スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

しまなみ海道100kmウルトラ遠足

6月2日土曜日に開催されたしまなみ海道100kmウルトラ遠足に出走してきた。

このレースは、福山城からしまなみ海道を通って、今治城(ゴールはその少し先)まで走る。制限時間は16時間で、100kmウルトラとしてはかなり長めの設定だ。

最近の自分のコンディションは、練習不足で、でんでん走れない状態だった。さらに、2年前の野辺山100kmを完走して以来、超長距離レースはずっとリタイアが続いているダメダメちゃんだ。

今回こそは絶対完走するぞと強い意志を持っての、出走となった。

(前日)

朝一のNH便広島行きは新鋭機B787だった。広島空港に到着後はバスで福山へ移動し、ホテルに荷物を預けて鞆の浦観光。夕方、レース受付を済ませ、明日の注意事項を確認したり。リタイア時のためにバスの時刻表をデジカメで撮っていたら(汗)、大会スタッフにリタイアの時はレンタル自転車で帰ってこいと言われてしまった。自転車こぐ元気があれば、走るだろうに。。強い意志と言いつつ、ちょっと弱気になってしまったと反省。制限時間が長いので、今回リタイアは有り得ない!

(当日)

ウエア:TNFキャップ、TNF S/Sシャツ、ナイキハーフパンツ、xsocks
シューズ:アシックス GT-2170SW(サイズ25.5)
装備:ナイキウエストポーチ(薄いやつ)、アームバンド、iPhone、bモバイルPocket Wi-Fi、Canon Powershot S100、塩サプリ、現金1万円

デポバッグ:TNF S/Sシャツ、xsocks、アンダータイツ(使わず)、日焼け止め、塩サプリ、予備バッテリー、ライト

今回のコースタイムは910XTのログが死んでしまったので、各エイドで写真を撮った時間を参考にしたものです。

朝3時50分にセットした目覚ましで目が覚め、直ぐに朝食を採って、着替えも済ませて準備万端、宿を後にした。受付前のトラックに、それぞれ今治とデポ地点に送る荷物を預け、スタート地点である福山城に向かった。

sIMG_1233.jpg

この時期、4時半の福山はまだ夜明け前だが、次第に空が白み始めていた。スタート時間の頃にはかなり明るくなってきた。

福山城(スタート地点) - 5:00


レースは5時スタート。

sIMG_1236.jpg

スタート地点の枠を皆がくぐろうとする中、最後尾にいたために、スタート地点通過まで10分くらいかかってしまった。やっとスタート地点を通過し福山城を後にするが、町中の狭い歩道を通るため暫く渋滞。さらに信号待ちもあって、スタート後30分くらいはまともに走ることができなかった。芦田川にかかる橋を渡ったくらいでやっとまともに走れるようになった。

ここまでで、20分くらい時間をロスしてしまっただろうか。しかし、そもそも今回はタイムよりは完走を目指していたのだ。これまでの100kmレースは、出だしはキロ5分から6分くらいのペースで楽に走ってきたが、今回は運動不足のためそのペースでは息が上がって走れない(涙)。楽に走れるキロ6分から7分ペースとし、前半は相当抑え気味に入った。

エイドはおおむね5kmおきにあった。当初、5km間隔はちょっと長いかなと思ったが、まあちょうど良い感じだった。エイドでは、脱水症状対策としてスポーツドリンクを3杯と、足の痙攣対策として梅干2個をマストとして採るように心がけた。さらに、各エイド独自の食べ物や飲み物があったので、それらも、もらさず食べるようにした。

1 キミセ醤油の前(5km地点)


ここだけ写真がないので、通過タイムが分からず。多分5時45分から50分くらいの通過。ここは最初のエイドだが、しっかり飲み物3杯と梅干を採ってこれからの長距離に備えた。

2 上村トンネルの入り口(10km地点) - 6:21


sIMG_1242.jpg

未だ未だ余裕。この先はトンネルが続き、空気の悪い中走るのであまり良い気分で走れない。トンネル地帯を抜けたところにあったトイレポイントで同行者と分かれ、ここからは一人旅となった。

3 高西町・セブンイレブンの前(14.9km地点) - 6:59


sIMG_1246.jpg

未だ余裕。うどんが大変美味しゅうございました♪

4 尾道大橋の下(19.9km地点) - 7:38


sIMG_1247.jpg

本州最後のエイド、ここから尾道大橋を渡りいよいよしまなみ海道へと突入する。橋に上がるところで渋滞したけど、先は長いのでここは焦らずゆっくり行きましょう。

5 肉屋「フジ」の前(24.5km地点) - 8:08


sIMG_1250.jpg

すいかが現れた。水分補給も兼ねて二切れ食べた。

6 向島休憩所(29.0km地点) - 8:41


sIMG_1252.jpg

30km過ぎたこの辺りから、脚に疲労がたまってきたが、まだまだ大丈夫、ペースもキロ6分から7分を目安にし、淡々と走った。

7 因島・アメニティー交流館(34.7km地点)- 9:13


みかんの生しぼりジュースが、めちゃくちゃ美味しい。ここでmiilにジュースの写真をアップしたりで、ちょっと遊んでしまった。

sIMG_1258.jpg

ここまで来ると、脚の疲労もありかなり疲れてきたが、未だ未だフルマラソンも走っていない。これ以上、脚の痛みが酷くならないように、でも急いで、ペースを落とさないように走り続けた。

8 ディサービスセンターふぁみりぃ因島前(40.1km地点) - 10:10


sIMG_1260.jpg

ハッサクゼリーが大変美味しゅうござました。

9 生口島・田中様宅前(46.2km地点) - 10:50


sIMG_1264.jpg

ここのプチトマトは甘くて感動的に美味しかった♪

10 B&G海洋センター(49.6km地点) - 11:17-12:25


中間地点のここまで6時間17分。スタート時のタイムロスを考えるとなかなか良いペースだ。これなら、がんばれば13時間が切れるかも♪そんな期待も一瞬頭の中を過ぎった。

sIMG_1268.jpg

デポバッグを受け取り、芝生に座ってしばし休憩。着替えを入れてはいたが、着替えはしなかった。栄養補給におにぎり3個を採り、ライトを持って夜間走にも備えなきゃね。さて、11時30分ごろ出発しようかとしたところで、トイレに入ってしまった。

さてさて、そろそろ出発かなと思った11時40分頃、同行者が大エイドに現れた。おー、がんばってるね!折角なので、同行者と一緒に、さらに大休止を続けることにした。ここで、折角だからと持ってきたシャツにやっぱり着替えて、気分も一新。結局、大エイドについてから1時間以上経った12時30分少し前に後半に向け再スタートとなった。

しかし、大エイドを出たところにジェラート屋さんがありますよ、奥さん。

お店に吸い込まれ、テラスでジェラートを食べて、しばしまったり (^_^;

sIMG_1271.jpg

さてさてさて、今度こそ再スタートしないとね。そこから同行者と、ゆっくりペースで後半戦に突入した。。

しかし数キロ行ったところで、同行者がペースを落とすと言い出したが、僕は先を急ぎたい。ゴール地点での再開を期して分かれ、ここからまた一人旅となった。

脚には疲労もたまり、太ももあたりに少し痛みも出てきていたのだが、ここからは俄然調子が良くなった。今にして思えば、大エイドで同行者からもらったアミノ酸3200mgが効いたのかもしれない。キロ6分前後で海岸線を快調に走った。

中間地点を過ぎた時点で7時間30分と、この時間にこの辺りを走っているランナーはほぼ制限時間16時間ギリギリだろう。辺りを見回すとランナーもまばらとなり寂しくなっている(汗)。歩くランナーも多くなり、この人たちはかなり厳しいかな。

11 サンセットビーチ(55.2km地点) - 13:09


sIMG_1272.jpg

ここでも兎に角水分と塩分補給。未だ未だ行ける!

快調に飛ばし、多々羅大橋への登りとなるループに入った。この上りで、多くのランナーは歩いていたが、登りもがんがん走れた。さすがアミノ酸3200mgパワー。平地を走る筋肉と、登りを走る筋肉が違うのかな?不思議と苦にならずに駆け上がることができた。

12 大三島・大三島IC・広場(61.4km地点) - 13:44


sIMG_1275.jpg

大三島に突入、ここは自転車で今治から尾道まで一泊二日で走ったときに、テントを張った場所だ。あの時も頑張ったなあ。

エイドでは最初に濡れたタオルを渡されて、身体を拭いてリフレッシュ。

エイドを出たところで、アミノ酸3200mgパワーも切れ、ペースダウン(汗)。太ももに痛みもあるが、未だ走れない訳ではない。70kmまでは走り続けようと考えていたので、ここは兎に角走り続けた。

大三島は途中に私設エイドもあり、飲み物をもらってとてもありがたかった。

しかし、この区間は長かった。手元の910XTでは6km以上あって、なかなか次のエイドが現れなかった。施設エイドで水分補給をしておいて助かった。

13 伯方島・大三島橋を渡り終えた所(66.0km地点) - 14:30


sIMG_1278.jpg

橋を越え、やっとの思いでエイドに到着。この先の造船所のドックでは、明日進水式というタンカーだろうか。赤い垂れ幕とステージが設置されていた。

14 伯方SCパーク(70.1km地点) - 14:54


この区間は逆に短く、手元の910XTで2.5kmというところだっただ。ここのそうめんも美味しい!塩分補給もあるので、汁まで飲み干した。お代わりもらって大満足だ。

sIMG_1281.jpg

15 大島・宮窪校前(75.6km地点) - 15:45


sIMG_1283.jpg

凍らせたゼリーがあり、僕はみかん味を食べた。シャクシャクしていて身体もクールダウンだ。このあたりになると結構辛くなってきた。残り5時間で25kmだが、ここから歩いてしまったら制限時間ギリギリになってしまう。再起動した出だしこそ歩こうかと弱気になったが、元気を振り絞り走り出した。

ここから2kmくらい延々と島越えの登りが続く。最後はちょっと歩いてしまったが何とか超えることができた。そして今度は延々2kmの下りだった。リタイアするときは、下りが脚の痛みで走れなくなっていたのだが、ここはまだ大丈夫だ。走れる所まで走ろう。

16 吉見町バラ公園(80.7km地点) - 16:27


sIMG_1285.jpg

再びそうめんが現れた。

この辺りでやっと、中間地点大エイドまで、同じペースで走っていたランナー達に追いついてきた。かなりお疲れのランナーもいたが、コスプレランナーは未だ未だ元気そうだった。

エイド滞在時間も次第に長くなってきたが、ここも根性の再起動で、走り始めた。まだまだ走れる!

