ソウル旅行準備、ポケットWi-Fiであたふた

今回も土日一泊二日のソウル詣でだが、僕はソウル滞在中もネットに繋がっていたいネット中毒だ。安くデータ通信できる所がないか色々と情報を集めてみた。

2013年夏の段階で、手立てとしては三つある。

・現地でプリペイドのデータ通信SIMを購入

・現地でポケットWi-Fiをレンタル

・日本でポケットWi-Fiをレンタル

これらの中で、どれが一番安く上げられるか検討した。

その前に、前提条件として、今回の旅は二日間(短い!)であり、渡航先であるソウルは近年は年1回の訪問である。

それぞれの検討結果はこんな感じ。

まず、現地でプリペイドのデータ通信SIMを購入についてだが、個人的にはこれが一番やってみたい方法だ。

韓国ではこれまで外国人向けにプリペイドSIMカードを販売してこなかったのだが、昨年辺りから韓国でもプリペイドSIMが購入できるようになったようだ。参考にしたのはここ

必要な初期費用だが、まずSIMカード代として2万ウォンと最低残高チャージ金額3万ウォンがかかる。これにデータ重視タイプで、1GB/30日データパック2万ウォンをつけて利用することになる。しめて7万ウォンだ!!

SIMカード自体は1年有効だが、データパックは1GB/30日となっている。初期費用の次からは1GB/30日データパック2万ウォンとなるが、以下にみるように、年に何度もソウルに行くとか、それなりの日数滞在するというのでなければ割高になってしまう。

他にも安いプリペイドSIMはあるにはあるが、SIM自体の有効期限がチャージ後30日と短く、使い勝手が悪かったりした。

次に、現地でポケットWi-Fiをレンタルだ。これもやってみたい方法で、2年前は金浦空港到着時にカウンターに行ってみたのだが、ポケットWi-Fiは全て出払っていた。

今回色々探してて、韓国 情報 ブログ koreainfo.jpが、レンタル料1日5000ウォンと、安価に借りられるようだった。

渡航3日前までに申込が必要で、3日前に申し込んだのだが、あいにくポケットWi-Fiは全て出払っていて、予約はキャンセルさせてくれとの連絡が来た(涙)。

ということで、今回も日本でポケットWi-Fiをレンタルすることとなった。

今回は二社の値段を比較して、イモトWiFiにした。データ通信端末代金680円×2日間と受け渡し手数料500円で、合計1860円だ。





値段は渡航先によっても変わってくるから、数社を比較検討するのが良いだろう。比較することによって、相場観も分かってくる。

うーむ、こうしてみると、現地(韓国)調達でなければ、そして年に数回ソウルにいくのであれば、やはり現地でプリペイドSIMカードを買うのが良いかもしれない。

韓国のプリペイドSIM事情、もう少し便利になってくれないかな。











スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(2013年北アルプス縦走1日目)
次のページ(ソウル発券2013)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき