スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

鹿島槍ヶ岳 (2009/10/17-18)

鹿島槍ヶ岳

20091018-3.jpg

日程:2009/10/17-18
ルート:扇沢-種池山荘-爺ヶ岳-冷池山荘(泊)-鹿島槍ヶ岳-冷池山荘-爺ヶ岳-種池山荘-扇沢-大町温泉郷
所要時間:1日目3時間1分(山と高原地図コースタイム:5時間50分、コースタイム52の%)
2日目 6時間56分
5時間37分(山と高原地図コースタイム:8時間20分、コースタイムの67%)

10kmジョグ

装備
ザック:TNF TERRA40
シューズ:モントレイルハードロックミッド
ウエア:TNF長袖ジップアップ、ミレーパンツ、スパッツ、TNFゴアテックス雨具
予備ウエア:フェニックスアンダーウエア、TNF長袖ジップアップ、TNF厚手フリース、TNFショートパンツ、下着、靴下
カメラ:Lumix LX3、Nikon D700、AF 28mm F2.8、AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm ED F4.5-5.6G(IF)
食料:おにぎり2個、くるみパン1個、あんドーナツ1個、韓国羊羹2個、キットカット4個
水分:水500ml、アクエリアス900ml
その他装備:6本爪軽アイゼン、ヘッドライト、ハンドライト、手拭い、昭文社山と高原地図「鹿島槍ヶ岳」、eTrex Legend Cx、現金

ルート詳細

1日目 (2009/10/17)

20091017-0.jpg

10:25 扇沢 (1356m) 0km
| (1:40)
12:05:/07 種池山荘 (2463m) 4.9km
| (0:40)
12:47/49 爺ヶ岳中峰 (2676m) 6.5km
| (0:36)
13:25 冷池山荘 (2424m) 8.4km

2日目 (2009/10/18)

20091018-0.jpg

05:13 冷池山荘 (2420m) 0km
| (0:36)
05:49/06:10 布引山 (2696m) 1.6km
| (0:33)
06:43/58 鹿島槍ヶ岳南峰 (2901m) 2.7km
| (0:21)
07:19/07:27 布引山 (2700m) 3.8km
| (0:33)
08:00/15 冷池山荘 (2435m) 5.7km
| (0:50)
09:05/07 爺ヶ岳中峰 (2677m) 7.7km
| (0:26)
09:33/41 種池山荘 (2462m) 9.3km
| (1:09)
10:50/11:06 扇沢 (1354m) 14.2km
| (1:03)
12:09 大町温泉郷 (829m) 24.4km



(1日目)

扇沢の登山口に付いたときは10時を過ぎていました。夕方雨が降る天気予報でしたが、今のところ何とかなりそうなのでGoです。冷池山荘の予約の電話を入れてスタートしました。

柏原新道は最初ケルンまでが結構急登ですが、未だ未だ元気一杯で登ります。ケルンから先はトラバース気味に種池山荘を目指しますが、傾斜も緩くなってくるので走れるところは走りました。1時間40分の素敵な時間で種池山荘に辿り着き、休憩もそこそこ爺ヶ岳を目指しました。

しかしここからがっつり疲れが出てきて余りペースが上がりません。爺ヶ岳は南峰、中峰と踏みますが、北峰は今回はパスしました。爺ヶ岳からは鹿島槍ヶ岳が望まれますが、今日行くのはちょっと厳しいかな。ここから冷乗越までの下りはもう脚の疲れがあって余りペースも上がりませんでした。それでも何とか扇沢から3時間1分で冷池山荘到着でした。

山荘で取り敢えずチェックインして、鹿島槍の様子を聞きます。鹿島槍は北峰と南峰があって、10年くらい前に五竜から縦走してきたとき北峰を踏み忘れていました。今回はその北峰を踏むのが第一の目的です。しかし、南峰から北峰、八峰キレットへと続くルートはもう雪の為危険だから行かない方が良いと受付のお姉さんに言われてしまいました。入口の張り紙にも「安易な気持ちで行かないように」と書いてありました。僕は安易だからなあ。でも命が惜しいのであっさり北峰は諦めました。そうなると、南峰は明日の朝天気がよいときに登りたいので今日の行動はこれで〆としました。