ここから来島海峡大橋までは海岸線を走るのだが、なかなか橋が見えてこない。もうそろそろ、もうそろそろだと思った頃やっと橋が現れた。橋の上までの登りの自転車道は、走れない訳ではなかったが、脚の疲労があるので、体力温存を理由に歩いて上った。

17 第1来島大橋の上(86.6km地点) - 17:22


sIMG_1289.jpg

ここから4km続く来島海峡大橋に備える、橋の手前のエイドだ。残り15kmを切って、ここから歩いても何とかなるだろう。しかし、ここで負けるわけにはいかない。最後の登りは歩いたが、橋の上に出てからは再び走り出した。

18 今治市・来島第三大橋を渡り終えたところ(91.9km地点)- 18:00


sIMG_1292.jpg

写真は鶏卵饅頭。美味しかったのでシゴト場へのお土産とした。

しまなみ海道を走りきり、いよいよ四国上陸。残り8km3時間と、ここでようやく完走を確信した。後はどこまで走り続けられるかだ。エイドで寛ぎたかったが、兎に角前先に進もう。

ここから暫く下りが続くが、なかなか再起動できない。下りでもまだ走れそうだったので、もう少し走ろう、そんな思いで走り出した。ここからはペースがさらに落ちてしまった。大エイドからここまで、ずっとランナーを追い抜いてきたが、ここにきて僕を追い抜く抜くランナーも現れ始めた。

次のエイドまでは約4kmで、気分的にもかなり楽だったが、走り始めると矢っ張り辛い。走り出し1kmは走ろう、2kmの中間まで走ろう、折角だから次のエイドまで走ろう。そんな思いで走り続けた。

19 伊予銀行の前(96.2km地点) - 18:38


sIMG_1293.jpg

ゴールまで残り4kmを切り、最後のエイドだ。ここでもしっかり水分&塩分補給をした。

残り3kmで今治の市街地に入ってきたが、まだ走れる。商店街を抜け、いくつか角を曲がった所で、今治城が目の前に現れた。ここまで来たんだなあ。残り1kmでもう直ぐだ。

sIMG_1294.jpg

残り数百メートルに来たところで、ゴールの写真撮影に備えて前後のランナーとの間隔に気を使い始めた(汗)。前後のランナーと間隔を保ってゴールしなければならない。回りのランナーよりも遅れ気味だったが、このあたりで少しペースを上げてラストスパート。最後の信号待ちでさらにペースを上げてゴールイン!

sIMG_1295.jpg

20 テクスポート今治(100kmゴール地点) - 19:13


タイム:14時間13分

100kmで14時間は切れなかったが、スタート直後の渋滞と大エイドでの大休止を考えると、御の字だろう。

同行者のゴールを待って、お疲れ様~。受付時にもらった2500円分の買い物券を使って、カレーとビールで乾杯。

sIMG_1299.jpg

その後は、件の金券で、お土産に鶏卵饅頭や、走っている写真を購入。そそくさと、タクシーで駅前のビジホに向かった。

(翌日)

脚は筋肉痛ではあったが、絶望的苦痛ではなかった。結構余裕でその日は道後温泉を観光して、松山空港から帰路についた。

反省

  • 前半からキロ6分から7分のゆっくりペースで行けば、100kmまで結構粘れる。大エイドの休憩もほどほどにしておけば、13時間の前半くらいのタイムだろう。
  • 各エイドで水分3杯以上、梅干2個をマストとした。今回の気温でも、この位は必要だった。
  • 全区間に渡って、食欲は旺盛でちょっと食べ過ぎたかも。しかし、食べないとハンガーノックになるので、食べれるなら食べた方が良い。
  • ゴール後は身体が冷えたので、長袖など準備が必要。
  • ランニング用のバックパックがあればeTrexとかを持ってはしれるので良いのだが、ウルトラでバックパックは要らない。どのガジェットを持つか悩みどころ。
  • これまでシューズは26.0を履いていたのだが、いつも足の裏にまめができていた。今回は25.5を新たに新調し挑んだが、そのお陰で、100km走ってもマメはできなかった。やはりシューズのサイズは重要だ。
  • 持って走ったお金はリタイア時の交通費を考えて1万円札だったが、500円玉一つくらいは持っておいた方が良い。
  • 910XTのログが壊れて取り込めなかった。動作に注意が必要。
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(書評というか感想 ~「ノマドワーカーという生き方」を読んで)
次のページ(310XTの様子が変になった件)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。