2009/1/10 北海道湯治旅 1日目 鶴の湯温泉

10時55分発のTX快速だとちょうど浜松町で空港快速モノレールに乗り継げて、12時25分頃空港に着いた。早速チェックインで早い便への変更をお願いし13時発のNH65便をゲット、序でにプレミアムシートの空席待ちをかました。NH65便は天候調査中だったが、ちょうど放送が入り新千歳空港に着陸できない場合は羽田へ折り返す条件付となった。去年末新千歳空港が雪のため閉鎖になるニュースを何度も人ごとで見ていたが、不思議と自分は今日絶対都道出来るという自信があった(謎)。それでも引き返したときの行動についてはあれこれシミュレーションしたりとか。こういうアクシデントもわくわく。折角今朝予約した宿にお断りの電話をしなければならないのが、ちょっと気が引ける鴨。

なかなか空席待ちの結果が分からなかったが無事プレミアムシート1K席を獲得、NH65便は機内整備遅れのため10分遅れとなった。東京は快晴で、東京湾上空からはその先に双児峰の筑波山が望まれた。機内では日経新聞や本なぞ読んでのんびり、軽食も大変美味しく頂いた。今日は車の運転があるのでビールが飲めなかったのがちょっと残念だった。今日はプレミアムシートにアップグレードしない方が良かった鴨とか思ったが、もしかしたら羽田発札幌遊覧羽田着の3時間以上の飛行もあり得る訳で、その場合は広々シートの方が良いでしょう。

飛行機は順調に降下を開始したが、いつまでたっても着陸する気配はなかった。雲の中で窓から外の視界も全く無く、自分は今どこにいるのだろう。間もなく機内アナウンスがあり、新千歳空港は雪のため、滑走路一つが閉鎖中で現在除雪作業中とのことで、この飛行機の着陸は7番目とのことだった。そうか、現在千歳の手前で少なくとも飛行機が7機グルグル回っているんだ。予定では14時35分頃着陸態勢に入るとのことだったが、相変わらず窓の白は真っ白だった。やっとで視界が開けるとちょうど室蘭港上空で、車輪を出したところでやっと着陸を確信し一安心した。

結局NH65便は2時間かかって千歳に到着。あれこれした後、車で今晩のお宿へ。R36から早来方面へ曲がる道を間違えて暗い中かなり焦ったが何とか鶴の湯温泉に辿り着いた。

鶴の湯温泉は、お湯は茶色でちょっとヌルヌル系は、とても良く温まるお湯だった。
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(2009/1/11 北海道湯治旅 2日目 虎杖浜温泉)
次のページ(筋肉痛)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき