スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳縦走 (2009/06/27)

谷川岳縦走

20090627-0.jpg

日程:2009/6/27
メンバー:単独
形態:山岳トレイルランニング
ルート:土合-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-平標山登山口
所要時間:10時間10分(山と高原地図コースタイム:12時間30分、コースタイムの81%)

装備
ザック:TNF TERRA40
シューズ:モントレイルハードロック
ウエア:TNF長袖ジップアップ、ジャージ、TNFゴアテックス雨具
予備ウエア:TNF長袖ジップアップ、薄手フリース、TNFハーフパンツ、下着、靴下
カメラ:IXY Digital 910IS、Nikon D40、AF-S Nikkor 18-55mm 3.5-5.6 GII ED
食料:プロテインウォーター500ml、アクエリアス1000ml、麦茶500ml、アーモンドチョコレート、キットカット、ミニあんぱん、コンビニおにぎり3個
その他装備:ストック1本、6本爪軽アイゼン、ヘッドライト、手拭い、昭文社山と高原地図「谷川岳」、eTrex Legend Cx、現金

水分補給:
水場で1000ml補給、平標山の家で1000ml(500ml飲む)

ルート詳細

05:05 土合駅
| (0:11)
05:16 土合登山口
| (0:59)
06:15 尾根分岐 (1390m)
| (1:20)
07:35/47 谷川岳 (1986m) 6.6km
| (0:13)
08:00 谷川岳肩ノ小屋 (1923m) 7.2km
| (1:17)
09:15 大障子避難小屋 (1681m) 10.7km
| (0:10)
09:25 水場 (1602m)
| (0:09)
09:34/37 大障子避難小屋 (1689m) 11.2km
| (0:48)
10:25 万太郎山 (1966m) 13.0km
| (2:23)
12:48/54 仙ノ倉山 (2036m) 17.8km
| (0:33)
13:27/35 平標山 (1994m) 19.6km
| (0:20)
13:55/02 平標山の家 (1661m) 21.0km
| (1:13)
15:15 平標登山口駐車場 (976m) 25.8km




土合にCR-Vを停めて本日の縦走をスタートです。夜明け前にはスタートしたかったのですが、昨晩の出発が遅かったのでこの時間になってしまいました。ロープウエーの下の林道を進み、途中から登山道へと入ります。最初は稜線に出るまでが急登で脹ら脛が悲鳴を上げますが、構わずガンガン登ります。順調に稜線に出て谷川岳を目指します。

稜線の途中には、イワカガミハクサンイチゲハクサンコザクラなどが咲いていて心が和みます。谷川岳山頂は360度の大展望を楽しみました。これから進む縦走路を遠望しますが、平標山は遙か彼方に霞んでいました(汗)。肩ノ小屋からいよいよ縦走路に入ります。

水は2リッター担いでいたのですが、陽も高くなって暑くなってきたので水もドンドン飲みます。大障子避難小屋が考え処でした。ここは縦走路の唯一の水場ポイントで、この先は山の家まで水分補給が出来ません。既に水は1リッターちょっとしか残っていなくて、どう考えても水が足りそうにありませんでした。水を節約してこのまま進んでも万が一水が無くなってしまうと最悪なので、ここで水分補給をしていくこととしました。ガレた道を下っていくと水の流れがあってほっとします。飲めるだけ水を飲んでペットボトルにも水を入れて満タンとしてこれからの縦走に備えました。縦走路に戻って先に進みます。水分は補給できたのですが、既に躰は脱水症状気味な上に、シャリバテ気味でもあって、パフォーマンスががっつり落ちてしまいました。万太郎山への登りで既にへとへと状態です。

中間地点である万太郎山に何とか辿り着きますが、この先も登ったり降りたり、登ったり降りたりの縦走路が続きます。しかしもう行くしかありません。ここで昼飯と思っていましたが、狭い山頂には先客がいたので少し下って昼食のおにぎりを頬張りました。万太郎山からは先ずは一気に下って、そこから仙ノ倉山への登りとなります。少し登っては休むという状態となりましたが、休んだら負け?兎に角登るしかありません。

仙ノ倉山に辿り着くと登山者で賑わっていました。本日最高地点の仙ノ倉からこれまで歩いてきた縦走路を眺めます。やー結構長かった。。

仙ノ倉山から平標山まではお花畑が広がっていて、ハクサンイチゲチングルマハクサンコザクラが迎えてくれました。平標山は去年の冬にテレマークで来て以来の2回目です。冬夏制覇で感慨にふけります。

平標から木道を駆け下りて山の家で最後の水分補給で念のため1000mlをペットボトルに入れて備えます。林道に出たときはダイブ躰も復活していたのですが、もうランする気力もなく早足で下っていきました。平標登山口の駐車場に着いたときは残念ながら15時を回っていました。

根性がありません。

予約していた山小屋の連絡先にキャンセルの電話を入れてバスに乗って越後湯沢に向かいました。越後湯沢の駅ビルにはぽんしゅ館という日本酒ミュージアムがあって酒風呂湯の沢という入浴施設があります。次のJRの時間まで、ここでゆっくり身を清めて、自分へのご褒美に日本酒の4合瓶を買いました。

JRに乗って土合に戻ってCR-Vをピックアップして、そそくさと帰りました。

ツール・ド・タニガワが今年ありそうで実現しませんでしたが、このルートはコースの予定に入っていたのかな?土合から平標登山口に抜けるのに、今回脱水気味だったとはいえ10時間かかっています。谷川岳から平標山への縦走路は、万太郎山、仙ノ倉山の他に、何とかノ頭という小ピークがいくつかあります。アップダウンがこれでもかって程あって、精神的にも参りました。これがコースのほんの一部とすると、、かなり厳しいです。

反省点:
今回水分の全摂取量は3.5L以上。暑い時期水分補給が重要。特に水場確認と水分の補給計画は確実に。
谷川岳だけならアイゼンは要らない(汗)。
ウエア:長袖ジップアップでは暑すぎ。半袖でよい。

温泉:
ぽんしゅ館 酒風呂湯の沢 800円 (越後湯沢駅)

スポンサーサイト

GarminのForerunner305、405で取得したGPSログをカシミール3Dで表示したい

表題の通りです。結構悩みました。半年前に悩んだことも忘れていました。Forerunner305、405で取ったGPSトラックログのカシミール3D、Google Map、Google Earthによる表示の仕方メモです。

Forerunner305(パソコンとUSB接続)
・カシミール3Dを起動してデータをダウンロードできる。
・Garmin Training Centerにデータをダウンロードできる。

Forerunner405(パソコンとANT+接続)
・GarminConnectにアップロードきる。
・Garmin Training Centerの新しいバージョンではANT+を介してダウンロードできるような雰囲気。

Garmin Connect
tcxファイル, kmlファイルにエクスポート可能。

Garmin Training Center
・新しいバージョンではログを個別に「tcxファイル」で保存可能。
・Google Earthに表示可能。


Fr305、Fr405ともGarmin Training CenterかGarmin ConnectにGPSデータを転送すれば、tcxファイルとして保存可能です。このtcxファイルから各種ファイルに変換できればよいのですが、その変換にはGMM2.exeが良いようです。


tcxファイル
GMM2.exe
「GPSトラック」タブの中にtcxファイルをドラッグ&ドロップする。
・「ファイル」-「出力」で「Google Earth用 KML(KMZ)出力」ができる。
・ファイル名の上で右クリック、「GPX形式で保存」で保存する。gpxファイルはカシミール3Dで読み込み可能。

kml(kmz)ファイル
kmzファイルはkmlファイルをzip圧縮したもの。
Google MapやGoogle EarthにGPSデータを表示できる。

kml(kmz)ファイルをウェッブサイト上の適当なところにアップロードする、
以下のURLの部分にアップロードしたファイルのURLを書くと、Google Mapで表示可能。
http://maps.google.co.jp/maps?q=URL

ウェブサイトやブログに地図を埋め込む
上記方法で表示させたGoogle Mapの右上のリンクをクリックすると
HTMLを貼り付けてサイトに地図を埋め込める。

gpxファイル
カシミール3DでGPSデータを表示できる。
「ファイル」-「GPS各種ファイルを読み込む」でgpxファイルを読み込む。

Fr305、Fr405ともGPSデータファイルとしてtcxファイルがデフォルトのようなので、このtcxファイルを元にして扱うのが良いでしょう。となるとtcxファイルからGMM2.exeでgpxファイルに変換するのが簡単です。GMM2.exe自体はGoogleマップ/Google Earth用のコンテンツ作成ソフトのようですが、gpxファイルをはき出せるのがGoodです。








月間走行距離について考える

秋のハセツネが目標レースなので、それに向けて走距離を伸ばして行きたいのですが、梅雨になってなかなか辛くなってきました。GWは十日間以上走らなかった期間があって休養十分!ランニングを再開した当初は長い距離を走っても元気一杯だったのですが、一月経って、30日走距離が300kmを越えてきて、疲れが出てきました。

どのくらい走るかですが、月間走行距離の目安としてはこんな感じかな。。

120km:何とかフルマラソンを制限時間内に完走(完歩)できる。
200km:フルマラソンを完走できる。
320km:ハセツネで14時間を切る。ウルトラマラソンで上位?
400km:故障のリスクが増加する。
600km:プロ級の選手。
800km:トッププロ。

僕の目下の目標レースからすると、月間走行距離320kmとなるわけで、それを4で割って週間で80km、が練習量の目安とて目論んでいます。月間320km目標とすると、サボった週があるとその穴埋めに翌週は100km走らなければならないとなったりで、かなり辛くなります。なので、週間80km目標として、コンスタントに走ることが重要となります。

しかし、夏山で週末山の中を走ると距離が稼げないし、月曜火曜は疲れて走れないしで、ギリギリです。



今日も暑いです、奥さん。

先週は早朝ランと良いながら、今週は結局昨日今日とナイトランです。走る前に我慢できなくてドーナツを頬張ってインシュリンショックが怖かったのですが、ダメだと思ったら戻ろうと思って走り出します。気温よりも湿度が高いのが辛くて、ペースを上げると直ぐにバテそうです。ゆっくりゆっくり走って、5km杉くらいから少し銚子が良くなってきたので、ペースは上げずに、更に遠くへと走りました。

当初は8.5km地点のりんりんロードにタッチして戻ろうと思っていましたが、もう少し先まで行けそうだったので22kmコースを進みました。相変わらず蒸し暑いので、我慢ランです。

疲れました。

LSD 22km 2:1:14 (5:29/km) HR143bpm 1620kcal

今日22km/今月走距離284km

montrail(モントレイル) ハードロックミッドGTXを購入



モントレイル・ハードロック・ミッドGTX・メンズ

シリオの登山靴が気に入っていつも買っていたのですが、今回(2年前?)買ったヤツはどうも僕の脚にイマイチ合っていないようでした。安物靴下が良くないのかもしれませんが、どうしても踵がすれて靴連れします(涙)。折しもトレイルランニング用のミッドカットのシューズが欲しいなと思っていました。僕の足首はフニャフニャなので山の中では足首のサポートが必須です。

去年の秋だったか、ミッドカットのトレランシューズが出て欲しいなあと思っていましたが、年が明けた夏山シーズンに買えばいいやと思っていました。今回シーズンインということで、未だ買っていなかったのですが、週末北岳にシリオの登山靴で行きましたが、矢っ張り靴擦れです(涙)。

家に帰って、ネットで調べて速攻買いました。目星はつけていたのでモントレイル・ハードロック・ミッドGTX・メンズ をポチッと購入です。

購入に至ったポイントは、、

・ミッドカットである。
・ゴアテックスである。(防水ではないのかな、でもゴアは必須です。)
・サイズは、、モントレイルのシューズは何足か買っていて26.0cmで良いはず。
・旧モデルでちょっと安い!


今週末までに間に合うかな。

続きを読む

北岳 (2009/06/20-21)

北岳

20090620-0.jpg

日程:2009/6/20-21
メンバー:単独(フラワーハンター)
形態:山岳トレイルランニング
ルート:北沢峠-広河原-御池-肩ノ小屋-北岳-北岳山荘(泊)-八本歯のコル-二股-広河原
所要時間:1日目7時間31分(山と高原地図コースタイム:11時間25分、コースタイムの66%)
2日目3時間40分(山と高原地図コースタイム:3時間40分、コースタイムの100%)

装備
ザック:TNF TERRA40
シューズ:シリオ登山靴
ウエア:TNF長袖ジップアップ、ジャージ、TNFゴアテックス雨具
予備ウエア:TNF長袖ジップアップ、TNF厚手フリース、薄手フリース、TNFハーフパンツ、下着、靴下
カメラ:IXY Digital 910IS、Nikon D40、AF-S Nikkor 18-55mm 3.5-5.6 GII ED
食料:アミノバリュー500ml、アクエリアス1000ml、アーモンドチョコレート、ドーナツ2個、ドーナツ一袋、コンビニおにぎり3個
その他装備:ストック1本、6本爪軽アイゼン、ヘッドライト、手拭い、昭文社山と高原地図「北岳」、eTrex Legend Cx、現金

ルート詳細

1日目 (2009/06/20)

07:01 北沢峠 (2072m)
| (0:22)
07:23/27 野呂川出合 1807m
| (0:43)
08:10/17 広河原山荘1536m
| (0:15)
08:32 分岐1645m
| (1:06)
09:38/46 白根御池小屋 2241m
| (1:17)
11:03/11 尾根分岐 2868m
| (0:21)
11:32/35 北岳肩ノ小屋 3022m
| (0:33)
12:08/23 北岳 3193m
| (0:38)
13:01 分岐 3098m
| (0:25)
13:26 水平動分岐 3011m
| (0:14)
13:40 分岐 3105m
| (0:52)
14:32 北岳山荘2893m

2日目 (2009/06/21)

0640 北岳山荘
| (0:42)
0722/25 分岐 3096m
| (0:40)
0805 八本歯のコル 2889m
| (0:20)
0825/0836 雪渓取り付き 2738m
| (0:34)
0910/22 二股 2255m
| (0:51)
1013 広河原山荘 1524m
| (0:07)
1020 バス乗り場 1511m




戸台の仙流荘の駐車場にCR-Vを停め、6時のバスに乗りいざ北沢峠へと向かいます。北岳への登山口は広河原となるのですが、この時期未だ北沢峠から広河原へ行くバスの始発は9時45分なので、広河原に行くのなら仙流荘を8時発のバスで良かったのですが、山は早出に限ります。出来るだけ早く上に上がる為に始発のバスに乗って北沢峠まできました。ここから広河原までは距離にして約10kmのほぼ単調な下りなので、ここから広河原までは軽くジョグで向かいます。そうはいっても、40Lのザックを背負って登山靴で走るのはなかなか辛いモノがあり、何とか1時間ちょっとで広河原に到着です。

広河原山荘の人に大樺沢の雪渓の様子を聞きますが、雪渓歩きに慣れた人なら大丈夫だろうけど、知らないと違う沢に上がったりすることもあるから気をつけろとのことでした。色々な山行記を見てもこの時期の大樺沢の雪渓は危険との情報があったので当初の予定通り樹林帯コースをとって北岳を目指すこととしました。

最初の御池までは急登です。走ろうと思いますが、矢っ張り走れません。タイム的にも急登の割には登降速が600m/hに満たない感じです。これは走ろうと思わずに登った方が結果的に早く登れるのではと言う感じです。

何とか白根御池小屋に飛び出し、ここで一息入れます。御池から先は雪渓が残っているので一応小屋の人にルートを確認します。最初は雪渓を歩きますが、基本は沢の雪渓の横を登るので何の問題もありません。尾根に上がる最後のところに雪渓が残っていますが、回り道の印があるのでそちらを通って尾根に出ると仙丈ヶ岳甲斐駒ヶ岳鳳凰山北岳、そして富士山が迎えてくれました。暫し山々を眺めます。

20090620-1.jpg仙丈ヶ岳

20090620-2.jpg北岳

肩ノ小屋から上の登山道は両俣小屋への分岐までに途中雪渓が登山道を覆っています。僕は雪渓を嫌って一部変なルートを取ってしまい、これは落ちたら死ぬなと言うようなドキドキものでした。帰りもここを通るのかと思うと憂鬱です。

北岳山頂はダレもおらず独り占めです。山頂からの大展望を堪能できました。

山頂から北岳山荘への下りにも一ヶ所、ほんの20m程度のトラバースですが嫌らしい雪渓があります。雪渓には本日の足跡が残っていないので、他の登山者は何処を通ったのだろうと色々と別ルートを模索しますが、矢っ張り落ちてしまいそうで危険です。これなら雪渓をアイゼンつけて横切った方が全然安全だし早いと、最後は面倒くさがらずにアイゼンをつければ怖いもの梨、問題なく雪渓を通過します。

20090620-3.jpg間ノ岳

ここからいよいよ本日のメインです。八本場のコルに向かう辺りにキタダケソウを探します。下りながら探すと、、ありました。白く咲く花が。未だ時期が早いのか、ハクサンイチゲも未だ咲いていませんでした。なるほど、花の感じがヒダカソウに似ています。暫し時を忘れて写真を撮りまくりました。やー、苦労して北岳山頂前後の嫌らしい雪渓を越えてきたのが報われます。天気も持ってくれて助かりました。途中から北岳山荘へ向かうトラバース道は未だ通行出来なかったので、再び尾根に戻って北岳山荘へ向かいました。未だ花には早く、オヤマノエンドウキンポウゲと小屋近くにキバナシャクナゲがちょっと咲いているくらいでした。

14時30分には無事北岳山荘に到着です。小屋は未だ小屋開けの準備中で食事も余り良くないかもと言われましたが、何の問題もありません。間ノ岳まで雲上ランニングする元気ももう無かったので本日の行動はこれまでとしました。

僕は本年の北岳山荘の2番目のお客さんとのことでした。山荘では明日のコースはということになりました。八本歯のコルから雪渓を下る自信がなかったので北岳経由と言うことにしましたが、北岳山頂直下のあの嫌らしい雪渓が頭から離れません。もし明日雨が降れば、滑りやすくなります。あのコースで滑落したら命がありません。

絶望の中、眠れない夜を過ごすこととなりました。

日曜日は矢っ張り雨です(涙)。朝食をとりながらお話をして、同宿した八本歯を下るというお客さんがサポートしてくれるとのありがたいお言葉があったので、この雨の中独りであの山頂直下の嫌らしい雪渓を通るよりはということで大樺沢の雪渓を下ることとしました。

雨の中歩かなければならないので、暑いかなとも思いましたが、躰を冷やさない為にも厚手のフリースを下に着込んで準備万端です。6時30分過ぎに雨の中その方と二人で出発です。分岐までの稜線は風も強く厳しいものがありますが、風が冷たくないのだけが救いでした。

分岐から先、八本歯方面は風下になるので風も弱まります。途中のトラバース道との分岐付近で肩ノ小屋からの単独行も加わり大樺沢の雪渓を目指します。てっきりコルからいきなり雪渓が始まっているのかと思っていましたが、暫くは夏道が出ているので其処を下ります。何ヶ所か雪が付いているところもありますが注意して通れば問題ありません。ドンドン下っていくと雪渓への取り付きで、例年と同じ場所だとのことでした。最初こそ斜度があり急ですが、滑落しても数十メートルで止まるでしょう。少なくとも奈落の底へは行かなくて済みそうです。雪渓はいくつかの沢筋に分かれているので登りの場合、確かにルートを知らなければこの夏道への取り付が、僕は分からなかった鴨しれません。

踵とつま先に爪のある8本爪アイゼンを持ってきていれば良かったのですが、6本爪でも気をつければ何とかなるかな。この雪渓は確かに慣れてないと危険でしょうが、これより怖い思いは何度もしています(汗)。

最初は同行してくれた方が下ってステップを切って頂きます。雪もザクザクなので問題なく最初の急斜面をやっつけて、後はドンドン下って行くのみです。二股で辿り着いて暫し休憩です。アイゼンを外し後は広河原まで行くのみとなりました。

同行の方は結構疲れているのでゆっくり進むと言うことでしたので、ここで別となり、先行させて頂くこととします。少し行って、雪渓を抜けた辺りからスイッチを入れ、後は広河原まで駆け下ります。雨の中、滑るかなと思いながら大きな岩に脚を乗せると案の定滑って、前に一回転して転んでしまいました。アブね-。以後、岩は慎重に通過し広河原まで駆け下り、10時30分発のバスに間に合いました。

バスの中で北沢峠から先のバスを確認すると13時までありません。バスは接続してないの?これなら広河原12時25分のバスに乗っても同じ事でした。北沢峠に着いて確認するも矢っ張りバスはありません。長衛荘で暖を取りますが、最後は駆け下りた為服はびっしょり濡れていて寒くて仕方ありません。折角持ってきた予備ウエアがここで登場です。上下全部着替えて何とか一心地つきました。

そうこうしているうちに12時に臨時のバスを出してくれるとのことで、バスに乗り込みます。いざ出発という段になって、途中の道で土砂崩れがあって、復旧作業で出発待ちです。マジですか?しかし5分くらいでバスは出発し、土砂崩れポイントも無事通過し仙流荘のバス乗り場に帰ってきました。後は仙流荘の温泉で躰を清めて温まります。

躰が温まって温泉から上がった頃、13時発のバスが到着するところでした。同行して頂いた方が現れたので、お礼を言うことができました。

反省点:
この時期アイゼンは8本爪の方を持って行くべき。
ピッケルも必要か。。
この登山靴は踵が当たって靴擦れしてしまう。もうダメか。。

温泉:
仙流荘 600円

早朝ランに切り替え中

そろそろ暑くなってきたので早朝ランに切り替えたいなあと思っていました。しかしなかなか朝が起きられません(涙)。

で、月曜日火曜日のサボり明けの水曜日は夜の20kmLSDをやって疲れていたのですが、昨日はがんばって早朝&通勤ランで20kmランをやって、本日から本格的?早朝ランです。

朝は5時30分に目が覚めたので、朝食を取って走りますが躰がでんでん動きません。躰に疲れが溜まっているのはそうなのですが、完全に躰の中がグリコーゲン不足って感じです。20kmLSDを目指したのですが、3kmくらいでもうへろへろ。。5km地点にあるセブンイレブンで大樹の小枝230キロカロリーを買ってエネルギー補給をして、少し躰が動き始めます。それでも8.5km地点のりんりんロードでこれ以上行く気力はありませんでした。暫く看板の地図を眺めますが、今日のところはここから戻ります。再びセブンイレブン地点で向かいの自販機でリアルゴールド一缶56キロカロリーを摂ってカロリー補給です。炭酸は胃腸の動きを活発にするのでちょっとやばいかなあと思いましたが、まあ何とかなるでしょう。後は残り5kmを気力で走るのみでした。

残り2kmくらいから案の定催してきましたが、トイレポイントはたくさんあるので、ピークがきても何とかなると我慢の走りで、何とか家に戻って便所に駆け込みました(やれやれ)。

イージーラン 17.1km 1:37:48 (5:42/km) HR131bpm 1255kcal

本日17.1km/今月走距離220.7km

Garmin Forerunner 310XT が欲しい

20090617-1.jpg

Garmin Forerunner 310XT

ガーミンのホームページを見ていたら見つけてしまいました。GPSマニアとしてはこれ欲しいです。商品は第2四半期リリースとありますが未だリリースされていません。

Forerunner 305はボタン操作で良いのですが、ちょっとごついです。そして欠点と言えばバッテリーが10時間しか保ちません。これではウルトラマラソンや長距離トレランレースでは使えません。10時間ではウルトラや長距離トレランレースではゴールできませんから。。

Forerunner 405はタッチベゼルが最悪です。汗だくになると、405も汗まみれになってベゼル操作がうまくいかなくなるので、矢っ張りボタン操作に限ります。バッテリーもGPS利用時は8時間しか保ちません。まあでも、小さいので通常利用ではこっちを利用しています。ワイヤレスでパソコンにデータを送れるのも良いですし。

で、新たに見つけたForerunner 310XTですが、バッテリーが20時間に伸びています(嬉)。これで、ウルトラマラソンは問題なく、日本国内のトレランレースでも使えそうです。信越五岳100kmが20時間でゴールできるかですが。。(←出るのか?)ちょっとごつそうですが、ボタン操作なのも良さげです。HRM(心拍計)は305や405で使っているのと同じモノのようなので、HRM梨のバージョンを買えば良いかな。アンテナスティックや充電クリップも405と同じモノのように見えるので、これはまあ二つになっても、予備としてって感じかな。

米国アマゾンでは7月20日発売とあるので、おんたけウルトラトレイル100kmには間に合いませんが(←出るのか?)、ハセツネには是非使いたいでつ。

希望小売価格が米国ドルで349.99とありHRM月405と同じ値段なので、日本では、、ForeAthlete405って心拍計付いてないんだっけ?それだとUSD299.99が日本で希望小売価格56,700円だから、310XTは6万円、下手すると7万円を越えるのか。。今のところオンラインでHRM梨がUSD349.99、HRM月でUSD399.99で予約受付中のようです。

HRM梨が送料込みで現在のレートで4万円ちょっとって感じか。

高いなあ。

一方英国だとGBP299.99なのですが、送付先を日本にすると税金が無くなるからなのか謎ですが、送料込みでGBP229.56とか出てきます。一頃よりはイギリスポンドも持ち直してきて高くなっているとはいえ、この値段なら未だ英国の方が安いのかな。

まあ、日本語版を買うつもりはないですが。。

う~ん、GPSが何台になってしまうのだろう(汗)。

トマト缶カレー

20090615-0.jpg

シゴトに行って色々話をしていたらカレーの話になりました。で、久々にカレーが作ってみたくなりました。

鶏むね肉1個(250g)
馬鈴薯2個
人参1個
玉葱1個
茄子2個
ホールトマト1缶
水(ホールトマトと同量)
コンソメスープの素1個
カレールー3個

カレーと言えばジャガイモとニンジンとタマネギです。お肉はダイエット的には鶏のむね肉ですかね。
スーパーで眺めて98円/100gで一番安かったです。トマトシチューを作る感じでホールトマトを一缶と水を足して、コンソメスープの素を一個投げ込んで煮込みます。

鍋に入れて20分くらい煮込んで良い感じです。このまま食べればいつものトマトシチューなのですが、ここでカレーのルーを入れて更に込みます。いつもこのくらいの量だと3回分くらいなので3人前入れてみます。

お味は、、

トマト缶がどんな感じになるか楽しみだったのですが、カレールーが多すぎたのかカレー味です(そりゃそうだ)。でもトロトロなのが良い感じで、この感じがトマト缶のシゴト?

今日はご飯を炊かなかったので(汗)、明日はご飯を炊いてカレーライスにしようかな。

日光白根山の花は未だ早かった

日光白根山(トレラン)

日程:2009/6/14
メンバー:単独(フラワーハンター改め百名山ハンター)
ルート:菅沼登山口-弥陀ヶ池-日光白根山-前白根山-五色山-弥陀ヶ池-菅沼登山口
20090614-0.jpg
所要時間:3時間40分(山と高原地図コースタイム:7時間10分)

装備
ザック:PAINE 30L
シューズ:モントレイル・ハリケーンリッジ
ウエア:TNF長袖ジップアップ、ジャージ、モンベルゴアテックス雨具
予備ウエア:半袖Tシャツ
カメラ:IXY Digital 910IS、Nikon D40、AF-S Nikkor 18-55mm 3.5-5.6 GII ED
食料:スポベジ500ml、おーいお茶1000ml、アーモンドチョコレート、コンビニおにぎり2個
その他装備:昭文社山と高原地図「日光」、Garmin Forerunner 305、eTrex Legend Cx、現金(約2000円)

ルート詳細

11:48 菅沼登山口 (1754m) 0km
| 2.7km (0:45)
12:33/35 弥陀ヶ池 (2267m) 2.7km
| 1.1km (0:28)
13:03/11 日光白根山 (2578m) 3.8km
| 1.4km (0:23)
13:35 避難小屋 (2241m) 5.2km
| 1.0km (0:26)
14:01/04 前白根山 (2373m) 6.2km
| 0.9km (0:13)
14:17/14:23 五色山 (2379m) 7.1km
| 1.5km (0:21)
14:45/52 弥陀ヶ池 (2236m) 8.9km
| 2.8km (0:37)
15:28 菅沼登山口 (1823m) 11.7km

日光白根山 11.7km 3時間40分 (18.47/km) HR135bpm, 554kcal



日曜日は目が覚めたら7時でした。これから行けるところとなると限られています。日光白根山辺りはどうかなと考えていたので急いで朝飯食って、支度をして、、一応ネットで天気を調べると日光近辺に雨が降っています(涙)。諦めかけてTVを見ていたのですが、少し経つと雨雲が東に抜けたようだったので意を決して出撃です。

何だかんだで日光白根山の登山口である菅沼登山口に辿り着いた時には11時を大きく過ぎていました。夕方雷雨の天気予報だったので時間的にはギリギリかなあと思いながらのスタートです。

結構段差の大きい登山道は太股に堪えますがガンガン登ります。顔から汗が噴き出てきて何だか良い感じです。途中から所々に雪も出てきますが登るのに問題はありません。思ったよりも早く弥陀ヶ池に飛び出し最初の休憩としました。弥陀ヶ池から見る白根山はボコッとそびえていて登りはきつそうです。

いよいよ日光白根山への登りです。ちょっと登ったところでやっと本日最初の花であるショウジョウバカマが迎えてくれました。そしていよいよ急登を登ります。これは流石に走れません。やっとの思いで登り切ると白根山の山頂でした。

20090614-1.jpg

回りには雲がかかっていて大展望とまではいきませんが、風もそんなに強くはなかったので山頂でおにぎりを頬張って寛ぎます。何とか天気は持ってくれました。

予定通り、ここから五色沼を周遊するコースをとります。一旦、避難小屋まで下ってそこから前白根山に登り返しです。前白根山辺りでやっとお花が出てきました。よく分からない白と黄色の花や、イワカガミが咲いていて、暫し脚がとまります。

前白根山から日光白根山を眺めていると突然雷が鳴り響きます(汗)。やばいやばい。現在登山口から一番遠い位置にいます(大汗)。戻ろうが先を行こうが時間的にはどっちも同じなので勿論先を進みます。五色山に登る途中も何度か雷が鳴ってめちゃくちゃ焦ります。

五色山は考え処です。当初は五色山から金精山経由で戻ろうかと思っていましたが、ちょっと進むといきなり登山道が雪に覆われました。山地図的には稜線に目玉マークがあって危険箇所があります。更に山地図的には金精山経由の方がコースタイムが若干短いのですが、雷の鳴る中稜線を進むのは最悪です。なので、ここから弥陀ヶ池に戻るコースを進むことにしました。

後は下るだけなのですが、ここに来てエネルギー切れとなってきました。弥陀ヶ池まで来ればもう安心です。最後のおにぎりとアーモンドチョコレートを食べて、後は一気に下ります。途中何度か脚を捻って、矢っ張り僕の足首はフニャフニャです(号涙)。何とか雨が降り出す前に登山口に戻ってきました。

金精峠を戻って日光湯元の日光山温泉寺で身を清めます。温泉でのんびりしていると突然土砂降りとなりましたが、後は家に帰るだけです。

温泉:
日光山温泉寺 500円

筑波山ぐるぐるトレラン

筑波山ぐるぐるトレラン
日程:2009/6/13
メンバー:単独(なんちゃってスカイランナー)
ルート:筑波山神社-つつじヶ丘-東筑波野営場-女体山-(薬王院ルート)-分岐-(関東ふれあいの道)-男の川登山口-(羽鳥道ルート)-男体山-(旧YHルート)-旧YH登山口-(林道)-分岐-屏風岩分岐-女体山-筑波山神社
20090613-0.jpg
所要時間:4時間54分

装備
ザック:ルーファス
シューズ:モントレイル・ハリケーンリッジ
ウエア:TNF半袖ジップアップ、ハーフパンツ(ジャージ)
予備ウエア:
食料:アミノバリュー500ml、ピーナッツチョコレート(4粒)、アーモンドチョコレート、アクエリアス500ml×3本購入(東筑波野営場160円、御幸ヶ丘200円)
その他装備:Garmin Forerunner 405、現金(約3000円)

ルート詳細

08:38 駐車場 (210m) 0km
| 0.9km (0:06)
09:44 筑波山神社 (250m) 0.9km
| 1.9km (0:20)
09:04 つつじヶ丘 (532m) 2.8km
| 3.0km (0:21)
09:25/27 東筑波野営場 (514m) 5.8km
| 1.6km (0:23)
09:50 女体山 (882m) 7.4km
| 0.6km (0:08)
09:58 御幸ヶ丘 (800m) 8.0km
| 1.6km (0:20)
09:18 分岐 (438m) 9.6km
| 1.7km (0:13)
10:31 分岐 (465m) 11.3km
| 2.0km (0:32)
11:03 男体山 (877m) 13.3km
| 0.3km (0:06)
11:09/13 御幸ヶ丘 (800m) 13.6km
| 1.2km (0:10)
11:23 登山口 (550m) 14.8km
| 1.8km (0:16)
11:39/41 東筑波野営場 (510m) 16.6km
| 2.8km (0:19) (道迷い)
12:00 登山口 (506m) 19.2km
| 1.5km (0:26)
12:26 分岐 (768m) 20.7km
| 0.4km (0:05)
12:31 女体山 (807m) 21.1km
| 0.6km (0:14)
12:43/51 御幸ヶ丘 (799m) 21.7km
| 2.1km (0:35)
13:26 筑波山神社 (262m) 23.8km
| 1.0km (0:06)
13:32 駐車場 (201m) 24.8km

筑波山ぐるぐるトレラン 24.8km 4時間54分 (11:52/km) HR141bpm, 1602kcal


20090613-1.jpg
今週末もシゴトがどうなるか不明だったので土曜日は近場でトレーニングと言うことで筑波山に出撃しました。

いつもの駐車場にCR-Vを停めてスタートです。前回と同じく迎場コースをつつじヶ丘まで行きそこから東筑波ハイキングコースを東筑波野営場まで行きます。今日も反対側を颯爽と走るランナーがいて結構今日も走る人結構多そうです。東筑波野営場からは本日1山目の女体山まで登りますが、ここまでは先週よりタイムも良く良い感じです。

さあ、ここからは新たなルート開拓です。今日はしっかり国土地理院地図を打ち出したのですが、矢っ張り持ってくるのを忘れてしまいました(涙)。なので記憶を頼りに進みますが、記憶が頼りない(大涙)。御幸が丘に下ってそこから旧YH目指して進むつもりが、アレ?っと思って下っていくと薬王院コースでした。まあそれも良いかと進んで行くと舗装された林道に出たので、それを旧YH方面へと進みます。

男の川が現れたところで登山道もあったのでこれだっけ?とか思って登っていくと違っていました(涙)。さっきの薬王院ルートに合流したので、そこから本日2山目の男体山に登頂です。

御幸が丘に戻ってもまだまだ元気一杯だったので、ここから旧YHルートを看板で確認してドンドン下っていきました。しかし途中で水もなくなって躰もバテてきたので激しく後悔します。取り敢えず野営場までいって其処の自販機でアクエリアスをゲットして一息つきます。ここからは気になっていたコースを探検しようと思っていたのですが、登り口を通り過ぎてしまいました。ここでも数人のグループが休んでいてそれっぽく走っていそうでした。女の子が足をつったようで大変そうでしたが(汗)。

途中で行きすぎたかなと思ったのですが、先に進むと矢っ張り間違えていました。元に戻って登り口を探すと今度は直ぐに見つかりました。女体山を目指してドンドン登りますが、途中で十字路があるので其処を左に進みます。ここは一月前に通ったときあった登山者に屏風岩の方に行くと聞いていました。ドンドン進みますが、かなり疲れていたのでなかなか辿り着きません。やっとの思いでつつじヶ丘からのルートに合流し、本日3山目は再び女体山に登頂しました。

脱水気味で結構やばいかなと思ったので、御幸が丘の売店でソフトクリームで一息つきます。アクエリアス200円も買って水分補給も怠りません。後は一気に筑波山神社まで駆け下りて、最後脚を挫きそうになりましたが無事神社でお参りも済ませました。

かんたんグラタン(韻)

20090609-0.jpg

キタアカリをニセコで買い込んできて、冬はずっとグラタン三昧だったのですが、それも食べ尽くし暫く経ちました。週末馬鈴薯が安かったので買ってきて、今日は久々のグラタンです。

馬鈴薯とカボチャが僕の定番なのですが、、今日は早く消費しなければならない芽が出掛けていた玉葱をグラタン皿に盛ります。後から焼くのに馬鈴薯はお焦げが美味しいので上の方に盛りました。で、ラップをかけて電子レンジで4分チンして火を通します。

火が通ったところでラップを外して冷蔵の鶏の唐揚げをのっけて、その上からグラタンソースをかけて、、と、山盛りになってしまいました。オーブントースターにギリギリ入って、6分弱焼きました。

ビールを飲(や)りながら食べます。。山盛りな分、もうちょっと電子レンジでチンする時間を長くした方が良かったかな(汗)。。


減量、、って、がっつり水分が抜けた

20090608-0.jpg

昨日目がしみるほど汗をかいて山の中を駆け回った甲斐があったのでしょうか。。リバウンド気味で59-60kgあった体重が、一気に57kgになりました。59-60キロあったときは体脂肪率10-11%くらいで、脂肪を覗いた体重は52-53キロだったのが、ぎゅっと絞った現在、体脂肪率8%で矢っ張り脂肪を覗いた体重は大体同じです。結構タニタのヘルスメーターの体脂肪率はあってる感じ?

脂肪って水分を吸収するのでしょうか。走ってないとドンドン体重増えていって絶望的になるのですが、今回は暑い中絞ったからか、一気に減ってニンマリです。

でもこれは水分が無くなっただけで脂肪が燃焼した訳ではない訳ですから。

取り敢えず、美味しそうなビールが並んでいたので、買って帰りました(汗)。

筑波山周遊トレラン

筑波山周遊トレラン
日程:2009/6/7
メンバー:単独(なんちゃってスカイランナー)
ルート:筑波山神社-つつじヶ丘-東筑波野営場-筑波山(女体山)-筑波山神社
所要時間:2時間9分

装備
ザック:ルーファス
シューズ:モントレイル・ハリケーンリッジ
ウエア:TNF半袖ジップアップ、ハーフパンツ(ジャージ)
予備ウエア:
食料:水500ml、ピーナッツチョコレート(4粒)、セブンイレブンドーナツ(3個)
その他装備:Garmin Forerunner 405、現金(約2000円)、クレジットカード

ルート詳細

14:21 駐車場 0km
| 1.0km (0:05)
14:26 筑波神社 1.0km
| 2.0km (0:22)
14:48 つつじヶ丘 3.0km
| 3.1km (0:25)
15:13/17 東筑波野営場 6.1km
| 1.9km (0:26)
15:43/45 筑波山(女体山) 8.0km
| 2.6km (0:38)
16:23/25 筑波神社 10.6km
| 1.0km (0:05)
16:30 駐車場 11.6km

温泉
つくば湯
入館料:土休日1260円、平日1050円

筑波山周遊 11.0km 2時間09分 (11:06/km) HR138bpm, 743kcal



土日もシゴトがあってお出かけできないので時間を見つけてトレーニングがてら筑波山に行ってきました。いつもの駐車場にCR-Vを停めてスタートです。今日は元気一杯でスタートしましたが、まあ無理はせず筑波山神社まではのんびりジョグです。ここからは迎場コースつつじヶ丘までひーひー言いながら登ります。反対側を颯爽と駆け下りる男性がいてさすがですって感じです。激しい登りもないのでまあなんとか。

つつじヶ丘からは女体山へは登らず、東筑波ハイキングコースを通って東筑波野営場へと向かいます。前回は枝道に色々入って探検しましたが、今日は予定のコースをどんどん進みます。あっという間に野営場に着きました。

ここからキャビンやキャンプサイトを抜けていよいよ登りです。こっちかなと思って登っていくと途中で道が無くなりました(汗)。今日はeTrexも地図の打ち出しも持っていなくて、基本がなっていません。さっきキャンプ場にあった地図をデジカメに撮っておいたのでそれを見ると、登山道は休憩所の横から続いているようです。さっきそれらしいのはあったので、そちらに行くと休憩所があり、その横から登山道が続いていました。

20090607-0.jpg

標識は御幸ヶ原へとありますが、アレ?女体山へ直接登るのではないの?地図もeTrexもないので確かめようがありません。まあいいやと登っていきますが、結構斜度があって走って登るのはめちゃくちゃ厳しいです。太ももの裏上、お尻の下あたりの筋肉がパンパンです。ひーひー言っていると、颯爽と女性が駆け下りてきました。結構この辺走っている人いるようです。途中で僕が何度か使った道に合流し、やっぱりこのルートは女体山へと登るようで一安心。やっとの思いで女体山へと辿り着きました。

さあ、ここからは下りのみです。つつじヶ丘へと下り途中から筑波山神社を目指す白雲橋ルートを使います。最初の下りはイワイワしていて、滑りそうで怖くてへっぴり腰状態です。やっとで分岐に辿り着いて、ここからは一気に筑波山神社にかけ下りました。

筑波山神社でお参りをして、駐車場に戻って急いで温泉に向かいます。つくば湯1260円で汗を流して〆としました。

基本的に登山道なので走りづらくタイム的にはこんなものなのかなって感じです。

今回は、先週さかいやで買ったルーファスの試用も兼ねていました。これまで使っていたリアクターだとサイドポケットにペットボトルを入れていても背負ったままでは取り出しにくく、腕が攣りそうになります。ルーファスだとその点は改善されていて流石って漢字です。僕はハイドレーションはあんまり好きではないので、通常はペットボトルなのでこっちの方が良いです。流石に高い山を行くには荷物が余り入らないので使えませんが、レースとか筑波山程度ならこれで十分です。

筑波山周遊 11.0km 2時間09分 (11:06/km) HR138bpm, 743kcal

今日11.0km/今月走距離68.9km

ハセツネ初エントリー

迷っているうちに締め切られてしまったレースがある中、ハセツネは去年もエントリー開始2日で一杯になったと聞いていたので、エントリー開始日である本日午前中に速攻で申し込みました。10時開始でランネットにアクセスするもアクセスが殺到しているらしく繋がりません(涙)。漸く11時ゴロから繋がり始め、11時20分にエントリー完了です。これで秋に向けてレースが組み立てやすくなりました。

ハセツネはお昼13時出走なので必ず夜間走が入ります。タイム14時間を切りたいと目論んでますが、その場合のゴール時間は翌朝3時となります。明け方冷え込む前、眠くなる前にレースを終えるのが目標です。

暇な時にでもコースの高低差を調べて予想(目標)タイムを出してみようと思います。

ハセツネ、10時エントリー開始で、12時には定員に達してエントリー終了となったようです(汗)。。異常です。

今年後半の気になっているレースを列挙してみました。

1/25 第29回館山若潮マラソン(フル) 3:38:16 (5:08/km)
4/12 第5回笛吹市いちのみや桃の里マラソン(ハーフ) 1:34:49 (4:30/km)
4/19 第19回かすみがうらマラソン(フル) 4:2:27 (5:41/km)

7/5 ザ・ノースフェイス OSJ志賀高原トレイル50K(約50km)〆切6/24 予定
7/19 OSJおんたけウルトラトレイル(100km)〆切6/30
8/30 OSJおんたけスカイレース(約37km)〆切8/12
9/15 第10回NACトレイルランinニセコ(約30km)〆切8/31
9/20 第9回2009歴史街道・丹後100kmウルトラマラソン(100km)〆切8/7
9/22 Shinetsu Five Mountains Trail 100km 信越五岳トレイルランニングレース2009(100km)〆切8/17
9/27 第2回菅平スカイライントレイルランレース(40km)〆切8/31
10/4 Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2009(50km)〆切8/24
10/11 第17回日本山岳耐久レース(24時間以内)~「長谷川恒男CUP」(71.5km)確定
10/18 第15回四万十川ウルトラマラソン(100km)〆切6/22
9月10月? 国東半島100kmマラソン(100km)
10月末11月 第25回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン(ハーフ)予定
11/8 第9回 陣馬山トレイルレース(23km)〆切10/1

来年のウルトラトレイルドモンブランに向けてのポイント獲得は現在持ち点3pですので、ハセツネ2pを完走すればゲットです。保険としてもう一つ資格獲得レースに出ておきたいのですが、北丹12時間は同日にOSJ志賀高原があります。ザノースフェイス野郎の僕としては、志賀高原の方が興味があります。10月の斑尾高原はその翌週がハセツネなのでこれもパス。となると、、残りはOSJおんたけウルトラトレイル100kmです(汗)。またこれか。。

ハセツネ+1時間がOSJおんたけウルトラトレイル100kmの予想タイムとの触れ込みがあったので、今年のハセツネの予想タイムを弾き出すのにもこれ出るのも良いかもしれませんが。。去年はお腹の調子が悪くて体調最悪。。何とかかんとかのおんたけは18時間でした。もう少し良いタイムで走りたいのですが、、結構きついからなあ。出るからには今度は全区間走りきりたいし。でも3連休は山に行きたいし。。去年は未だ梅雨が明けてないとふんでの出走で天気それなりによく山に行けたなあと思った次第です。なので、梅雨明けが海の日3連休以降にずれ込みそうなら出走って感じかな。でも雨の中走るのもやだな。
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。