特典航空券の小ワザ:2区間発券を利用しよう

sP1010010.jpg

週末のお出掛け用に特典航空券を発券した。その際にちょっとした小ワザを使ったので、その紹介です。

今回のお出掛けは山口宇部に先ず行って、何週間か後に札幌にも行こうというもの。通常なら、羽田-山口宇部往復と、羽田-札幌往復という形で発券すると思う。

しかし今回は、ANA(全日空)の山口宇部線787に乗りたいけど、帰りの午後便が満席で発券できないという状況だった。

ここで、特典航空券をあきらめてはいけない。それではとJAL(日本航空)を調べると、帰りの午後便に空きがあるではないか。

ということで、以下のような経路で発券した。

ANA:羽田-山口宇部、羽田-札幌(2区間)
JAL:山口宇部-羽田、札幌-羽田(2区間)

特典航空券の発券は、2地点間の往復と考えている人も多いと思うが、国内線2区間なのだ。

なので、今回のようにANAの特典航空券1区間目を最初の旅行で使って、帰りはJALの1区間目で帰ってくる。改めて、2回目の旅行では、ANAの残りの航空券1区間と、JALの残りの航空券1区間を使うというのが可能だ。

また、僕がよくやる発券パターンとしてこんなのもある。

行きは特典航空券に空きがあるが、帰りの午後の良い時間が空きがないという状況がしばしば発生するのだが、そんなときの発券はこんな感じだ。

ANAJAL):羽田-札幌、羽田-札幌(2区間)

1回目の北海道旅行の片道は特典航空券、もう一方は株主優待券でも使って帰ってくる。2回目の北海道旅行の片道は特典航空券、もう一方は同じく株主優待券でも使って帰ってくるというものだ。

目的地に3ヶ月以内に2回行くということになるが、それでも良ければという場合だ。

同じところに2回行きたくないけど、3ヶ月以内に2回お出掛けするという場合はこんな発券もよくある。

ANAJAL):羽田-札幌、羽田-山口宇部(2区間)

2回の旅行それぞれで、片道は特典航空券、もう一方は有償航空券とか、JRとか別な方法でという感じだ。

マイレージが貯まっていて旅行に行きたいという時に、使ってみてはどうですか (^-^)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(特典航空券の小ワザ:遅い便を予約して早い便に乗ろう)
次のページ(笠間で器を買ってきた)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき