スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労取りラン

20090930-0.jpg

今日はアクティブ・レストということでゆっくりジョグしました。

今朝の時点で脚の筋肉痛も良くなって来たとはいえ未だ残っています。週末ルスツレースはかなりマジ走りだったようです。それでも今朝はもっと走りたいという欲求が沸々状態で、現在肉体的ピークに来てしまったかのようです(汗)。実際の目標レースである日本山岳耐久レースは2週間後なので、入れ込まないようにこの(気分的&)肉体的状態を維持しなければなりません。

なので、今日は筋肉痛除去の為スロージョグと言うことで走りました。流石に夕食前の腹ぺこ状態でモチも下がっていたのですが走ります。走り始めるともっと速く走れるかも/走りたい衝動に駆られますがゆっくりゆっくりです。

終わってみれば平均HR125bpmは、ペース5:49/kmでこの心拍数はこれで凄い鴨です。走行ペースと心拍数でみればこれは自己ベスト的状態です。この辺の考察は機会があれば書きたいのですが、もしかしてマラソン学会(←!ってあるの?)で紹介したい的論理的考察です。

何はともあれHR130以下は100kmウルトラマラソン的ペースト思われ、矢張り走るペースは心拍数で管理すべきと思った次第です。

ER10km 0:58:52 (5:49/km) HR125bpm 750kcal

今日10.1km/今週10.1km/今月走行距離286.5km
スポンサーサイト

筋肉痛のためランは休養

週末日曜日のトレランレースの目的は調整、尚かつ身体を追い込むってのもあったのですが、矢張りレースだと意気込みが違ってました。普段山の中を単独で行くのと較べてモチベーション抜群です。勿論単独で山に行くときは必ず余裕をもって望むのですが。。ルスツレースはすっかりマジ走りしてしまって現在めちゃくちゃ筋肉痛です。レース後日曜夜にもっとケアしていれば違っていたのかもしれませんが、当日は爆睡でした。月曜朝になって筋肉痛が増してきて夜から火曜朝にかけてが筋肉痛ピーク、夜になると幾分痛みも治まってきました。これから2週間は疲労抜きと言うことで無理することなく今日も休養&ワインとしました♪

ランは梨ということで、今日は2週間後の山岳耐久レースの目標タイム設定に悩んでいました。登山道のコースタイムを積算すると28時間くらいになります。通常山に行くときは登山道コースタイムの60~70%を目安にするので、これだと60%でやっと17時間で上位50%も大体こんなモンです。う~ん、結構厳しいかもなあと思いながらも、色々見てみると何とか14時間は切れそうな気がしてきました。

14時間というのは全参加者の上位30%がだいたいこの時間となるのですが、間近ルスツで上位三分の一だったので、距離は格段に長いですが14時間も無理ではないかと。多分登り歩いて、下り走れば大体こんなモンなのかなあと思います。近郊の山のコースタイムは概して甘く見積もっていることがあるので何とかなるかなとも思います。何れにしてもコースタイム28時間は未知の世界ですが。

もしかして12時間が狙えるのではないかとか色々悩んでみるのですが、結局目標ペースとしては心拍数140bpm維持が良いのではと思っています。これが現在の僕の力で何時間になるかなんですが。。

今日0km/今週0km/今月走距離276.4km

2009北海道アウトドアフェスティバルinルスツ

20090927-0.jpg

2009北海道アウトドアフェスティバルinルスツ
日程:2009/9/27
2009北海道アウトドアフェスティバルinルスツ トレイルランニング30km
タイム:4:35:33

装備
ザック:グレゴリー・ルーファス
シューズ:モントレイル・コンチネンタルデバイドGTX
ウエア:TNFジップアップs/s、TNF短パン、SKINSパワーアーム、SKINパワーソックス
予備ウエア:TNFスワローテールジャケット
食料:水1000ml、パワーバージェルバナナ味2個、パワーバー1個
その他装備:熊ベル、笛、Garmin Forerunner 310XT

その他
HND-CTS-HND:特典航空券
9/26 NH54 HND-CTS 0930-1105
9/28 NH56 CTS-HND 1030-1205
マツダレンタカーKクラス48時間:8400円
ガソリン代(約300km走行):約2000円
寿楽荘(旧登川温泉)一泊二食:5000円
ルスツ温泉:200円

2009北海道アウトドアフェスティバルinルスツ トレイルランニング30km
30.5km 4:35:33 09:02/km, HR152bpm 2406kcal

今日30.5km/今週62.6km/今月走距離276.4km



久々のトレイルランニングのレースに出走してきました。この日は確か菅平でもレースがあったのですが、矢っ張り初めてのレースに出てみたいと言うことでこちらを選択です。目標は参加者中上位30%に入るで予想タイム4時間を切るだったのですが、さて如何に。。

5時半頃起床で、宿で準備を整えます。朝食の時間は6時半だったのですが、昨日もっと早く食べたい光線を出していたら、用意が早くできたと言うことで6時10分に朝食にありつけました。ありがとうございます(感謝)。宿をチェックアウトして会場に向かいます。

車を選手駐車場に停めて受付を探しますが場所が分かりません。人に尋ねて無事スタート&ゴール地点&受付場所に行って受け付け完了です。

20090927-1.jpg

出走準備も整え、これまでと較べても(精神的にも)余裕がありました。開会式の後は30kmの部からのスタートです。スタート地点にみな集まっていよいよ、8時レース開始です!!

前半の4kmまでは細かなアップダウンはありますが、基本なだらかです。スタート直後こそトップランナー達が見えていましたが、直ぐに見えなくなってしまいました。兎に角マイペースです。登りはそれなりにこなしますが、僕は下りが遅いのでドンドン抜かれます(涙)。コースは基本スキー場なのでルートは下草を刈った枯れ草に覆われていて足下がどうなっているかよく分かりません。最初抜かれるのが悔しくてちょっとスピードを上げたらあっという間に右足首をグキッと捻挫しそうになりました(冷汗)。それからは下りはどうしてもゆっくりになってしまいます。

4km杉から高低差500m程度の最初の登りです。ここは元気一杯なので、ずんずん登っていきます。傾斜が緩んだ走れるところはが貪欲に走りました。

かなり上まで登ったところで、ルートを間違えたのではないかと辺りが騒然としましたが、こっちであっているはずだと言うことで事なきを得ました。矢っ張りコース図と出来れば高低差グラフは必須です。

最初の上り坂を登り切ると次は一気に下るのですが、登りで追い抜いた人達+αに追い越されます。それでもここは、我慢の下りでした。もう少し脚にバネとテクニックがあればと思うのですが、どうにも下りの衝撃を吸収できずにゆっくりとなってしまいました。

下りきった所からは大体同じメンツが前後しながら走ることになります。高圧電線の下の作業道みたいな所を登るのですが、そんなに斜度がないのでそれなりにがんがん行きました。しかし下りになると、遅い僕は少し遠慮がちに進みます。

ここまで順調で10kmを過ぎたところで思い出したかのように、そういえば持ってきていたんだと最初のパワーバージェルを食べました。ジェルタイプなので即効性があるのか食べて少しすると何となく元気になります。下りきった辺りが15km地点でほぼ中間点です。ここまで2時間5分くらいかなと思っていたのがほぼ予想通りのペースでした。

作業道を下りきったところでいきなり小河をドボドボと渡っていきます。

マジ?

シューズぐっしょりに涙しながら、流石北海道と妙に納得してしまいました。ここからいよいよコース最大の登りとなるのですが、最初は林道なのでゆっくりながらも走って登っていきます。20km辺りで二つ目のパワーバージェルを食しますが、矢張り食べた直後は元気です。後半ここで走ることがタイム短縮に必須でした。コースはやがてスキー場内を進むことになりますが、ここに来てかなりバテてきました。移動距離も20kmを越えて脚の疲労も溜まって&シャリバテ一歩手前で緩い登りも走れなくなってしまいました。一部傾斜の緩いところは走りたいと思っていたのですが、ここは全て歩くことになりました。

本日の最高点である貫気別山が約24km地点で、展望最高でした。達成感もありここから一気にゴールに駆け下ると勘違いしていました。それにしては残り6kmもあって長すぎるなと思ったのですが。。少し下ったところで念のため最後のパワーバーをかじって先を進みます。

係の人に促されコースを左にとって下ったところで最後の登が待っていました(涙)。上を見上げると僕の前には4人見えます。途中まで前後しながら進んだ人達なだけに、この差を詰めるのは厳しそうだなあ。シャリバテ気味で登れるのだろうかと絶望的だったのですが、直前に補給食を取っていたお陰か、ペースもがっくり落ちることはなく坦々と登れます。途中で下を見ると僕の後は暫く人影が見えません。取り敢えず、極端なペースダウンがなければ順位はこれ以上下にはならないかと一安心でした。

20090927-2.jpg

20090927-3.jpg

最後の登りでバテ気味の方を一人追い越し、最後は坦々と下るのみです。追い越した人に再び抜かれるのではとヒヤヒヤしながらの下りでしたが、最後は逃れそうです。更に前を行く人に追いついたのですが、ゴール直前で抜き去る気概がありませんでした(涙)。追い抜くのが無理となった時点で、ゴール直前の写真を撮って貰って(汗)、最後はガッツポーズでゴール!結果は女子1,2位のデットヒートを見送りながらのゴールとなりました。

20090927-4.jpg

終わってみれば4時間35分33秒は男子8位で、男女総合でも10位の好成績です。一桁順位なんて多分人生最初で最後の快挙です。

これも30kmの参加者は登録時点で男女併せて34人のアットホームなレースだったからに他ありません。一応上位30%に入るという当初の目標も達成できて大満足のレースでした。

レース後は暫く休んでルスツ温泉200円でレースの塩を洗い落としました。身を清めた後は再びレース会場に戻ってみると、未だレースは続いていましたが、ジンギスカンが始まっていました♪マトンと鹿肉もあったようです(感謝感謝)。14時からは表彰式もあり、その後記念写真もパチリ。

最後に??そういえば完走証を貰っていません。アナウンスを担当していたお姉さんに聞いてみると、北海道山岳何とかの会長さんに聞いています(汗)。折角記録も取ったのだから後でみんなに完走証を送ると言うことになりました♪

天候にも恵まれとてもすばらしい大会に感謝しつつルスツを後にして札幌へと向かいました。

その他

・レース前は気にしていなかったが、レース中の給食は非常に重要。

・今回心拍数150bpm超はペースがオーバー気味だったと思われる。次回71.5kmはペース抑え気味が肝要。

12分間走で一叩きラン

20090925-1.jpg

今日は予定通りということで週末のレースに向けて一叩きしました。僕の場合はシゴト場外周2.9kmを全力で走ります。12分間走といいつつ、時間的にはちょっと足りないのですが、まあ大目にみてください。このタイムを見てレースの目標設定をします。

過去の記録を紐解いてみると、、
2008/05/23 4:41/km 160bpm →黒部名水ロードレース
2008/08/29 4:13/km 166bpm →おんたけスカイレース
2008/11/07 4:00/km 165bpm →陣馬山トレイルレース
2008/11/28 4:10/km 157bpm →河口湖マラソン
2009/01/23 4:00/km 168bpm →館山若潮マラソン

こんな感じでレースに挑んでいました。去年の春は全力でもペース4:41/kmだったんですね(遠い目)。去年春から夏にかけてのダイエットとともにタイムも良くなっています。陣馬山ではトレイルでベストと思われるタイムでした。河口湖は42.195kmを走りきるには未だちょっと脚の堅牢性が足りない感はありましたが初サブ4です。館山は脚の堅牢性がついてきたようで42.195kmで3時間37分くらいだったかな、自己ベストでした。

本日はどんな感じかとドキドキしながら走り始めました。抑え気味のつもりでしたが、結構早い感じで最初の1kmは4分を切っていました。外周半分くらいの時が試練でかなりバテてきて脚にも来たのでペースが落ちましたが、最後の300mは再び根性で一周って感じでした。その後はのんびりジョグでもう一周、ゆっくり走りました。

タイムはこんな感じでした。

1週目 3:57/km 168bpm
2週目 6:11/km 163bpm

祝!記録更新♪

ペースでたった3秒と思われるかもしれませんが、シゴト場外周一周で約10秒短縮です。今年前半の練習&昨日の坂道駆け下りランのおかげで、ほぼ今年前半のベストの状態に戻ってプラスアルファがあるかな。

2週目はスーパーのんびり走ったつもりだったのに心拍数があんまり落ちていないのが気になりますが、まあ久々で心臓もびっくりしていたのかな。

これで身体に速いスピードを経験させたので、レースでのペースが遅く感じればしめたモノです。長距離の持久力に一抹の不安が残りますが、後はがんばるのみです。

12分間走2.9km 0:11:29 (3:57/km) HR168bpm 210kcal
ジョグ2.9km 0:17:59 (6:11/km) HR163bpm 217kcal

本日5.8km/今週32.1km/今月走距離245.9km

SPGのダブルカウントプロモーション

20090925-0.jpg

「マイル」カテですがネタ的にはホテルポイントです。

僕はスターウッドのプログラムであるStarwood Preferred Guest(SPG)のメンバーに登録しています。このプログラムは年間何泊かするとゴールド、プラチナと上がっていくのですが、プラチナで25滞在(stay)か50泊(night)が必要です。

プラチナになると部屋のアップグレードや朝食が無料で付いてくるので結構嬉しいものがあります。ビジホよりは高く付きますが、部屋も広く気持ちよく過ごすことが出来ます。

ここ数年は最後の第4四半期(10~12月)で滞在数を倍に数えてくれるダブルカウントプロモーションのおかげで毎年プラチナを維持できていました。それなりに修行ステイしたこともありましたが。。今年はダブルステイのプロモーションがないのかなあと待ち焦がれていたのですが、やっと出たようです。

http://www.spgpromos.com/promos/general.cfm?EM=&IM=&ES=

これを見ると、

・9月15日~12月15日宿泊まで、滞在数のダブルカウント
・10月1日~12月31日宿泊まで、滞在数を今年のカウント+来年の分としてもカウント

のどちらかに登録できるようです。

しかし今年は現在のところ6滞在しかしていなくて、後19滞在しなければなりません(涙)。今のところ今週末(9月末)に札幌1泊と、10月のシドニー出張で修行がてら1泊できなくもないくらいです。

冷静に考えましょう。となるとです。

今年の滞在数ダブルカウントのプロモーションに登録したとしても来年プラチナを維持するためには10滞在必要です。札幌とシドニーで2滞在したとして、3ヶ月であと8滞在か。。何滞在かというか、結構修行っぽくがんばらなければならない雰囲気です(汗)。いつもの年ならこのくらい何となるのですが、今年は厳しいなあ。。。

今年がんばって泊まったとしても、ギリギリ足りないかもしれません。それならがんばった分だけ来年のカウントにもしておくのが良いかなと思います。来年も泊まる様ならがんばってプラチナ復帰ですし、泊まらないならそれまでってことです。

ということで、「Earning Advance Nights」で登録しました。

八幡平

八幡平
20090923-0.jpg

日程:2009/9/23
ルート:蒸ノ湯登山口-田代沼-八幡平-八幡平駐車場-(アスピーテライン途中)-八幡平駐車場-(八幡平散策)-八幡平駐車場-(アスピーテライン)-蒸ノ湯登山口-大深温泉
所要時間:2時間37分

装備
ザック:モンベルウエストポーチ
シューズ:モントレイル・ハードロックミッド
ウエア:TNFジップアップs/s、TNFジップアップl/s、TNFパンツ
予備ウエア:
食料:水500ml
その他装備:Garmin Forerunner 310XT

ルート詳細

05:26 蒸ノ湯登山口 0km
| 2.2km (0:30)
05:56 田代沼 (1507m) 2.2km
| 1.6km (0:14)
06:12/16 八幡平 (1630m) 3.8km
| 1.2km (0:08)
06:24 八幡平駐車場 (1556m) 5.0km
| 1.2km (0:09) (アスピーテライン途中)
06:33 八幡平駐車場 (1557m) 6.2km
| 2.2km (0:45) (八幡平散策)
07:18 八幡平駐車場 (1551m) 8.4km
| 7.0km (0:42)
08:00/01 蒸ノ湯登山口 (1179m) 15.4km
| 0.5km (0:02)
08:03 大深温泉 (1136m) 15.9km

温泉
大深温泉
大部屋(オンドル)素泊まり:2000円

八幡平 15.9km 2時間37分 09:40/km, HR122bpm
今日15.9km/今週15.9km/今月走距離229.7m




5時頃起床です。大深温泉の暖かい方のオンドル部屋は結構暖かかったです(汗)。

朝は苦手でめちゃくちゃ眠いのですが、がんばって身支度を調えました。同行者は来月のフルマラソンを控えてかヤル気満々で、今日は朝食前のモーニングランと言うことになりました。天候も昨日の夕方の八幡平は蒸ノ湯から上はガスのミルキーロードだったのですが、今朝は曇ってはいますが雲は高く頂上も雲の下に出ているようなので、同行者はアスピーテラインを走って上がって頂上駐車場を目指すとのことでした。僕は当然登山道を登ります。

20090923-1.jpg蒸ノ湯登山口

蒸ノ湯登山口からバックパックは持たずにウエストバッグに水500mlとして出発です。八幡平と言うだけあって山はなだらかな登山道が続くのですが、それなりに石がゴロゴロしています。登山道は朝露に濡れているのでこの石や岩が曲者で最初何度か滑ってすっころびそうになりました。更に途中何カ所か木道が出てくるのですが、濡れた木道は最悪で摩擦係数ゼロ状態のツルッツルで慎重に進みます。登山道脇の草は草紅葉状態で、木々も所々赤くなっているところはありましたが、未だ早いのかなあってところです。

凡そ45分で八幡平の頂上に到着です。今朝は一番乗りかと思っていたのですが、既に5~6人のグループが頂上にいました。相互記念写真を撮ってそそくさと頂上を後にします。

20090923-2.jpg八幡平山頂

さて、同行者は駐車場まで辿り着いたのでしょうか??途中で引き返すかもしれないと言っていたし、待ち合わせ時間を決めていたわけでもないのですが、一応駐車場に行ってみることにしました。途中にはめがね沼などがあって、その回りの草木は綺麗に紅葉していました♪来て良かった。

20090923-3.jpg

駐車場に辿り着くと、畚(もっこ)山方面も綺麗に紅葉していました。ここで時間的には出発から1時間経っており、同行者も見あたりませんし、もう引き返したのかもしれません。あのつるつる登山道を下っても危険で楽しくないので、ここはアスピーテラインを駆け下りることにしてのんびり走り出しました。すると向こうから走ってくる人がいます!同行者でした。ここで合流して再び駐車場までジョグします。

ここからは、八幡平散策です。のんびりがま沼の方に歩いていくとこちらも綺麗に紅葉していました。八幡沼も望まれ回りの湿原も草紅葉が見事でした。

のんびり散策を楽しんだ後は大深温泉までのランです。既に7時を過ぎて腹ペコです。何か食べ物を持ってきておけば良かった。せめてもの救いは大深温泉まではほぼ単調な下り坂なのでどんどん降るのみです。ゆっくりめで降っていると心拍数は130bpm程度だったので、これではいかんと少しペースを上げて心拍数140bpm程度になるように走りました。下りはこれ以上心拍数を追い込むと脚が着いてこないなあ。

一気に駆け下り大深温泉に戻ってきたら朝食です。(温泉はちょうど清掃中だったので後回しとしました。)ここは素泊まりのみの完全自炊なので、昨日買い込んでいたチーズパンに、バナナ、プルーン、アップルティーでのんびりとした時間を過ごしました。未だ9時前だというのに既に一仕事終えた感じです。

食後に温泉に入って身を清め、極上の時を過ごしました♪

(エピローグ)

10時過ぎにチェックアウトしてCR-Vで再び頂上に行った時は既に雨でした。早起きは三文の得です。

八幡平頂上から岩手側標高1100m付近までは、紅葉は5~8分くらいで、とても素敵な紅葉でした♪

その他

・登りの心拍数は平均140bpmくらいでした。このくらいの負荷で登るのが僕には比較的無理がなくて良いようです。

・降りの心拍数はロードで大凡130bpm程度、スピード上げて140bpm程度でした。登山道を下るときも怪我が怖いので基本ゆっくり降って、降りで身体を休める感じです。

ランはお休み&出撃

今日は5時40分頃に目が覚めてたので一瞬がんばって早朝ランしようかなとも思いましたが、出撃準備もしなければならないし、今週は日曜日からずっと走り続けていたのでまあいいかみたいな感じで休養とします。

多分SW中は山の中を駆け回らなければランはしないと思われるので、休み明けの木金の仕上げラン&土曜休養日曜ルスツ30kmレースに突っ込むと、翌月曜は調整ランができるかどうかで火水と走って月末となるので、9月月間走行距離は250kmは越えそうだけど300kmは無理かなみたいな感じになりそうです(ふぅ)。

疲労は溜めたくないので、がっつり走るつもりもないのですが、SW5日間全く運動せず、まったり湯ったりになってしまうとちょっとちょっとやばいかもしれません。僕の場合3日間走らない日が続くとちょっと再起動に数日~一週間くらいかかってしまいます。そういう意味でもSW中は30分でも1時間でも良いから走る機会を数回作りたいところです。でも、多分無理です(汗)。

ということで、今夜は東北道を倒れるところまで北上です♪

今日0km/今週63.0km/今月走距離202.8km

SW前ラン

今週はずっと走り続けていたので、今日は躰がきついなあと思っていたのですが、がんばって走り始めると、腹ぺこでパワーが続くかの不安はあったのですが躰は思いの外動きました。今日は10kmコースかなあと思って走っていたのですが、調子が良かったのでそのままちょっと遠回りとして12kmコースに変更しました。

最後はもっと走れるかなと思いましたが、中心のジャスコに戻ってきたのでそのまま〆として、こういうのが良い感じかな。

走り終わってGPSのタイムを見ると思ったほどにはペースが上がっていませんでした(汗)。もうちょっと速く走ったつもりだったのですが(涙)。

これで6月以来3ヶ月ぶりに月間走行距離が200kmを越えました。走る習慣を取り戻してきた感じです。春はもうちょっと走れていた感じはするのですが、その割には疲労感もそんなに激しくはなく、良いんだか悪いんだか。

SW(シルバーウイーク)連休はカレンダー通りで、東北方面に出撃予定です。旅行先では1,2日で良いのでジョギングする時間があったらいいな。

ER 12.2km 1:05:05 (5:19/km) HRave140bpm 902kcal
iiasコース

今日12.2km/今週63.0km/今月走距離202.8km

今週もがんばってるぞラン

20090916-0.jpg

今日も田土部駅コースを走ってきました。

田土部駅までは片道で約8.5kmあって、帰りはジャスコまで走るとして大体17kmのランとなります。田土部駅からりんりんロードを進んで小田城跡まで行って往復すると20kmオーバーの21kmとなるのですが、どうもこの+4kmがきつく感じて今日も田土部駅に行ったところで帰ってきました。それでも今週は月火水と3日間このコースを走ったので満足感もあります。

20kmにはちょっと足りない17km×3日間なのですが、ゆっくり走っているのもあってか疲れは余り感じていません。これも春に激しく走り込んだ事を躰が憶えてくれているからなのかな。

ランとは関係ありませんが、twitterって面白いのかなとちょっと気になっています。

ER 16.9km 1:29:09 (5:15/km) HRave137bpm 1253kcal
コース:田土部駅コース

今日16.9km/今週50.8km/今月走距離190.6km

ルスツのトレランレースにエントリー

20090915-0.jpg

9月27日にある北海道アウトドアフェスティバルinルスツが本日申し込み〆切なので、朝出掛けにエントリーしました。夜に後回しにしていると忘れてしまいそうなので。。距離は30kmです。

10月レースに向けて是が非でもトレイルランニングレースの雰囲気を思い出しておく&トレーニング&現在の走力の確認です。全参加者の上位30%に入るのが目標です。コースが分からないので未だ何とも言えませんが、標高でルスツリゾートが400m、貫気別山993.5m、尻別岳で1107.3mなので、アップダウンはそんなに激しくないのかもしれません。ナノで、ちょっと突っ込み気味に走ってみようかなと目論んでいます。

取りあえず、レンタカーと日曜日の宿の手配は済んでいます。月曜日は東京でシゴトなので直接札幌から向かおうかとか。。往復の飛行機は、、特典航空券かな(汗)。

ニセコでキタアカリ(ジャガイモ)と雪化粧(カボチャ)と、がんばれればおぼろづき(お米)の買い出しもしたいところです。

2009年 レース結果&予定&メモ

1/25 第29回館山若潮マラソン(フル) 3:38:16 (5:08/km)
4/12 第5回笛吹市いちのみや桃の里マラソン(ハーフ) 1:34:49 (4:30/km)
4/19 第19回かすみがうらマラソン(フル) 4:02:27 (5:41/km)

9/27 2009 北海道アウトドアフェスティバルinルスツ トレイルランニング(30km)〆切8/31→9/15確定
10/11 第17回日本山岳耐久レース(24時間以内)~「長谷川恒男CUP」(71.5km)確定(6/1 10:00申込開始12:00一杯)
10/25 第25回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン(ハーフ)確定

11/8 第9回 陣馬山トレイルレース(23km)〆切10/1
11/8 下関海響マラソン2009

7/3 OSJ野反湖トレイルレース(約15km)(2/27申込開始6/1一杯)
7/4 OSJ志賀野反トレイルレース(約20km)(2/27申込開始5/7一杯)
7/5 ザ・ノースフェイス OSJ志賀高原トレイル50K(約50km)(6/24〆切6/19一杯)
9/22 Shinetsu Five Mountains Trail 100km 信越五岳トレイルランニングレース2009(100km)〆切8/17(8/5,15時一杯)
10/4 Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2009(50km)(6/1申込開始6/4一杯)

北漢山(韓国)

北漢山(836.5m)

久々の海外登山です。といってもあまり時間も無かったので韓国ソウル近郊の山に駆け足で登ってきました。

北漢山(ブッカンサン)はソウル近郊最高峰で、韓国の国立公園にもなっています。韓国百名山にも入っているらしく、韓国の登山ガイド本を見るとだいたい最初に紹介されています。

20090913-0.jpg

日程:2009/9/13
メンバー:元わっちゃん
ルート:ウイドンBT-ウイドン登山口-白雲山荘-衛門-ペグンデ(白雲台)-衛門-龍岩門-中城門-北漢山城登山口-北漢山城入口バス停
距離:11.3km
所要時間:3時間10分

11.3km 3:10:01 HRave124bpm 1148kcal

ウイドン登山口-ペグンデ(白雲台、北漢山山頂):49分
ペグンデ(白雲台)-北漢山城登山口:1時間26分

註:文字通り駆け上がったのでコースタイムは余り参考にしないでください。

装備
ザック:Gregory リアクター
シューズ:モントレイル・ハードロック
ウエア:TNF Ultra Zipup s/s、TNF パンツ
その他ウエア:タラスブルバパーカー
水分:水500ml+500ml
食料:キムパブ、あんパン
カメラ:キヤノン IXY Digital 910IS
その他装備:200、Garmin Forerunner 310XT、Legend Cx、現金、パスポート

ルート詳細

08:47 ウイドンBT (87m)
| 2.2km (0:19)
09:06/11 ウイドン登山口 (294m) 2.2km
| 0.9km (0:12)
09:23/27 峠 (491m) 3.1km
| 0.9km (0:19)
08:46 白雲山荘 (647m) 4.0km
| 0.2km (0:06)
09:52 衛門 (728m) 4.2km
| 0.2km (0:08)
10:00/21 ペグンデ(白雲台)(809m) 4.4km
| 0.2km (0:10)
10:31 衛門 (729m) 5.0km
| 1.5km (0:32)
11:01 龍岩門 (557m) 6.5km
| 1.7km (0:16)
11:17/22 中城門 (279m) 8.2km
| 2.2km (0:25)
11:47/49 北漢山城登山口 (79m) 10.4km
| 0.9km (0:09)
11:58 北漢山城入口バス停 (35m) 11.3km

利用交通:
120番バス:地下鉄4号線 スユ駅-ウイドン(牛耳洞)(終点)
 他にも153番で行けるらしい。
109番(ウイドン-ソウル駅?)
34番バス:ブッカンサンソン(北漢山城)入口-地下鉄3号線 グパバル(旧把撥)駅



何年か前までは海外登山だーといって標高の高いところを目指していたのですが、海外旅行と疎遠になってから(といっても全く行かなかった訳ではありませんが)、海外の山には登っていませんでした。今回、年に一度のソウル詣ででさて何処に行こうと考えて、そうだソウル近郊の山に登ろうと思い立ったのです。

相変わらずの土曜朝出発の日曜夜帰りです。帰りの便が20時過ぎなのでまあ乗り遅れることはないでしょうが、山の後は明洞汗蒸幕に行って垢すりもしたかったので、日曜日午前中に急いで登ってくることにしました。

(2009/09/13)

花星荘では、がっつり寝てしまいました。目が覚めたらもう5時です。シャワーで身を清めて考えます。

北漢山に矢っ張り登りたい。

昨日買った登山ガイド本の地図だけではイマイチよく分かりません。地下鉄4号線のスユ駅から確か120番のバスに乗るんだったよな。現地に行けばそれらしい人達がわんさかいるらしいからその人達について行けば何とかなるさ。7時半頃だったか意を決して出撃です。

地下鉄3号線、4号線を乗り継いでスユ駅に着きました。周りを見るとそれらしい人が見受けられるのでコバンザメ作戦です。道の中央にバス停があるので道を渡って移動すると間もなく120番バスが来ました。確かこのバスだったよな、、それらしい人達もこれに乗るので僕も乗り込みました。みんな非接触のスマートカードでピコピコやっているのに僕は現金でどうやって払えばいいの??間もなくバスは終点のターミナルに着いたので運チャンに聞いて何となく1000W払いました(やれやれ)。非接触カードだと100W割引のようで、そーか、僕も今度からマイスマートカードを買うかな。以前ならスイカを使いよりもソウルのスマートカードの方がよく使うのではとかと思って、スマートカードを買ってたでしょうが、もうちょっとね。

20090913-1.jpgウイドンBT

バスを降りて取り敢えず現在地の写真を撮って帰りに備えます。半分くらいの人達はタクシーで登山口の方へと向かっていきました。チラホラと歩いていく人達もいたので僕もあっちへ行けば良いんだな、多分。

準備を整えて、スタートです。最初は車道なのでウォーミングアップがてらランしますが、かなり激しい登りです。2kmくらい走ったところがゲートになっていました。出店もあったので、念のため水500mlを買っておきました。

20090913-2.jpgウイドン登山口

ここからが登山道です。

20090913-3.jpg登山口

登山道は良く整備されているので、人の流れる方へと登っていきます。途中に標識があるのですが、ハングルと英語表記でイマイチよく分かりません。グングン登りますが、人がそれなりに多いので追い越すのに一苦労です。心拍数も156bpm程度となり結構上がっています。今日は北漢山往復で距離も標高もそんなにないのでガンガン行きました。

20090913-4.jpg白雲山荘

20090913-5.jpg衛門

衛門から最後の登りです。大きな花崗岩の岩肌に鉄杭が打ち付けてあって、それを頼りに登りますが結構登りにくいです。。

20090913-6.jpg白雲台への最後の登り

結構高度感があって怖いです(大汗)。最後の一登りでソウル最後方の北漢山の主峰である白雲台の頂きに辿り着きました。韓国国旗がはためく頂上には日本のような山頂を示す看板はありません。その辺の若者に声をかけて一応記念写真を撮って貰いました。少し降りたところに座って、今朝コンビニで買ったキムパブ(海苔巻き)を頬張って昼飯としました。

20090913-7.jpgブッカンサン(北漢山)山頂ペグンデ(白雲台)

さあ下山です。

20090913-8.jpg白雲台からの下り

未だ時間は11時前なので、衛門からは稜線を南下して周遊するコースとしました。稜線とはいえ、登山道は尾根筋の少し西側に下がったところを進みます。最初こそ階段でしたが、その後は花崗岩の岩伝いに進んで行くので結構歩きにくいです。何だかんだで龍岩門まで辿り着きました。コースは真っ直ぐと門を潜った左とに分かれますが、左からの人通りは少なく真っ直ぐな方から人がドンドン登ってきます。出来るだけぐるっと巡りたいので真っ直ぐ進みました。

20090913-9.jpg龍岩門

その後も標識はあるのですが、何となくこっちかなという方に進んで行きます。中城門で看板を見るとどうも変です(汗)。ここで立ち止まって持ってきたガイド本の地図をしげしげと眺めるとどうも反対側に下ってきたしまったようです(大汗)。

20090913-10.jpg中城門

降りている間はもし道を間違っても戻れば大丈夫なんだからと進みましたが、いざ道を間違ってしまうと、矢っ張りここを登り返すのは嫌です!ガイド本の地図にはこちら側の登山口にもバスマークがあって、人も沢山登ってきます。こっちに登ってもかなりメジャーな登山口があるはずだ。そこからバスに乗っても良いし、タクシーも直ぐ呼べるだろう。

もうここからは行くしかありません。川沿いの道をドンドン下っていくと、間もなく林道に出ました。それからも最短コースと思われるルートをガンガン進みます。

やっと開けたところに出てきました。

20090913-11.jpg北漢山城登山口

レンジャーステーションで、バスか地下鉄でソウルに戻りたいんだけどと聞きます。その道を進むとバス停があるからそこでバスに乗れと言われました。南蛮のバスかと訊ねると34番とのことです。まあ、取り敢えず彼の言葉を信じて進みます。確かに地図にもあるようにバス停があり、ちょうど34番バスが来たところだったので飛び乗りました。

取り敢えず1000W紙幣が出てこなかったので後回しにして、車内の路線図を眺めます。ハングルでよく分かりません(涙)。どう見てもソウル市内へ向かうようには見えません(訳分かりません)。路線図には地下鉄4号線と乗換バス停があるとあります。これしかない!次は今僕が何処にいるかです。どうも僕が乗ったところは北漢山城だかなんとかというバス停のようです。停まるバス停ごとに目を皿のようにして現在地を確認しようとしますが、どうにもよく分かりません。車内のアナウンスがロッテ何とかと言ったところで漸く現在地が分かりませいた。 グパバル(旧把撥)は次の次です。確かに、そのグパバル(旧把撥)のバス停には地下鉄の乗り換えマークがあったので急いで降りました。

あ、、お金を払うのを忘れた、、まあいいや。

降りたは良いのですが、地下鉄の駅が見あたりません(涙)。グパバル何とか→のマークがあったので、そちらに進んで行くと地下鉄駅がありました(はぁと)。地下鉄4号線は鐘路3街まで一本で、無事返って来れました。

インサドン(仁寺洞)のクンでマンドゥククを食べてミョンドンカンムンジョ(明洞汗蒸幕)で垢を落として金浦空港へ向かいました。

1年ぶりの韓国発券

去年韓国で発券した航空券の残片羽田-ソウル金浦がオープンのまま残っているのですが、10月初旬に有効期限が切れてしまいます。この残片処理と韓国ループ継続の為に今週末はソウルに行ってくることにしました。ここ数年は年末ソウルに1年の垢を落としに行っていたのですが、円安で回数も1回行くのがやっととなると、1年オープンチケットでだんだん時期が早くなり、遂に今年は10月初旬までとなってしまいました。

いつもソウルは突然です。本日金曜日の朝、全日空に電話してe-ticketの航空券番号を伝えると、航空券情報が直ぐでてきました。明日土曜日の羽田-金浦の予約をお願いするとすんなり入りました。

9/12土曜日 NH1291 S HND-GMB 0920-1140

さて、日曜帰りの便ですが、夜便NH1294はエコノミーもビジネスも満席です(涙)。なので昼便NH1292ですが、ITNで確認するとノーマルビジネスとノーマルエコノミーしか空席がありません(再涙)。

取り敢えず、韓国の旅行会社にメールで予約のお願いをすると案の定空席待ちです。マイレージ番号も予約記録に入れて貰ってこちらからも全日空に電話して予約状況の確認と席が落ちてくるようお願いです。さて、僕のANAマイレージクラブ(AMC)のステイタスは現在SFCなのですが、どんなもんでしょう。

AMCは飛行機に沢山乗るにつれて、平-BRZ(ブロンズ)PLT(プラチナ)DIA(ダイアモンド)と上がっていきます。一旦PLT以上になるとSFCなるクレジットカードを作れば永年スタアラゴールドがついてきます。一般には、平-BRZ-SFC-PLT-DIAの順番だと言われています。因みにDIAができた頃は、DIAの空席待ちはずんずん落ちてきました。どういう時に、或いはどういうタイミングで落ちてくるかとかはいろいろあるのですが、まあ、経験値を積むとどういう状況だとお願いすれば何とかなるかとか分かってきます。

空席待ちはディスカウントビジネスとディスカウントエコノミーの両方だったのですが、30分位すると先ずディスカウントビジネスが降りてきました。おー、これはなかなか。しかしこれ以降予約は降りてきませんでした(号泣)。ステイタスがDIAなら以前は絶対落ちてきたんだけどなあ。DIAの時は乗れなかったことは殆どありません。しかし今は素SFCだから矢っ張り厳しいか。。

韓国の旅行会社もディスカウントビジネスが落ちてきたけどどうするかとせっついてきました。以前はディスカウントビジネスも安かったので使っていたのですが、このご時世、旅費は1円でも安く済ませたいので、矢っ張りディスカウントエコノミーです(涙)。

さて、ITNで確認すると日本航空(JL)だと夜便に空きがあります。JLは経営不振のくせして全日空より高いです。。

NH: GMP-HND-CTS S-B-B-S エコノミー1年オープン s/o東京2回 620,000W
JL: GMP-HND-CTS B-Y-Y-B エコノミー1年オープン s/o東京2回 670,000W
GMP:ソウル金浦空港、HND:羽田空港、CTS:新千歳空港

買うのはこのどちらかなのですが、JLの方が50000ウォン(約4000円)も高いのです。まあでも、夜便なので日曜日は目一杯遊んで帰れます♪JLも便が混み合っているようなので、これはインボラアップグレードが期待できます(汗)。

JLの夜便で発券のお願いをするメールをしたところで、全日空の空席待ちが昼便、夜便とボコボコと落ちてきました(ひ~)。この差5分。。夜便のNH1294はお昼の時点では全く空席がなかったのにどこから沸いてきたのって感じです。慌ててできれば全日空の夜便にしてねと怒濤のお願いメールを韓国にしました。

こんな感じになりました。
1.1 元わっちゃんMR
1 NH1294 S SU 13SEP GMPHND HK1E 2010 2215
2 NH81 B FR 5FEB HNDCTS HK1E 2030 2200
3 NH76 B MO 8FEB CTSHND HK1E 1920 2100
4 NH 0 S HNDGMP QQ1 E
税金込みでKRW741700

第2区間の羽田-千歳からオープン発券できるのですが、東京2回ストップオーバー(途中降機)でオープン発券すると国内線区間は繁忙期の高い普通運賃に消費税がかかってきます。なので、取り敢えず国内線は通常期で予約を入れておくと国内線部分は通常期普通運賃に消費税となって吉なのです。オープンチケットなので後から変更は勿論可能です。まあ、この時期札幌は雪祭りの頃なので、これはこれでなかなか美味しいです♪

NH1294ですが、結構混み合っているようなので、インボラアップグレードしないかな(うひひ)。まあでも帰りが遅くなるから羽田までは車で行きたいので、お酒は飲(や)れないかな。

今回はマンドゥチゲ(餃子鍋)や参鶏湯(サムゲタン)辺りが食べたいなあ。

垢すりは外せないとして、久しぶりにメガネも買うかなあ。

日曜日は天気が良さそうなのでソウル郊外の山に登ってみたいなあ。

羽田空港に車で行っておけば荷物のことを心配しなくてすむので、帰りは金浦空港横のe-MARTで買い出しだな。

宿は、、去年はカジノをするわけでもないのに豪華にシェラトンウォーカーヒルにしたけど、今回はチープに韓式旅館かな♪

2009年秋のレースに向けて

秋のレースですが、本日、10/25にある第25回甲州市勝沼ぶどう郷マラソンのハーフにエントリーしました。このレースはここ数年は毎年参加しているお気に入りの大会です。

今年は10/11のハセツネ参加の為、翌週の大町マラソンのフルは流石に厳しそうなのでパスすることにしました。間に2週間入ればまあハーフは何とかなるかなと思います。このレースはぶどう畑の丘陵地帯を走るので前半の上り坂が結構厳しいのですが、走った後に振る舞われるワインがたまりません

のんびり秋のレースを楽しもうかと思っています。



2009年 レース結果&予定&メモ

1/25 第29回館山若潮マラソン(フル) 3:38:16 (5:08/km)
4/12 第5回笛吹市いちのみや桃の里マラソン(ハーフ) 1:34:49 (4:30/km)
4/19 第19回かすみがうらマラソン(フル) 4:02:27 (5:41/km)

9/27 2009 北海道アウトドアフェスティバルinルスツ トレイルランニング(30km)〆切8/31予定
9/27 第2回菅平スカイライントレイルランレース(40km)〆切8/31
10/11 第17回日本山岳耐久レース(24時間以内)~「長谷川恒男CUP」(71.5km)確定(6/1 10:00申込開始12:00一杯)
10/25 第25回甲州市勝沼ぶどう郷マラソン(ハーフ)確定
11/8 第9回 陣馬山トレイルレース(23km)〆切10/1
11/8 下関海響マラソン2009

7/3 OSJ野反湖トレイルレース(約15km)(2/27申込開始6/1一杯)
7/4 OSJ志賀野反トレイルレース(約20km)(2/27申込開始5/7一杯)
7/5 ザ・ノースフェイス OSJ志賀高原トレイル50K(約50km)(6/24〆切6/19一杯)
9/22 Shinetsu Five Mountains Trail 100km 信越五岳トレイルランニングレース2009(100km)〆切8/17(8/5,15時一杯)
10/4 Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2009(50km)(6/1申込開始6/4一杯)

310XT使用感 2

やー、良いですよForerunner 310XT♪

20090617-1.jpg

GPSマニアな僕はGarmin Forerunner 310XTを最近買ってしまったので(汗)、日々のランニングやロードのレースは405を使って、登山やトレランのレースは310を使う感じかなあと思っています。更に数日間の山行の時は310XTと405で足りないときは305とか、、(汗)。

で、310XTなのですが内蔵電池が20時間っていうのがGoodです。山には入るとどうしても行動時間が長くなって10時間を超えてしまうことが普通にあります。Forerunner 405は8時間しか電池が保たないので山には短すぎます。Forerunner 305は10時間保つのですが、これでも矢っ張り山では最後微妙に足りなかったりで悲しいことになります。その点、Forerunner 310XTの20時間は抜群です。先ず1日で20時間行動することはありませんから。

GPSログの方も、こちらはForerunnerシリーズに言えることですが、GPSチップが好感度なので、山間部でもトンネルの中にでも入らない限りまずログが途切れることがありません。なので、後から地図上に表示させても途切れてないので気持ちよいです(はぁと)。

心拍計(HRM)の方も、405から新しくなって身体へのフィット感も良い感じです。

腕GPS自体もベルトが柔らかくなったし、大きさの割に軽いので、腕に付けてて邪魔になる感じもなく、走っていても気になりません。

310XTは405と同じく洗濯ばさみで充電するので、その接点部分は気をつけなければなりません。これは305にもいえることかもしれませんが、接点部分が濡れていると充電中其処が錆びてしまって接触不良を起こす恐れがあります。充電するときは汗まみれは良くありません。

後はログの保存が20時間程度ってあるのが気になります。もう少し長くGPSのログが保存できれば、後は内蔵充電池の問題を何とかすれば長期間(少なくとも数日間)の山行をこれ一つでログ取りできます。

やーでも、良いですよ、310XT。

谷川岳馬蹄形縦走

谷川岳馬蹄形縦走

20090905-0.jpg

日程:2009/9/5
メンバー:赤い彗星
ルート:土合駅-白毛門-笠ヶ岳-朝日岳-清水峠-七ツ小屋山-蓬峠-茂倉岳-一ノ倉岳-谷川岳-天神平-土合駅
距離:28.8km
所要時間:11時間22分(コースタイム17時間、コースタイムの67%)

28.8km 11:22:28 HRave127bpm 3542kcal

装備
ザック:Gregory リアクター
シューズ:モントレイル・ハードロックミッド
ウエア:TNF Ultra Zipup s/s、Millet パンツ、モンベルスパッツ、SKINS パワースリーブ
その他ウエア:TNF長袖シャツ、TNFゴア雨具上下
水分:水2000ml、アミノバリュー500ml、清水峠で水500ml補給、天神平でペプシ350ml
食料:レーズンブレッド、あんパン、漢の弁当、(以下食べず)サツマイモパン、アーモンドチョコレート、パワージェル*2
カメラ:キヤノン IXY Digital 910IS
その他装備:山と高原地図「谷川岳」、Garmin Forerunner 310XT、Legend Cx、現金

ルート詳細

05:44 土合駅 (673m) 0km
| 0.8km (0:07)
05:51 土合橋登山口 (700m) 0.8km
| 2.9km (1:29)
07:20/23 白毛門 (1731m) 3.7km
| 1.4km (0:30)
07:53/55 笠ヶ岳 (1860m) 5.1km
| 1.7km (0:40)
08:35/38 朝日岳 (1952m) 6.8km
| 3.7km (1:00)
09:38/45 清水峠 (1457m) 10.5km
| 0.2km (0:03)
水場 09:48/50 (1447m) 10.7km
| 0.2km (0:04)
09:54/55 清水峠 (1458m) 10.9km
| 1.6km (0:30)
10:25 七ツ小屋山 (1680m) 12.5km
| 2.0km (0:29)
10:54/11:04 蓬峠 (1437m) 14.5km
| 4.0km (1:31)
12:35 茂倉岳 (1983m) 18.5km
| 0.7km (0:18)
12:53/55 一ノ倉岳 (1978m) 19.2km
| 1.3km (0:39)
13:34/53 谷川岳(オキの耳)(1972m) 20.5km
| 0.4km (0:13)
14:06/17 トマの耳 (1965m) 20.9km
| 3.2km (1:32)
15:49/55 天神平 (1316m) 24.1km
| 4.7km (1:17)
17:12 土合駅 (675m) 28.8km

温泉
テルメ谷川:550円



今年の目標レースである10月のハセツネに向けてもう一ヶ月とちょっとしかありません。しかし今年は未だトレイルのレースにも出ていないし、山で追い込んでいないしで、是が非でも山に出撃です。幸い今週末は天気も何とかなりそうです。同行者が谷川岳に登りたいと言っていましたが、青春18きっぷで行って普通に土合から谷川岳ピストンだと言うので頂上14時待ち合わせとしました。僕は興味のあった谷川岳馬蹄形縦走にチャレンジで一足早く土合から白毛門回りで谷川岳頂上へ向かうこととしました(汗)。

金曜夜は大急ぎで翌日朝昼のお弁当を作ってCR-Vで出撃です。水上にある道の駅に0時半頃辿り着き速攻でビールを飲(や)って寝ました。

9月に入り日の出も遅く4時起床のつもりが思いっきり寝過ごしてしまいました。5時頃慌てて起きて作っておいた弁当を食べて土合駅に向かいます。土合駅で最後の準備を整えて予定より約1時間遅い5時44分スタートとなりました。

土合からオキの耳まではコースタイムで約14時間の長丁場です。僕のこれまでの経験では休憩も含めコースタイムの60%~70%なのですが、1時間出遅れてしまったので14時まで8時間しか無くかなり厳しいものがあります。しかし待ち合わせ時間は動かしようがないので行くしかありません。

20090905-1.jpg

土合橋の登山口から白毛門まではいきなりの急登が始まります。流石に駆け上がれませんが、どんどん登っていって心拍数は146~150bpmキープです。心拍数的にはもう一段上の156bpm程度まで上げられるかもしれませんが、呼吸も結構苦しく感じたので無理する訳にもいかず、このペースを維持して登ります。途中先行者を何組か追い越し、樹林帯も抜け岩場をクリアするとひょっこりと白毛門の山頂に到着しました。

白毛門までは是が非でも2時間は切りたいと思っていたのですが、これはなかなか素敵なタイムです。登降速も700m/hを切るくらいなので、ほぼ僕のベストの登る早さです。登山では早い人で1時間に600mくらいで登るので、このくらいで登れれば十分です。白毛門山頂は既にガスの中に入っていて展望はなかったので、写真を撮ってそそくさと出発しました。

以後は雲中トレイルを次のピークへ向かいます。笠ヶ岳、朝日岳までは大したアップダウンもなく順調です。朝日岳から先は木道も現れ走りやすくなりました。途中の巻機山への分岐で、例の「難路、登山道なし」の看板に??と思いながら先を進みます。

20090905-2.jpgウメバチソウ

分岐を過ぎると清水峠への下りとなり順調に高度を下げます。高度を下げると雲の下に出て、清水峠の避難小屋と鉄塔が望まれます。振り返るとこれまで通ってきたピークは未だ雲の中でした。

清水峠はオキの耳までのちょうど半分となるチェックポイントで、ここまで4時間を切るなかなかナイスなタイムで着しました。未だ時間は十分あるので、あらかじめ調べておいた水場を目指して一旦土合側に下っていきました。数分で直ぐに水の流れがありましたが、イマイチ水が綺麗そうでなかったので上流に分け入ると石清水となって滴っているところがあったので、そこで腹一杯水を飲んで、念のため空になった500mlペットボトルに水を補給しました。

10時前には清水峠を出発し後半戦に入りました。峠なのでいきなりの登りからとなりますが難なくクリアし、七ツ小屋山を越えて先を急ぎます。この辺りはクマザサが綺麗に刈り払われておりとても気持ちの良いトレイルが続きました。

20090905-3.jpg清水峠を振り返る。

11時前にひょっこり蓬峠の蓬(よもぎ)ヒュッテに到着し、ここでゆっくり腰を下ろして漢のお弁当を半分頬張ります。このままのペースを維持できれば13時30分頃、まあ最後ペースが落ちても待ち合わせ時間の14時には間に合いそうな目処もたったので漸く少し安心しました。

20090905-4.jpg蓬峠を振り返る。右奥は清水峠。

朝日岳から蓬峠までは本当に気持ちの良いトレイルが続いたのですが、ここから茂倉岳までは登山道も草に覆われて歩きにくくなります。さらにここから柴倉岳までは高度で400m上げなければならないので最後の試練です。途中から再びガスの中に入り高度を稼ぎますがなかなか頂上に辿り着きません。最後の登りにペースダウンも心配しましたが、無事12時35分に本日の最高点である茂倉岳に辿り着きました。もう残りはコースタイムで進めば待ち合わせに間に合います。

ここからはペースも少し落として一ノ倉岳まで進みます。一ノ倉岳から先は岩岩してきて進みにくくなりますが、黙々と進み奥の院を抜け谷川岳の主峰であるオキの耳に辿り着きました。ここまで7時間50分でコースタイムの57%は我ながら素敵な時間でした。

さて、頂上には未だ同行者は着いていないようだったので、漢のお弁当の残りを頬張りながら待っていると間もなく同行者も現れました。ここで遅ればせながら私設エイドも開設され、のんびり休憩タイムとなりました。

ここからは天神平経由でのんびり下ります。天神平分岐付近でトイレに行きたくなったので、一旦同行者と別れてロープウエー乗り場のトイレに寄り道してしまいました(汗)、すっきりして同行者に追いつくために尾根を駆け下りる途中に、脚が引っかかって下り坂で前につんのめって転けた時は焦りました(冷や汗)。まあでも怪我もなく無事同行者に追いついて後はゆっくり土合駅へと戻りました。

メモ

・フリースを持って行くか悩んだが、標高も2000m程度だったので無くても大丈夫だった。

ペプシ350ml(天神平):150円
テルメ谷川:550円

9月ラン継続中

帰りがけに少し話し込んでしまったので帰宅は20時を過ぎていました。

今日も距離を踏みたいなと思っていましたが、時間も遅いし空腹感もあったのでまあ10km、がんばって13kmくらい走れれば昨日のと合わせて30kmを越えるなとか思いながらの出走です。

昨日の走りの疲労感もあるので余りペースは上がりません。坦々と前に進むのみです。

昨日と同じ田土部駅コースを進み途中でリターンかなと思って走りましたが、走ってみると何とかなりそうです。夕食が遅くなるけどまあいいか、行けそうだから行っちゃえ的に今日も田土部駅にタッチしました。

ここまで来れば折角だから90分走にしたいところです。昨日は曲がる信号を行きすぎてしまってそのお陰で90分走となりましたが、今日はしっかりいつもの信号を右に曲がって戻ってきました。う~ん、このままだとギリギリ90分に足りないんだよなあと思いながら走りますが、後半もペースは上がりません。この街の中心に戻ってくると昨日よりもペースが遅かったのでちょうど90分を越えたところでした(汗)。

ということで、本日も無事90分LSDとなりました。

先月は10kmがやっとで、必死に12km1時間走るって感じでしたが、ペースは兎も角90分走ることに精神的抵抗がなくなってきました。体力的には未だ未だって感じですが、何はともあれ涼しさも手伝って長く走れるようになってきたことが嬉しいです。

LSD90分 16.9km 1:31:56 (5:25/km) HR135bpm 1247kcal
コース:田土部(たどべ)駅コース

本日16.9km/今月走距離34.2km

9月ラン始動

今日から9月です。

7月に余り走らなかった余波もあって、8月は(暑かったこともありますが)走り込みはイマイチでした。週末もヤル気満々だったのですが、結局走ることもなくグルメツアーで、寺泊で海鮮丼を食ったり栃尾のあぶらげを食べたり八海会館でへぎそばを爆食しました。

リバウンドまっしぐらです(泪)。

昨日は台風通過の大雨で走れず(ニッコリ)、これで土日月の3日間の休養後の本日ランニングでした。何となく躰の重さ(何となく?)を感じながらも今日はがんばって出走しました。今日はりんりんロードにタッチするコースとしました。このタッチする場所ですが、色々とググってみると旧田土部駅のようです。相変わらずからだが重いのですが何とか旧田土部駅に辿り着いて、ここからリターンとなりますが、風も追い風となって何とかセンターまで戻ってきました。

このまま戻ると1時間30分に少し足りないくらいなので、ちょっとグルグル回って1時間30分ランにしたいなあと思いながら走っていると、右に曲がる信号をそのまま走りすぎてしまいました(汗)。あの信号を右折と思いながらも何だか変だなと思って走っていると、矢っ張り間違っていました(大汗)。

結局間違ったコースを折角だからとグルグルして戻ってくると本日90分LSDとなりました。

LSD90分 17.3km 1:31:22 (5:18/km) HR138bpm 1272kcal
コース:田土部(たどべ)駅コース

本日17.3km/今月走距離17.3km
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。