スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

昼呑みの聖地、浅草で日本酒の呑み較べ

週末土曜日(2012/04/07)に隅田川の花見を楽しんだ後、日本酒を楽しんできた。

来るときに横を通ったホッピー通りも魅力的なのだが、今回のお目当ては日本酒ということで、雷門の近く、仲見世から裏路地を入ったところにある酒の大桝雷門店に行ってみた。

ここは、日本酒を売ってる酒屋さんなのだが、店内にカウンター席もあり、そこで日本酒が飲めるのだ。土曜の昼下がり14時頃にお邪魔したらお店はいっぱいだったが、ちょうどカウンター席が空いたので何とか座れた。さて、先ずはお酒の注文だ。

奈良・京都の真の地酒
花巴フェア

ということで、最初は花巴酵母無添加山田錦純米(奈良)(90ml300円)を呑んでみることにした。

sIMG_0313.jpg

同行者は3種呑み比べ(各45ml600円)を注文、3種の内訳はこんな感じ。

高砂山廃純米(静岡)
立山吟醸(富山)
花巴純米(奈良)

sIMG_0312.jpg

さて、呑み較べだ。少し琥珀色がかった花巴酵母無添加山田錦純米は、個性的な味わいでちょっと好き嫌いが分かれるかも。3種の見比べの方の花巴純米はそれに比べて、色も薄く、個性的ではあるが酵母無添加山田錦純米よりは呑みやすかった。高砂山廃純米はこってり感があるものの、これらよりは呑みやすかった。立山吟醸は一番呑みやすく、さらさらいけてしまいそうだ。

上の写真からも、立山、高砂、花巴の順で色合いが濃くなっているのが分かると思う。

酒の肴に食べたそば焼漬け物盛り合わせも、日本酒によく合った。取り分けそば焼はそれだけだとちょっと味が濃く感じると思うけど、日本酒と一緒に食べるとすばらしい味わいだ。漬け物盛り合わせもちょうどよい塩気でとても美味しい。どちらも絶妙の日本酒とのマリアージュだった。

sIMG_0315.jpg sIMG_0316.jpg

最後に頼んだのはこれ。

上喜元超辛口純米吟醸(山形県酒田)(90ml300円)

sIMG_0318.jpg

超辛口とあるけど、こちらも呑みやすいお酒だった。どこかで見たことのある銘柄だと思っていたが、帰宅して調べてみると山形県酒田のお酒だった。

日本酒も色々飲めて、つまみもとても美味しくて、二人で2000円ちょっとと、軽く昼呑みとしてはとてもリーズナブルなのもよいね。浅草そぞろ歩きにちょっと呑むのにもとてもお手軽なお店です。

酒の大桝 雷門店




関連ランキング:日本酒 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(ブログをリニューアルしました)
次のページ(隅田川の桜は満開だった)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。