スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車

sIMG_4859.jpg

クロネコヤマトは普段よく使う配送業者です。

夜の時間指定では、他社は19時から21時までとか、18時から21時までとかで、仕事がある日は微妙な時間なのです。その点、クロネコヤマトは20時~21時が指定できるのが便利ですね。

クロネコメンバーに登録しておくと、配送があるときは事前にメールで知らせてくれます。この時点で、配送時間に問題があればネット経由で変更ができます。

ANAの宅配便はクロネコヤマトが運んでくれます。楽天ショッピングでもクロネコヤマトを使っているショップで買い物すると便利ですね。

そんなクロネコヤマトですが、何か知らない間にクロネコポイントが150pt溜まっていました。そしてその内10ptが間もなく有効期限切れとなってます。

それならばと、ポイントを何か景品に交換できないか調べてみると、ありました!

今回交換したのが、クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車です。

sIMG_4856.jpg

ミニカー収集が趣味というわけではありませんが、何かこんなのがあるとウキウキしてきます。

sIMG_4858.jpg

ネットショッピングをよく利用するなら、クロネコポイント要確認です。

今度はクール宅急便車が欲しいな♪
スポンサーサイト

ドコモiPhone5Sを買いますか?

9月に入ると、複数のメディアが「ドコモからiPhone発売へ」と報じました。これに対し、ドコモはただちに「現時点において、開示すべき決定した事実はございません」と発表しています。ここでドコモは、iPhoneを発売しないとは一言も言っていないのです。この発表の意味は、「開示すべきものはない」と言っているだけと考えるべきでしょう。「今は開示できないが、決定した事実はあるかもしれない」のです。

アップルのイベントも近づき、いよいよというべきが、やっとというべきが、iPhone5Sがドコモから出るのは確実なのでしょう。

僕は現在ソフトバンクiPhone5です。5が出たときauに乗り換えそうになりました。でもauよりは孫社長のソフトバンクが好きだから、応援したい。iPhone5予約では、auも予約を入れてしまいましたが思いとどまり、そして乗り換えることもなく現在に至っています。

企業として観たとき、ソフトバンクの米国スプリント買収など、その果敢な挑戦は応援しているのです。

しかし、現在の日本国内での携帯インフラを考えたとき、僕の使い方ではドコモに軍配が上がるのも事実です。

これはあくまで、殆ど使っていないドコモ携帯を所有しつつ、ソフトバンクiPhoneを使っている僕の場合の話です。また、テザリング以前はドコモ通信網を利用した日本通信ポケットwi-fi使いでした。auは利用したことがないため、比較はソフトバンクとドコモです。

考慮することは何点かあります。

・LTE速度

3GからLTEへの移行において、ドコモXiはソフトバンクLTEの後塵を拝しているように見受けられます。

データ通信は早いに越したことはありませんが、日々の生活の中で大量のデータ通信をするなら、今の段階ではソフトバンクでしょう。でも、僕は巨大データのダウンロードなどはiPhoneを使っては行いません。自宅でも光など必要なくADSLで十分なのです。

僕の場合は通信速度はあまり重要視していないのです。

それに、LTEを使うとバッテリーの消耗も激しいし。。

・通信通話エリアの広さ

この点について、ドコモは圧倒的です。

ソフトバンクはプラチナバンドを獲得し、繋がりやすさは格段に改善されたように感じています。auへの乗り換えを踏みとどまった理由もここにあります。

人のたくさんいる場所ならソフトバンクで充分です。

しかし、僕は山に登ったり、旅行でいろんなところに行ったりします。そして、そこでネットを利用したいのです。

そんなとき、ソフトバンクはエリア外でも、ドコモはアンテナがバッチリ立っていて、通信も電話も問題ありません。

僻地に行くこともなく、もっぱら市街地が生活圏内ならソフトバンクで問題ありません。というか、ソフトバンクの方が利便性が向上しているかもしれません。

しかし通信通話エリアという点では、ドコモは圧倒的です。

・利用料金

これは、iPhone解禁ドコモが新たな料金プランを出してくるのか現時点では不明ですが、今の状況では、ドコモの方が月々の支払いが多くなりそうです。


これらを考えて、さてどうするか。ドコモでしょう。

iPhone5Sは欲しいのはそうなのですが、今回はスキップするつもりでした。しかし、ドコモが出すなら買っちゃいそうです ヽ(´∀`)ノ

2013年北アルプス縦走4日目

IMG_0196.png IMG_0197.png

コース:五色ヶ原山荘-一の越-室堂乗越-一の越-黒部湖
天気:晴れ
9時間57分:(コースタイム13時間15分の75%)

05:59 五色ヶ原山荘
| 1:27(コースタイム2:05)
07:26/07:32 獅子岳
| 1:16(2:50)
08:48 一ノ越
| 1:32(2:00)
10:20/10:38 室堂乗越
| 1:57(2:20)
12:35/12:50 一ノ越
| 0:40(1:00)
13:30 東一ノ越
| 2:26(3:00)
15:56 黒部湖

sIMG_9838.jpg

山には入って4日目にしてやっと晴れました。

これから晴天が続きそうです。当初は剱沢雪渓を下り水平歩道を通って祖母谷温泉から清水尾根と目論んでいましたが、天気が良いなら話は違います。水平歩道も心惹かれますが、昨日まで雨で花を楽しめていませんから、天気が良いなら是非花を楽しみたいところです。今回はルートを変更することにしました。

黒部湖へ下って一旦白馬に投宿し、明日白馬岳を目指しましょう。

朝の五色ヶ原の写真を撮って出発です。

sDSC_3260.jpg

sIMG_4603.jpg

これがイワギキョウですね。

sIMG_4605.jpg

先ずはザラ峠を越えて、獅子岳への急登に取り付きます。いきなり目の前に立ちはだかる急登に圧倒されますが、標高差では350m程度です。登り30分~40分ってところでしょう。ここは黙々と登るだけです。

獅子だけからはこれまで歩いてきた山々と、これから歩く山々が全て見渡せます。

sIMG_4612.jpg

sIMG_4613.jpg

獅子岳を越えると雪渓を越える箇所がありますが、ステップが切ってあり、何の問題もありませんでした。

sIMG_4615.jpg

一ノ越には9時前に到着です。

ここで直ぐに黒部湖へは下らず、室堂乗越を目指しましょう。一旦雷鳥沢に下って新室堂乗越へ登り返します。新室堂乗越直下に雪渓がべっとりくっついていて、端から見てると結構危険そうです。。

しかし人が通っているのが見え、まあ、何とかなるのでしょう。

sIMG_4620.jpg

雪渓はステップがあり、アイゼン無しで問題ありませんでした。

速攻で室堂乗越にやってきました。ここでタテヤマチングルマを探します。しかし、残念ながら見つけることができませんでした(号涙)。

でもチングルマは綺麗に咲いていました。

sIMG_4625.jpg

気を取り直して、来た道を一ノ越へと引き返します。

長いトラバース道で、結構へばってきました。水も足りないなあ。

一ノ越山荘に戻って一休みです。回りは登山の小学生がたくさんいました。天気も良く結構暑いです。よく冷えたCCレモン300円を購入して喉を潤しましょう。生き返るねえ♪

一心地着いた所で、最後の下りで黒部湖を目指します。

トラバース気味に東一ノ越まで行き、タンボ沢を下ります。

不意に雷鳥が現れてビックリ。

sIMG_4629.jpg

アルペンルートと平行するこのトレイルは通る人もまばらなのですが、タンボ平辺りは、草が登山道に覆い被さり歩きにくいです。

倒木もあり、くぐり抜けたりして進むと枯れた沢に出ました。ここで左に折れて沢に下ったらダメだよなと思い込んでしまって、そのまま藪の中に突っ込んで行ってしまいました。

足下は踏み跡らしきものがあり、根性の藪こぎです。ひゃー、急に道が荒れたなあ。

菓子パンの空き袋が捨てられており、ここが登山道の証拠だなと言い聞かせ、更に藪こぎします。

道は更に不明瞭になり、これはルートが違うなと気づき、藪の中を登り返します。

きゃー、結構厳しい。こういう時って通ってきた道が分からなくなったりするんだよなあ。

危険な状態になる所でしたが、間違いに気付くのも早く、さっきの空き袋も良い印となりました。

無事藪を脱出し、下ってはいけないと思い込んだ沢っぽい所を下ります。

暫く行って、こちらが正しいルートと確信し安堵の一瞬でした。

黒部平を過ぎ、黒部湖に降りればゴールは間近です。ダム沿いに進んで、トロリーバス乗り場に到着しました。

黒部ダムからはトロリーバスで扇沢に移動して、ターミナルで黒部ダムカレーを探しますが、残念ながらレストランは営業時間が終了していました。

ターミナルを出るとちょうど信濃大町行きのバスが出る所でした。

バスの中でポチって今晩の宿を確保しました。信濃大町駅では次の電車までの間に、駅そばを食べて一心地つきました。

sIMG_9842.jpg

白馬駅からはバスもなく、八方まで歩いて宿にチェックイン。洗濯と家に送り返す荷物作りをして、明日に備えました。












2013年北アルプス縦走3日目

IMG_0189.png IMG_0190.png

コース:薬師岳山荘-薬師岳-スゴ乗越小屋-五色ヶ原山荘
天気:朝方雨、のち曇り
時間:8時間35分(コースタイム9時間40分の88%)

05:03 薬師岳山荘
| 0:42(コースタイム1:00)
05:45 薬師岳
| 2:42(2:30)
08:27/08:43 スゴ乗越小屋
| 2:35(3:20)
11:18/11:29 越中沢岳
| 1:59(2:50)
13:38 五色ヶ原山荘

今日はいよいよスゴ乗越を越えます。

薬師岳から五色ヶ原へのルートは歩きたいと思いながら、なかなか実行できなかったトレイルです。未知数のコースのため、長時間になるかもしれないから、朝食は弁当にしてもらっていました。

外は相変わらずのガスです。薬師岳は最初頂上も見えていましたが、僕がピークに着く前にガスに包まれてしまいました。ガスの薬師岳で長居をしても仕様がありませんから先を急ぎましょう。

sIMG_4586.jpg

北薬師辺りでは雨も降り出してきました。今日もテンション下がりますが、行くしかありません。

スゴ乗越小屋辺りで雨もやみ、ここで朝食の弁当を食べました。

sIMG_4589.jpg

ここから五色ヶ原まではスゴの頭、越中沢岳、蔦岳と三つのピークを越えなければなりません。登り返しは標高200mとか300mだからたいしたことはないと自分に言い聞かせます。ただ目の前のピークを目指すだけです。

今日も花だけが心を癒してくれました。

sIMG_4595.jpg

sIMG_4596.jpg

五色ヶ原山荘には13時30分ごろに着きました。この時間なら元気であれば、少なくとも一ノ越、できれば雷鳥沢を目指すべきですが、疲労&エネルギー切れで心は折れていました。

今日は五色ヶ原山荘にしましょう。

さて、そうと決まれば、五色ヶ原山荘といえばお風呂です♪男女30分入れ替え制です。お湯を沸かすボイラーの廃熱を利用した乾燥室もありました。

濡れたシューズと服も乾き、石けんは使えませんが身体も綺麗になってサッパリです。

風呂上がりのビールでのんびり過ごし、夕食採ってこの日は終わりました。

sIMG_9837.jpg












2013年北アルプス縦走2日目

IMG_0172.png IMG_0173.png


コース:三俣山荘-黒部五郎岳-太郎平-薬師岳山荘
天気:雨のち曇り
時間:9時間13分(コースタイム11時間25分の81%)

06:11 三俣山荘
| 0:43(コースタイム1:00)
06:54 三俣蓮華岳
| 1:12(1:30)
08:06 黒部五郎小屋
| 2:01(2:30)
10:07/10:09 黒部五郎岳
| 3:51(4:15)
14:00 太郎平
| 1:25(2:10)
15:25 薬師岳山荘

sIMG_9831.jpg

朝から雨です。。テンションだだ下がり。。

三俣山荘に連泊したい気分でしたが、他の登山者はどんどん出発していきます。

今日は黒部五郎小屋まで移動すれば充分かなと弱気な気分で山荘を出発しました。

ガスと雨の三俣蓮華岳は通過するだけです。

ここから黒部五郎小屋へは、結構走りやすいトレイルでした。相変わらずテンションだだ下がりでしたが、不意に現れた雷鳥に心が癒されます。

sIMG_4574.jpg

歩き始めれば、体調は良い感じです。9時前には黒部五郎小屋についてしまいました。ここで今日の行動を打ち切るのも気が引けます。次ぎの太郎平小屋を目指しましょう。

sIMG_4580.jpg

晴れていればスーパー気持ちの良い黒部五郎のカールも雨では景色も楽しめません。ここも凄かったコバイケソウの大群落だけが気持ちを癒してくれました。

sIMG_4581.jpg

一応、黒部五郎岳のピークも踏んでおきましょう。

ここからは、時折雨も強くなります。いつの間にかシューズの中まで水浸しでぐっしょりでした(号泣)。

結局この日もアルファ米は食べませんでした。そのため後半はエネルギー不足状態となってしまいました。この辺りも晴れていれば気持ちよく走れそうなのにな。

太郎平小屋についたのは14時です。こんな早い時間に行動を打ち切るわけにはいきません。この時間なら薬師岳山荘まで行けそうです。心は折れかけていましたが、できるだけ先に進んでおきたい。

sIMG_4584.jpg

意を決して出発、最後の力を振り絞って薬師岳山荘に辿り着きました。

薬師岳山荘は最近建て替えたようで、とても綺麗な山荘です。夕食には天ぷらもあり満足、ここまでがんばって良かった。

sIMG_9832.jpg











2013年北アルプス縦走1日目

IMG_0166.png IMG_0167.png

コース:上高地-横尾-槍ヶ岳山荘-双六小屋-三俣山荘
天気:曇り、槍ヶ岳近辺雨
時間:11時間20分(コースタイム16時間20分の69%)

05:30 上高地
| 1:39(コースタイム3:10)
07:09/07:17 横尾
| 0:58(1:40)
08:15/08:21 鎗沢ロッジ
| 3:23(5:30)
11:44/11:57 槍ヶ岳山荘
| 3:00(3:40)
14:57/15:04 双六小屋
| 1:46(2:20)
16:50 三俣山荘

今回は車を使わず入山と下山を別の場所にした縦走を計画しました。

バス(というか公共交通機関)を利用した北アルプスは初めてです。今回は毎日アルペン号の3列シートを予約しました。完全にフラットになるわけではありませんでしたが、やはり隣を気にせず眠れるのが良いですね。途中のSA休憩で目が覚めるときがあったくらいで、睡眠は充分とれました。

定刻よりちょっと早めに平湯温泉に到着し、そこから上高地行きのバスに乗り換え上高地入りです。

初日は長丁場です。できるだけ先に進みたいというのもあり、5時半にはスタートしました。

カッパ橋も未だこの時間は人がまばらです。奥穂高方面は雲の中。。

sIMG_4543.jpg

上高地からのルートは先ず、横尾までの長い林道から始まります。ここは走って時間を稼ぐべき所、重い荷物ではありますが、できるだけ走りました。

途中、軽装日帰りのトレイルランナーに抜かれたりしましたが、こちらは縦走装備+余計な荷物(汗)で、まあこんなものでしょう。

ほぼコースタイムの半分で横尾に到着し、なかなか良い感じです。

ここから鎗沢ロッジまでもだらだらとした登りが続き、比較的走れます。

鎗沢ロッジを過ぎれば次第に斜度が増してきます。ここで雨がポツポツ降ってきました(涙)。

この辺りから、ハンガーノック状態となりペースはがくんと落ちてしまいました。

何とか槍ヶ岳山荘まで辿り着きましたが、ガスで鎗の穂先も見えず、ピークはパスしました。(助かった!)

あんぱんでエネルギーを補給し先を急ぎましょう。西鎌尾根を下って行くのですが、ペースは上がらず厳しい状態が続きます。

そんな中、しっとりと濡れた花が和ませてくれました。

sIMG_4557.jpg

sIMG_4561.jpg

今年はコバイケソウが沢山咲いてます。

sIMG_4559.jpg

西鎌尾根は最初の急登を下れば結構走れるコースなのですが、エネルギー不足は解消せず、双六小屋には何とか3時前に辿り着きました。

うーん、この時間なら、先を目指さなければなりません。

元気なら、双六小屋から三俣山荘までは走れば1時間ちょっと、黒部五郎小屋までも3時間はかからないと思うのですが、もうバテバテで時間がかかりそうです。黒部五郎小屋は諦め、巻き道を通って三俣山荘を目指すこととしました。

今年はコバイケソウの当たり年のようで、巻き道はコバイケソウだらけで大変なことになっていました。

三俣山荘に辿り着いたのは17時前で、もうヘロヘロです。

小屋の夕食はジビエのシチューでした。結構臭みがあり、苦手な人もいるかもしれません。僕は大丈夫でしたが。

sIMG_9830.jpg

小屋は最初布団2枚に3人と割り当てられましたが、スペースに余裕があり、布団1枚に一人で眠ることができました。










プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。