スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

2009/02/07 北海道旅行2日目 道の駅ニセコビュープラザ&新見本館

8時過ぎに起きてシャワーを浴びて目を覚まして朝飯です。1階のカフェドムか30階の華夢夷、仙雲で、30階の方が長めがよいのですがこちらは現在朝定食のみとなっています。なので、朝食バフェが食べられるカフェドムで、のんびり朝食としました。

20090108-0.jpg

さて、本日は何処に泊まりましょう。白老にも良さそうな湯がありますが、前回虎杖浜温泉に行ったばっかりです。旭川の先にも魅力的な湯がありますが、ちょっと遠いです。明日余り遅くなりたくないし、冬の道央道は吹雪くとめちゃくちゃキツイものがあります。他にもいくつか鄙びた温泉はピックアップしてあったのですが、これという決定打に欠けます。で、結局ニセコの有名処へ行くことにしました(汗)。もうお昼前ですが新見本館に電話してみると、大丈夫とのこと♪今晩のお宿を確保しました。

未だ帰りのチケットをゲットしていなかったので、先ず札幌駅前のANAの国内線発券カウンターに行きます。電話で確認したところ、日曜日は休みだとのことで今日逝きました。ご利用券で支払うため、カウンターに出向かなければならなかったのです。

無事帰りのチケットを購入し次は、、桑園の石井スポーツに寄り道です。特売ウエアで気に入ったのを見つけてしまったので買ってしまいますた。こんなに衣装を買ってどうするんだろう。

桑園から車を走らせ、札幌西ICから朝里IC迄は道央道利用です。朝里ICからはR393を疾走し倶知安を抜け、道の駅ニセコビュープラザに到着です。ここでもお買い物です奥さん♪

カボチャとじゃがいもが欲しかったのですが、流石にカボチャはもうありませんでした。じゃがいもも箱は殆ど無く、あってもちょっと高めでした。ぐるりと見回してみると、袋売りでキタアカリのL玉250円があります。はかりで目方を量ってみると3kg入っていました。LM玉が良いのですが、もうありません。L玉は中がすけていることがあるのですが、まあこの際仕方ありません。2袋ゲットしました。

20090208-7.jpgキタアカリ2袋 (1袋約3kg250円)

更にお米も減ってきていたので、おぼろづきを物色です。ビュープラザのおばちゃんとお話をしていて、ここの農家のが美味しいとか、この農家は低農薬カルガモだとか色々聞きました。残念ながらカルガモ米のおぼろづきはありませんでしたが、カルガモななつぼしは結構なお値段がしていました。お米も農協の検査を通るとその分値段もちょっと高くなるとのことでした。

20090208-6.jpg農協の検査マーク

なるほど。おばちゃんは検査品の方が良いみたいなこと言っていましたが、実際お米を眺めてみると検査マーク付きで安いのと、検査マークなしでそこそこのお値段のとでは、検査マークなしの方が良さそうでした。ということで、で結局お勧めの農家のおぼろづき5kgとななつぼし5kgを購入です。おぼろづきはお米を見ていてもとても良さそうだったのですが、値段もそれなり(といっても5kg2200円ですが)だったので悩んでいたのですが、話を聞いてこれに決定しました。更に、おぼろづきは軟らかくて、最近はななつぼしちょうど良いかたさで美味しくて人気があるとのことで、こちらも購入です♪

20090208-4.jpg同行者の買ったおぼろづき(5kg2070円農協検査マーク無し)

20090208-5.jpgおぼろづき5kg2200円、ななつぼし5kg1800円

お米10kgとじゃがいも6kgをどうやって持って帰ろう。。

道の駅ニセコビュープラザ
国道5号沿い
虻田郡ニセコ町字元町77番地10
Tel: 0136-43-2051 Fax: 0136-43-2050



16時近くになってきたので急いで今晩のお宿へ向かいます。R5を疾走し蘭越から新見峠方面へ向かいます。流石にニセコの山奥は雪深く、雪壁の道を進むとやがて新見本館に到着しました。

20090108-1.jpg

先ずは温泉です。新見本館はお風呂が2ヶ所ありますが、最初は蒸し風呂と滝湯のある方へ行きました。無色透明のお湯で良く温まりますが、それでいてずっと入っていられるお湯でした。躰がぽかぽかになったところで、食堂へと向かいます。

食事も白老牛やじゃがいものだんご汁(名前失念)、蕗キムチ、アイヌネギの塩漬け等々、色々あって十分満足しました。ホームページクーポンでサービスしてもらえるワンカップのNISEKOで良い気分♪

20090108-2.jpg

20090108-3.jpg

食事の後は今度は露天風呂です。この時期新見の露天風呂は雪壁に覆われ、なかなかの圧巻!
心ゆくまでのんびりしました。

20090108-4.jpg

秘湯の宿 新見本館
〒048-1327北海道磯谷郡蘭越町字新見1
フリーダイヤル 0120-213261 ( にいみふろ1ばん)
Tel: 0136-57-5231 Fax: 0136-57-5108
1泊2食8000円+入湯税150円
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(2009/02/08 (1) 北海道旅行3日目 ミルク工房)
次のページ(bモバイル3G購入 (2009/02/06))
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。