スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

特典航空券の小ワザ:遅い便を予約して早い便に乗ろう

sP1050051.jpg

昨日のエントリーで特典航空券の発券で使った小ワザを紹介したが、発券時にもう一つ小ワザを使っていた。今回発券した航空券はこれだった。

ANA:羽田-山口宇部、羽田-札幌(2区間)

ANAのボーイング787に乗りたくて羽田-山口宇部とした。タイムテーブルを見ると、朝の787は6時50分羽田発なのだ!

僕の住む街の始発電車は5時7分なので、電車で空港へ行くのでは、早朝便に間に合わない。羽田空港行きのリムジンバスの初便は4時40分で、これなら朝の首都高は空いてるので、間に合うだろう。

しかし、そのためには相当早起きしなければならない!!

朝一番の便を予約して寝過ごして間に合わなかったら目も当てられない。

こんな時は、遅い便を予約してしまうのだ。

早期割引運賃は予約便から一切変更できないが、特典航空券は当日空港に行って、前の便に空きがあれば変更可能だ。

特典航空券は遅い便を予約発券する。当日はそれよりも早く、自分の利用したい時間に空港に行って空席があれば乗る。空港に着いた時点では、次の便は満席でも、空席待ちとすれば、大概早い便に乗れるのだ。

この方法は、札幌便でもよくつかう

土日でお出掛けしようとすると、行きの土曜日の午前の便は既に満席だったり、帰りも夜の都合の良い時間は満席で、遅い時間だけ空きがあるということがある。

そんなときも、遅い便で予約発券して、当日早い便に振り替えて乗っている。

未だかつてこの方法で早い便に乗れなかったことはない。いつも間近の便に乗れている。

ここで注意しなければならないこともある。

1度だけ、帰りの便を空席待ちしたのだが、どれも満席で空席待ちが回ってこなかった。この時は確かハイシーズンで混み合っていて、3便待ってやっと乗れた。

また、空席待ちとなった場合はマイレージの上級会員が優先される。僕はANAはSFC、JALはJGCと、上級会員となっているので、そのお陰で乗れたと言うこともあった。混んでる便だと一般会員にはなかなか席が回ってこない可能性もあるので、注意が必要だ。

それでも、時間に余裕がある場合はこの手を使ってみては?
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(ANAのボーイング787、プレミアムクラスに乗ってきた。)
次のページ(特典航空券の小ワザ:2区間発券を利用しよう)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。