スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

清水尾根のお花畑は素晴らしかった

20120804-05.jpg

日程:2012年8月5日(日曜日)
コース:祖母谷温泉-清水尾根-白馬岳-大雪渓-猿倉
タイム:24.5km 10時間46分(26:22/km)(山と高原地図コースタイム13時間45分の78%)
高低差:+2607m/-2115m

03:45 祖母谷温泉(760m)
|3:30
07:15 不帰岳避難小屋(1950m)
|1:45
09:00 清水岳(2600m)
|2:21
11:21 白馬岳(2932m)
|3:10
14:31 猿倉(1250m)

装備:TNFジップアップs/s、Millet カーゴパンツ、TNFシューズ、PAINE 30Lザック
着替え:下着、TNF s/sジップアップ、TNFライトダウン、NIKEハーフパンツ
食物:蒸しパン、おにぎり3個、ソイジョイ、羊羹3個、アミノバイタル3600mg、他
その他:Canon Powershot S100、Forerunner 310XT、Forerunner 910XT、eTrex 30、予備バッテリー

23時過ぎに一度目が覚めた以外は、ぐっすりと眠っていたようだ。

次に目が覚めたときは3時で、もう行きますか。静かに布団を後にし、荷物を外のテーブルに持ち出して、出発の準備をした。

sIMG_2441.jpg

まだ夜明け前で肌寒いくらいだった。折角温泉に来たのだからと、露天で身体を温めておこう。

お願いしておいたお弁当はおにぎりが二つだったが、食欲がない。おにぎり一つだけ食べて3時45分に祖母谷温泉をスタートした。

本日の予定だが、山地図コースタイムは祖母谷温泉から白馬岳まで約10時間、途中の不帰岳避難小屋までがその半分の5時間だ。白馬岳から猿倉への下りが約4時間で、猿倉のバスの最終が16時20分だと、遅くとも13時には白馬岳に着きたい。12時に着けばかなり余裕で下れるだろう。そして、昨日の後半のように暑くなる前に、2000m以上に登らなければならない。

未だ外は真っ暗で、ヘッドランプが頼りだ。

sIMG_2443.jpg

道を間違えないように林道を走っていくと、いよいよ登山道口に着いた。

sIMG_2444.jpg

直ぐに涸れた沢になり、ここはルートを外さないように、慎重にマークを追った。間もなく沢から離れ、急登を一気に登り、その後はトラバース気味に暫く進んだ。沢を二つ越え、そういえばこんな感じだったなあと、3年前に清水尾根を下った時を思い出した。

汗が噴き出てきた。。

夜明け前後のこの時間、既に暑いんですけど。。

百貫ノ大下りの名前にびびったが、難なく登り終えた。そういえば、昨日は馬鹿下りを下って、今日は百貫の大下りを登ってるなあ。どちらも下りに使うコースなのかな?

ここから暫くはトラバース気味の登山道となり、走れる所は走ることができた。幾つかの小さなポコを越えた左手に見えたのが不帰岳かな。

再びトラバース気味になった所で単独行と遭遇した。それから直ぐに沢が現れ、二つ目の沢で水分補給した。ここまで、1Lちょっとを消費していたが、これから先のことを考えると、水分は満タン(2L+500mL)にしておいた方が良いでしょう。

水場から直ぐに不帰岳避難小屋に到着、ここまで3時間30分はかなり好い感じだ。流石に半分の2時間半は無理だったが、これなら充分です。ここからはコースタイムで進んでも、猿倉16時20分には間に合いそうだ。

sIMG_2450.jpg

少し気持ちに余裕ができたが、まだまだ先は長い。

暫く行くといよいよ森林限界を超え清水尾根の花の道へ出た。

3年前はもう花も終わりつつあったが、今回はチングルマやハクサンイチゲ、カンゾウ(ニッコウキスゲ?)のお花畑が続いていた。

来て良かったね~ ヽ(´∀`)ノ

先ず現れたカンゾウ(ニッコウキスゲ?)。カンゾウとニッコウキスゲの区別が分からないけど、まあいいや。

sIMG_2451.jpgカンゾウ(ニッコウキスゲ?)

チングルマは花期が早く、雪解け直後に咲くのだが、未だ綺麗に咲いていた。

sIMG_2453.jpgチングルマ

ハクサンコザクラも花期が早いけど、満開で一面の絨毯だ。

sIMG_2454.jpgハクサンコザクラ

sIMG_2455.jpgハクサンコザクラ

マツムシソウは遅く咲く花なんだけど、綺麗に咲いていた。

sIMG_2460.jpgマツムシソウ

ハクサンイチゲも綺麗だなあ。

sIMG_2461.jpgハクサンイチゲ

避難小屋からと思われる数グループを追い抜いた頃、今度は白馬からの下りのパーティに遭遇し始めた。

祖母谷温泉からもう、ここまで来たのかと驚かれ、3時台には出発したからと答えたが、そう言われて少し嬉しかった。

今日中に猿倉まで下りたかったので、お花畑でゆっくりもしていられない。

尾根にはいくつもピークがあり、どれが清水岳だろう。二つ目のコブの先に大きな山があり、これが清水岳かなあ。

草原のような尾根を行き、二つ目のコブに着くと、そこが清水岳だった。

sIMG_2464.jpg

清水だけもお花畑で、綺麗なお花がたくさん咲いてて好い感じ♪ここでちょっと休憩しましょう。

アズマギクやミヤマキンポウゲが一面に咲いていた♪

sIMG_2473.jpgアズマギク

sIMG_2478.jpgミヤマキンポウゲ

祖母谷温泉のご主人に頂いた柑橘系を頬張ってリフレッシュだ。清水尾根を登るなら酸っぱいモノが欲しくなるだろうと言うご主人の暖かい心遣いに感謝です。

清水岳にこの時間かあ、、流石に白馬三山を越えて白馬鑓温泉経由は厳しそうだったが、ここまで順調で、このままのペースで大雪渓を下れば、一本早い14時50分のバスに乗れるかも。そんな野望が頭をもたげた。

しかし気がかりなことが一つあった。今回アイゼンを持ってきていないのだ。白馬岳までの登りの最後、旭岳のところに雪渓がべっちょり着いていて、昨日早朝に下ってきたグループは、凍っていたので念のためアイゼンをつけたといっていた。

滑落しそうなところだとイヤだなあ。最後の大雪渓も上の方は斜度が急で、5年前の7月初旬に登ったときは、結構急登の雪渓を登って、最後はステップの切った小雪渓を越え尾根へと出たよなあ。あんなところ、アイゼンなしで下るのは怖いなあ。

二つの不安材料にびくついていたが、ここまで来たら行くしかない。

今回は清水岳の頂上は踏まずに、最後の尾根伝いにゆっくりと高度を上げたり下げたりしながら、白馬へと向かった。

頂上直前、旭岳を回り込んだところで雪渓が現れた!

なーんだ、心配することはなかった。緩やかな斜面に雪渓が付いていて、これなら滑落することはない。

ベンガラ伝いに雪渓を抜け、最後のチングルマとハクサンイチゲのお花畑を越え分岐に来た。

ここから白馬岳は直ぐなのだが、既に体力をかなり使っていて、ペースを上げることができなかった。

7時間30分は切れなかったが、11時21分に白馬岳に到着。無事12時前に清水尾根を登り切った!

sIMG_2507.jpg

一本前のバスまで4時間弱で、ここからの下りが4時間だったよな。へろへろだったが、これなら一本前のバスに間に合いそうだ。

しかしここで気を緩めるわけにはいかない。頂上はガスがかかっていて、展望もイマイチだったので、直ぐに頂上を後にした。

稜線にはイワギキョウが綺麗に咲いてるね。

sIMG_2513.jpgイワギッキョウ

後は下るだけなのだが、もう下りも走る元気は殆どなかった。

早歩き+小走りで村営頂上宿舎に下り、ここで保険で1000円アイゼンを借りようかと悩んだが、多分大丈夫だろうと、アイゼン無しで下る決意をした。

暫く急斜面を下って行くが、小雪渓の登山道にも雪はなく、お花畑が広がっていた。この時期の小雪渓は綺麗だねえ。

sIMG_2520.jpg

sIMG_2521.jpgクルマユリ

8月ともなると、雪はかなり融けているんだね。7月初旬のべっちょり雪が頭にあってかなりびびっていたからなあ。登山道をかなり下まで雪無しで下ってから大雪渓が始まっていた。これなら大雪渓で滑落する心配もないね。

葱平って、「ねぎだいら」ではなくて「ねぶかっぴら」って読むのか。

sIMG_2525.jpg

雪が解けて現れた、ざれた夏道を下って僕にとっては最後の核心部である大雪渓となった。

sIMG_2530.jpg

急斜面と言うほどではなかったが、走って下るにはちょっと怖い程度の斜度だ。慎重に下ったが、ちょっと油断すると滑って尻餅を何度かついてしまった。

大雪渓を何とか無事に下り終え、白馬尻小屋でトイレ休憩。

最後の林道はちょっとしか走ることができなかったが、14時31分頃には無事猿倉に着いた。

sIMG_2531.jpg

14時50分のバスで八方バスターミナルに行き、そこから車だ。先ずはジェラートアイスの彩花で、カシスとラムレーズンで火照った身体を冷やした ( ´∀`)bグッ!

sIMG_2533.jpg

道の駅ぽかぽかランド美麻の温泉で身を清めて綺麗サッパリ。

レストランの前のメニューに黒部ダムカレーの文字が見つからず諦めたが、帰宅後調べると矢っ張り黒部ダムカレーがあるようで、ちょっと残念だった。

終わってみれば全てよし。大満足の二日間だった。

反省
・二日目の清水尾根は普通に歩いて登っても、タイムは殆ど変わらないかも。脚力強化が必要。
・夏は水を3.5L持つべし。
・アーミーナイフ必須。
・祖母谷温泉は予約連絡を入れておいた方が良い。











スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(2012年ソウル詣での準備:羽田-金浦の予約編)
次のページ(唐松岳から祖母谷温泉への下りは暑くて大変だった)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。