スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

2013年北アルプス縦走1日目

IMG_0166.png IMG_0167.png

コース:上高地-横尾-槍ヶ岳山荘-双六小屋-三俣山荘
天気:曇り、槍ヶ岳近辺雨
時間:11時間20分(コースタイム16時間20分の69%)

05:30 上高地
| 1:39(コースタイム3:10)
07:09/07:17 横尾
| 0:58(1:40)
08:15/08:21 鎗沢ロッジ
| 3:23(5:30)
11:44/11:57 槍ヶ岳山荘
| 3:00(3:40)
14:57/15:04 双六小屋
| 1:46(2:20)
16:50 三俣山荘

今回は車を使わず入山と下山を別の場所にした縦走を計画しました。

バス(というか公共交通機関)を利用した北アルプスは初めてです。今回は毎日アルペン号の3列シートを予約しました。完全にフラットになるわけではありませんでしたが、やはり隣を気にせず眠れるのが良いですね。途中のSA休憩で目が覚めるときがあったくらいで、睡眠は充分とれました。

定刻よりちょっと早めに平湯温泉に到着し、そこから上高地行きのバスに乗り換え上高地入りです。

初日は長丁場です。できるだけ先に進みたいというのもあり、5時半にはスタートしました。

カッパ橋も未だこの時間は人がまばらです。奥穂高方面は雲の中。。

sIMG_4543.jpg

上高地からのルートは先ず、横尾までの長い林道から始まります。ここは走って時間を稼ぐべき所、重い荷物ではありますが、できるだけ走りました。

途中、軽装日帰りのトレイルランナーに抜かれたりしましたが、こちらは縦走装備+余計な荷物(汗)で、まあこんなものでしょう。

ほぼコースタイムの半分で横尾に到着し、なかなか良い感じです。

ここから鎗沢ロッジまでもだらだらとした登りが続き、比較的走れます。

鎗沢ロッジを過ぎれば次第に斜度が増してきます。ここで雨がポツポツ降ってきました(涙)。

この辺りから、ハンガーノック状態となりペースはがくんと落ちてしまいました。

何とか槍ヶ岳山荘まで辿り着きましたが、ガスで鎗の穂先も見えず、ピークはパスしました。(助かった!)

あんぱんでエネルギーを補給し先を急ぎましょう。西鎌尾根を下って行くのですが、ペースは上がらず厳しい状態が続きます。

そんな中、しっとりと濡れた花が和ませてくれました。

sIMG_4557.jpg

sIMG_4561.jpg

今年はコバイケソウが沢山咲いてます。

sIMG_4559.jpg

西鎌尾根は最初の急登を下れば結構走れるコースなのですが、エネルギー不足は解消せず、双六小屋には何とか3時前に辿り着きました。

うーん、この時間なら、先を目指さなければなりません。

元気なら、双六小屋から三俣山荘までは走れば1時間ちょっと、黒部五郎小屋までも3時間はかからないと思うのですが、もうバテバテで時間がかかりそうです。黒部五郎小屋は諦め、巻き道を通って三俣山荘を目指すこととしました。

今年はコバイケソウの当たり年のようで、巻き道はコバイケソウだらけで大変なことになっていました。

三俣山荘に辿り着いたのは17時前で、もうヘロヘロです。

小屋の夕食はジビエのシチューでした。結構臭みがあり、苦手な人もいるかもしれません。僕は大丈夫でしたが。

sIMG_9830.jpg

小屋は最初布団2枚に3人と割り当てられましたが、スペースに余裕があり、布団1枚に一人で眠ることができました。










スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(2013年北アルプス縦走2日目)
次のページ(ソウル旅行準備、ポケットWi-Fiであたふた)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。