スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

シドニー2日目その2(ブルーマウンテンズでブッシュウォーク)

ブッシュウォーク(ウエントワースフォールズ)

20091021-1.jpg

日程:2009/10/21
ルート:ウエントワースフォールズ駅-ウエントワースフォールズ-バレーオブザウォーター-ウエントワースフォールズ
距離:13.5km
所要時間:3時間1分

装備
ザック:PAINE30L
シューズ:モントレイルハードロック
ウエア:TNF長袖ジップアップ、TNFAPEXパンツ
予備ウエア:TNFスワローテールジャケット、長袖シャツ
水分:水500ml、コカコーラ500ml
食料:
その他装備:Garmin Forerunner 310XT、現金、クレジットカード、パスポート、他

14:00 ウエントワースフォールズ駅
| 0:34 (チャールズダーウィンウォーク)
14:34/36 ウエントワースフォールズピクニックエリア
| 0:11 (ウエントワースフォールズトラック)
14:47 ウエントワースフォールズ上部
| 0:12 (ナショナルパス)
14:59/15:02 ウエントワースフォールズ中部
| 0:06 (ナショナルパス)
15:08 下部分岐
| 0:12 (スラックスステアーズ)
15:20/32 ウエントワースフォールズ下部
| 0:18 (スラックスステアーズ)
15:50 下部分岐
| 0:37 (ナショナルパス)
16:27 分岐
| 0:14 (メタルステアーズ、バレーオブザウォーター)
16:41/47コンサーベーションハット
| 0:14 (車道)
17:01 ウエントワースフォールズ駅



ウエントワースフォールズはマルコムが勧めてくれた場所だったので是非行きたかったのですが、時間が微妙になってきました。疲れたしもうかえろうかなと、ちょっと弱気になっていたのですが、電車が直ぐ来てしまいました。これはブッシュウォークの神様が是非ウエントワースフォールズにも行ってこいと言っています。

神様の導かれるままに。

ここはがんばります。

ウエントワースフォールズ駅に降りて先ずは飲み物の調達です。駅前にお店があったので、コカコーラ500mlを1本買ってエネルギー補給です。パンか何かも欲しかったのですが、これはというのがなかったのでそれは諦めました。

さあ、いよいよスタートです。昨日ブルースに地図をもらっていたのですが、駅前にもチャールズダーウィンウォークへの行き方が書いた地図があったので、迷うことはありません。

20091021-11.jpg

大きな通りを渡って進むと直ぐに公園へ抜ける道が始まりました。トイレの左手を抜ける筈なんだけどと進むと直ぐに左手にトイレがあって、その先にチャールズダーウィンウォークの入口がありました。

20091021-12.jpg

チャールズダーウィンウォークはクリーク(小河)に沿って進む道でとても気持ちの良いコースでした。小河はナメのせせらぎもあり素敵です。気持ちよく走っていくと、間もなく補修中で通行止めの印が。。

20091021-13.jpg

ここで一旦チャールズダーウィンウォークを離れて道路に出なければならなかったのですが、民家の横っちょをドンドン進んで行ってしまい少し道に迷ったのですが、何とかウエントワースフォールズピクニックエリアらしきところに出ました。

ここからいよいよウエントワースフォールズを目指して下っていきます。小河には小滝があり簾のように水が流れています。多分チャールズダーウィンウォークからの流れでしょう。

20091021-14.jpg

ドンドン進んで行くと再び流れに合流し、一枚岩の上を流れ落ちていました。下は見えませんでしたが其処がウエントワースフォールズの上部でした。

20091021-15.jpg 20091021-16.jpg

一旦流れを横切り、階段を下っていくとナショナルパスに合流しどんどん下降していきます。これから進むナショナルパスが望まれます。あそこを歩くのかな♪

20091021-17.jpg

間もなく滝に辿り着きました。大きなドームのような岩から流れ落ちる滝は圧巻で、とてもナイスな眺めでした。

来て良かった。

20091021-18.jpg

ここからはナショナルパスを更に進みます。コースは断崖をくりぬいて作られており、黒部の下廊下も真っ青です。

20091021-19.jpg

まさにクリフの横を進むコースはアメイジング!って感じでした。ナショナルパスを進むと直ぐに更に下へと進む道への分岐へとさしかかりました。ウエントワースフォールズ下部へはこっちとあります。

う~ん、これは行くしかないでしょう。

最も急な階段は後ろ向きに進んでねとありますドキドキ。

急な階段を下りていくとこんなのが出てきました。

20091021-21.jpg

流石にこれは後ろ向きに降りていくしかありません(汗)。確かに階段は急なので慣れてないとちょっと怖いかも。それと途中一ヶ所だけ大きな岩にロープが2本ぶら下がっているところがあって、1mくらいロープを頼りに下る場所がありました。難所はこの一ヶ所で後は注意すれば普通に大丈夫でした。

階段を下りきり滝の方へ向かっていくと、、とても素敵な空間が広がっていました。先ほど通ったところから更に下に流れ落ちる滝は、暗い滝壺へと流れ落ちており、神秘的な雰囲気が漂っています。カップルと男性一人も思い思いに静かなひとときを楽しんでいる風でした。僕も果敢に左に右に滝の縁まで寄っていって眺めを楽しみます(汗)。

20091021-22.jpg

うっとりしてしまいました。

20091021-23.jpg

ここは何か食べながら是非ゆっくりしたいところなのですが、生憎食料を持ち合わせていません(涙)。先を急ぐので後ろ髪引かれる思いで滝を後にしました。

再び急な階段を上り、一ヶ所ロープの垂れ下がった岩をよじ登って再びナショナルパスに復帰です。ここからは、件のクリフをくりぬいたコースをドンドン進みました。断崖に付いたルートとはいえ、下手に転んだら落ちるというような場所でもないのでガンガン走っていきました。

20091021-24.jpg 20091021-25.jpg

クリフは至る所から水が沁みだし・滴り落ちていて、滝も何ヶ所かありとても素晴らしいコースでした。コースの脇に咲いている花々も心和ませてくれました。

20091021-26.jpg

ナショナルパスを終えコースはバレーオブザウォーターを滝の流れに沿ってクリフを上がっていきました。途中のルックアウトからはこれまで進んできたクリフが望まれました。

20091021-27.jpg

間もなくコンサーベーションハットに出て、ここで何か食べ物か飲み物~と期待していましたが、既にカフェは終わっていました(涙)。は~。。。ここからはもう疲れていたので、車道を通って最短コースでウエントワースフォールズ駅に向かいました。

駅に着くと電車は30分後でした。腹ぺこだったので駅前を物色して、ハンバーガー屋でメキシカンバーガーを買って頬張りました。

20091021-28.jpg

17時半の電車に乗って帰ったので、ウィニヤードに着いたのは19時半杉でした。一旦ホテルに帰って身体を清めて、、矢っ張りお腹が空いたのでホテルの近くの日本食レストランでワイン天丼で今日の〆としました。

20091021-29.jpg

ここは、わっちゃんの世界のトレイル百選の一つに決定です(←??)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(「ウルトラトレイル ド モンブラン」2010に出走したい、、けど)
次のページ(シドニー2日目その1(ブルーマウンテンズでブッシュウォーク))
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。