その後は小屋の漫画「岳」を1巻から7巻まで読破しました。この漫画は遭難の話ばっかりです。この夏北岳に登ったときも北岳山荘に「岳」があったのですが、その時は危機に瀕していた為この漫画が怖くて読めませんでした。今回は明日もそんなに危険なことは無いだろうと思われるので、のんびりビールを飲(や)りながら漫画三昧でした。

夕食は今日が小屋閉め最終日と言うことで缶ビールが一本振る舞われました♪ご飯もがっつり食べて明日に備えました。

(2日目)

4時30分に目覚ましが鳴る直前に目が覚めました。寒いなあ。。でもがんばって準備です。上着が雨合羽だったのですが、この時期もう冬用のウエアが良かった。。まだ弁当を食べる気分でなかったので朝食にくるみパンを半分頬張って、服は着れるだけ着込んで出撃です。外に出ると、南風が入り込んでいるのかそんなに寒く感じませんでした。助かった。。

5時10分、東の空がオレンジ色に変わりつつありますが、未だ暗い中ライトを頼りに出発しました。暗い中ですが、先週の夜間走があるのででんでん余裕です。稜線に出る頃にはダイブ辺りが明るくなってきました。途中の布引山と鹿島槍ヶ岳が綺麗に望まれますが、鹿島槍ヶ岳は真っ白です(汗)。一応6本爪軽アイゼンは持ってきたけど登れるかなあ。かなり弱気になってきました。

布引山に着いたときがちょうど日の出の時間だったので、ここで夜明けを待つことにしました。間もなく太陽が雲の下から顔を出します。富山県側からの風が強くじっとしていると寒くて仕方ありませんが、朝焼けに染まる鹿島槍ヶ岳はとっても素敵でした。

20091018-1.jpg

一頻りご来光と朝焼けの峰々を堪能した後は出発です。鹿島槍の雪は厳しそうだなあ、、綺麗な朝焼けに染まる鹿島槍ヶ岳を見たからここで撤退してももう満足かな。そう思いながらも脚は鹿島槍ヶ岳の方へ向いて歩き出していました。矢っ張り鹿島槍の頂上からその向こうの五竜や白馬岳を見てみたい。本当に危険だったらそこで引き返せばいいや、取り敢えず進もう。

20091018-2.jpg鹿島槍ヶ岳への登り

既に登山道はうっすらと1cmくらい雪がありましたが、全然問題ありません。相変わらず風が強く寒いのですが、夜も明けて陽の光もあったのでそんなに恐怖感もありません。間もなく鹿島槍南峰の最後の登りにさしかかり、積雪も3cm程度となってきましたが、危険箇所もなく余裕で鹿島槍ヶ岳南峰に一番乗りで着きました。

余裕だったなあ。鹿島槍からは白馬岳へ続く後立山の峰々、劔と立山、南の方へ向くと薬師や槍や穂高と、北アルプスの山々の大展望が広がる至福の光景でした。

いよいよ鹿島槍ヶ岳から「日本の尾根を下る」スタートです。最高の景色を堪能して元気一杯だったので、慎重にでもガンガンと下っていきます。後続の人達と挨拶を交わしつつ、一気に布引山まで下ってきました。振り返ると鹿島槍がどーんと聳えています。結局アイゼンも使うことなく済みました。

20091018-4.jpg

冷池山荘では、少しエネルギー補給をしつつ、フリースを脱いで下りに備えます。冷乗越からは爺ヶ岳への登り返しで少しペースが落ちましたが、一応爺ヶ岳中峰は踏んどきました。順調に種池山荘に辿り着き、ここでちょっと早いですが冷池山荘弁当のちらし寿司で昼食としました。

お腹も満たされたところで、柏原新道を一気に扇沢まで駆け下りました。柏原新道は去年の7月初旬に下っているのですが、その時は結構な下りだったように思ったのですが、今日は傾斜もそんなに急には感じず、余裕です1時間は切れませんでしたがなかなかナイスなタイムで駆け下りました。

扇沢の登山口でアンダータイツを脱いでこれからのランに備えます。ここからは大町温泉郷までジョグで下っていきます。7~8kmくらいかなあと思っていたのですが、この間10kmあって本日一番きつかったです。

反省点:
ストックを忘れた。1本でもあった方が安心感あり。
上着はゴア雨具でなく、冬用ウエアの方が良い。

温泉:
薬師の湯:500円(みそラーメン500円、もつ煮350円、ソフトクリーム250円)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(JL771便カルネ旅)
次のページ(Panasonic Lumix LX3を買った)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。