

現在の山頂の気温が5度だったかな、低体温症の危険もあるので五合目打ち切りとのことだった。

この雨の中、山頂はでったい寒いに決まっているから恐怖を感じていたので、この決定も仕方ないものかと納得、とりあえず五合目までは頑張ろう。

今回は坂道トレーニングはできていなかったが、6月までロードはかなり走りこんでいた。

しかし7月に入り、海外出張の準備が忙しくなり、でんでん走れなくなっていたのだが果たして。。

今回はCブロック最後方からのスタートで、スタート地点通過まで1分30秒程度のロスだったようだ。

Fenix3Jのスタートボタンを押し損ねたので、タイム計測はスタート地点付近からのネット計測となった。

渋滞でなかなか思うように前に出れなかったが、体は軽かった。

富士吉田市内を抜け浅間神社を過ぎ、結構雨の降る中、快調に登っていく。

中の茶屋を過ぎたところで、時計は7時41分とこれって結構早いんじゃね?

ここから斜度も増して苦しくなるが、ここは無理をしない範囲で走り続けた。

雨で涼しく走る分には走りやすかったので、水分補給も前半は必要なかった。

馬返し8時9分は自分的ベストなタイムかも!

本格的な登山道となると基本歩きとなるが、去年はあれほど長く感じた登りもあっという間だった。

途中若干渋滞気味になったところも何箇所かあったが、何とか五合目コース出走の時に出した自己ベストに並ぶ2時間9分台で五合目佐藤小屋ゴール!

このまま上に進んでいれば、念願の八合目関門も突破して、もしかしたら頂上も制限時間内にゴールできたかもしれないと、たられば状態。

IMG_4729.jpg

ゴール後のバス待ちは寒かった。

富士北麓公園で牛ステーキ串ともちもちポテトを食べ、ポケモンGOをダウンロードして少し遊んだ後、そそくさと帰路に着いた。

IMG_4731.jpg

来年こそは頂上行くぞー!!

来年に向けてのメモ:

・五合目行きの荷物はしっかり確認のこと。





第69回富士登山競走のゼッケンが送られてきた

IMG_3793.jpg

昨日郵便局に行って富士登山競走の事務局から送られてきたものを受け取ってきた。

いよいよ来月に迫った、第69回富士登山競走のゼッケンや記念品とかだ。

富士登山競走のスタートはABCの三つのブロックに分けられる。

僕はこれまでスタートブロックBだったのだが、今年はついにCになってしまった。

これまで五合目タイムが2時間13分くらいだったのが、去年は2時間24分と、山頂コースに出走できるタイム制限ギリギリだった。

どうもスタートブロックは間近の結果が反映されてしまうみたいだ。。

これまでもブロックBの後ろの方に並んでいたが、今年はCの前の方に並んでおきたいところだね。

今年こそは頂上行くぞ〜!!

山頂が遠のいた!第68回富士登山競走



07:00:00 富士吉田市役所
| 1:16:20(2014年1:13:02、2013年1:13:02、2012年1:11:20)
08:16:20 馬返し
| 1:08:02(2014年1:02:41、2013年1:02:25、2012年0:58:15)
09:24:22 五合目(関門リタイヤ)
| —-:—-:—-(2014年1:49:47、2013年1:49:33)
—-:—-:—- 本八合目


今年もやってきました富士登山競走。

去年にもまして、練習不足感は否めないがどうなることやら。。

3時35分自宅発で、鐘山スポーツセンターの駐車場着は5時40分だった。

準備を整えシャトルバス乗り場へ、、待ち行列は30分で6時30分にやっとスタート地点である富士吉田市役所に到着した。

五合目行きの荷物を預け、トイレに、、ここでも待ち行列が長かったが10分前になると、一番遠いトイレは空いてて助かった。

IMG_0110.jpg
富士吉田市役所

7時ちょうどにスタート。

富士吉田市街を抜け、浅間神社を過ぎると次第に斜度が上がっていく。

それにしても、身体が重いなあ。。

馬返しの時点で去年より2分遅い!

これは今年も頂上は厳しいかも。

馬返しからは登山道となり、黙々と歩いて登る。

去年とそんなにペースは変わらないつもりだったが、五合目に近づくにつれだんだんと焦り出す。

五合目佐藤小屋の関門通過がぎりぎりだと、そもそも八合目関門は無理だろう。。

それでも、八合目までは行きたい!

五合目付近はガスの中で気温も低く、汗冷えしそうだった。

上は寒いのかなあ。。

そんなことを考えるが、なかなか佐藤小屋にたどり着かなかった。

結局2時間25分をぎりぎり切るタイムで佐藤小屋、関門はすでに閉鎖された後だった(涙)。

今年の富士山はこんなに早く終わってしまうなんて(号泣)

IMG_0116.jpg
なぜか五合目コースのゴールを観戦

後は五合目コーストップのゴールを観戦後、バスにて富士北麓公園に移動。

ご当地グルメで、富士吉田うどんと清水港直送天然マグロの串カツ、桃のスムージーを食して、そそくさと帰路に就いた。




次のページ
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき