スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

谷川岳馬蹄形縦走

谷川岳馬蹄形縦走

20090905-0.jpg

日程:2009/9/5
メンバー:赤い彗星
ルート:土合駅-白毛門-笠ヶ岳-朝日岳-清水峠-七ツ小屋山-蓬峠-茂倉岳-一ノ倉岳-谷川岳-天神平-土合駅
距離:28.8km
所要時間:11時間22分(コースタイム17時間、コースタイムの67%)

28.8km 11:22:28 HRave127bpm 3542kcal

装備
ザック:Gregory リアクター
シューズ:モントレイル・ハードロックミッド
ウエア:TNF Ultra Zipup s/s、Millet パンツ、モンベルスパッツ、SKINS パワースリーブ
その他ウエア:TNF長袖シャツ、TNFゴア雨具上下
水分:水2000ml、アミノバリュー500ml、清水峠で水500ml補給、天神平でペプシ350ml
食料:レーズンブレッド、あんパン、漢の弁当、(以下食べず)サツマイモパン、アーモンドチョコレート、パワージェル*2
カメラ:キヤノン IXY Digital 910IS
その他装備:山と高原地図「谷川岳」、Garmin Forerunner 310XT、Legend Cx、現金

ルート詳細

05:44 土合駅 (673m) 0km
| 0.8km (0:07)
05:51 土合橋登山口 (700m) 0.8km
| 2.9km (1:29)
07:20/23 白毛門 (1731m) 3.7km
| 1.4km (0:30)
07:53/55 笠ヶ岳 (1860m) 5.1km
| 1.7km (0:40)
08:35/38 朝日岳 (1952m) 6.8km
| 3.7km (1:00)
09:38/45 清水峠 (1457m) 10.5km
| 0.2km (0:03)
水場 09:48/50 (1447m) 10.7km
| 0.2km (0:04)
09:54/55 清水峠 (1458m) 10.9km
| 1.6km (0:30)
10:25 七ツ小屋山 (1680m) 12.5km
| 2.0km (0:29)
10:54/11:04 蓬峠 (1437m) 14.5km
| 4.0km (1:31)
12:35 茂倉岳 (1983m) 18.5km
| 0.7km (0:18)
12:53/55 一ノ倉岳 (1978m) 19.2km
| 1.3km (0:39)
13:34/53 谷川岳(オキの耳)(1972m) 20.5km
| 0.4km (0:13)
14:06/17 トマの耳 (1965m) 20.9km
| 3.2km (1:32)
15:49/55 天神平 (1316m) 24.1km
| 4.7km (1:17)
17:12 土合駅 (675m) 28.8km

温泉
テルメ谷川:550円



今年の目標レースである10月のハセツネに向けてもう一ヶ月とちょっとしかありません。しかし今年は未だトレイルのレースにも出ていないし、山で追い込んでいないしで、是が非でも山に出撃です。幸い今週末は天気も何とかなりそうです。同行者が谷川岳に登りたいと言っていましたが、青春18きっぷで行って普通に土合から谷川岳ピストンだと言うので頂上14時待ち合わせとしました。僕は興味のあった谷川岳馬蹄形縦走にチャレンジで一足早く土合から白毛門回りで谷川岳頂上へ向かうこととしました(汗)。

金曜夜は大急ぎで翌日朝昼のお弁当を作ってCR-Vで出撃です。水上にある道の駅に0時半頃辿り着き速攻でビールを飲(や)って寝ました。

9月に入り日の出も遅く4時起床のつもりが思いっきり寝過ごしてしまいました。5時頃慌てて起きて作っておいた弁当を食べて土合駅に向かいます。土合駅で最後の準備を整えて予定より約1時間遅い5時44分スタートとなりました。

土合からオキの耳まではコースタイムで約14時間の長丁場です。僕のこれまでの経験では休憩も含めコースタイムの60%~70%なのですが、1時間出遅れてしまったので14時まで8時間しか無くかなり厳しいものがあります。しかし待ち合わせ時間は動かしようがないので行くしかありません。

20090905-1.jpg

土合橋の登山口から白毛門まではいきなりの急登が始まります。流石に駆け上がれませんが、どんどん登っていって心拍数は146~150bpmキープです。心拍数的にはもう一段上の156bpm程度まで上げられるかもしれませんが、呼吸も結構苦しく感じたので無理する訳にもいかず、このペースを維持して登ります。途中先行者を何組か追い越し、樹林帯も抜け岩場をクリアするとひょっこりと白毛門の山頂に到着しました。

白毛門までは是が非でも2時間は切りたいと思っていたのですが、これはなかなか素敵なタイムです。登降速も700m/hを切るくらいなので、ほぼ僕のベストの登る早さです。登山では早い人で1時間に600mくらいで登るので、このくらいで登れれば十分です。白毛門山頂は既にガスの中に入っていて展望はなかったので、写真を撮ってそそくさと出発しました。

以後は雲中トレイルを次のピークへ向かいます。笠ヶ岳、朝日岳までは大したアップダウンもなく順調です。朝日岳から先は木道も現れ走りやすくなりました。途中の巻機山への分岐で、例の「難路、登山道なし」の看板に??と思いながら先を進みます。

20090905-2.jpgウメバチソウ

分岐を過ぎると清水峠への下りとなり順調に高度を下げます。高度を下げると雲の下に出て、清水峠の避難小屋と鉄塔が望まれます。振り返るとこれまで通ってきたピークは未だ雲の中でした。

清水峠はオキの耳までのちょうど半分となるチェックポイントで、ここまで4時間を切るなかなかナイスなタイムで着しました。未だ時間は十分あるので、あらかじめ調べておいた水場を目指して一旦土合側に下っていきました。数分で直ぐに水の流れがありましたが、イマイチ水が綺麗そうでなかったので上流に分け入ると石清水となって滴っているところがあったので、そこで腹一杯水を飲んで、念のため空になった500mlペットボトルに水を補給しました。

10時前には清水峠を出発し後半戦に入りました。峠なのでいきなりの登りからとなりますが難なくクリアし、七ツ小屋山を越えて先を急ぎます。この辺りはクマザサが綺麗に刈り払われておりとても気持ちの良いトレイルが続きました。

20090905-3.jpg清水峠を振り返る。

11時前にひょっこり蓬峠の蓬(よもぎ)ヒュッテに到着し、ここでゆっくり腰を下ろして漢のお弁当を半分頬張ります。このままのペースを維持できれば13時30分頃、まあ最後ペースが落ちても待ち合わせ時間の14時には間に合いそうな目処もたったので漸く少し安心しました。

20090905-4.jpg蓬峠を振り返る。右奥は清水峠。

朝日岳から蓬峠までは本当に気持ちの良いトレイルが続いたのですが、ここから茂倉岳までは登山道も草に覆われて歩きにくくなります。さらにここから柴倉岳までは高度で400m上げなければならないので最後の試練です。途中から再びガスの中に入り高度を稼ぎますがなかなか頂上に辿り着きません。最後の登りにペースダウンも心配しましたが、無事12時35分に本日の最高点である茂倉岳に辿り着きました。もう残りはコースタイムで進めば待ち合わせに間に合います。

ここからはペースも少し落として一ノ倉岳まで進みます。一ノ倉岳から先は岩岩してきて進みにくくなりますが、黙々と進み奥の院を抜け谷川岳の主峰であるオキの耳に辿り着きました。ここまで7時間50分でコースタイムの57%は我ながら素敵な時間でした。

さて、頂上には未だ同行者は着いていないようだったので、漢のお弁当の残りを頬張りながら待っていると間もなく同行者も現れました。ここで遅ればせながら私設エイドも開設され、のんびり休憩タイムとなりました。

ここからは天神平経由でのんびり下ります。天神平分岐付近でトイレに行きたくなったので、一旦同行者と別れてロープウエー乗り場のトイレに寄り道してしまいました(汗)、すっきりして同行者に追いつくために尾根を駆け下りる途中に、脚が引っかかって下り坂で前につんのめって転けた時は焦りました(冷や汗)。まあでも怪我もなく無事同行者に追いついて後はゆっくり土合駅へと戻りました。

メモ

・フリースを持って行くか悩んだが、標高も2000m程度だったので無くても大丈夫だった。

ペプシ350ml(天神平):150円
テルメ谷川:550円
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(310XT使用感 2)
次のページ(9月ラン継続中)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。