第21回ハセツネCUP

sIMG_0575.jpg

13:00:00 五日市中学校(スタート)
| 5:00:51
18:00:51 浅間峠(第一関門)
| 4:39:26
22:40:17 月夜野駐車場(第二関門)
| 5:02:22
03:42:39 御岳山(第三関門)
| 3:15:50
06:56:29 五日市会館(ゴール)

記録:17時間56分29秒

ウエア:NIKEハーフパンツ、TNF l/s、TNFスピードスター、TNFウールジャケット、サロモンゲーター
シューズ:サロモンXA PRO 3D ULTRA 2 GTX
パック:Gregory Miwok21
食料:あんぱん2個、蒸しパン
水分:アクエリアス2L、ポカリスエット750ml、烏龍茶500ml

今年も年に一度のイベントと言うことで、日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)に参加してきた。

5回目の参加となるが、今回がこれまでで一番練習不足な状態での参加となる。兎に角完走を目指すしかない。

過去の記録は14時間弱、大ダワリタイア、大ダワリタイア、16時間弱だ。

調子が良ければ、4時間-4時間-3時間-2時間で13時間を目標とするのだが、今回は練習不足でそれは無理だろう。できれば16時間でゴールしたいのだが、最悪、5時間-5時間-4時間-3時間で17時間以上は覚悟しなければならないか。


13時ちょうどに五日市中学校のグラウンドをスタート。

序盤の今熊神社前後の渋滞は、今回が一番激しく、入山峠にはこれまでで一番時間がかかった。入山峠の待ち行列も過去最長だった。

その後はほぐれて、走れるようになるが、かなり抑え気味に進んだ。

第一関門である浅間峠の手前で早くも右足の膝、お皿の下辺りが痛みだした。先日の試走の時も15kmくらい走った所で痛くなった箇所だ。その時は両膝が痛くなって、予定の半分で試走をやめていた。

今回は右脚だけの痛みで、左脚はまだ無事だった。しかし、キンキン来る痛みで走るのがかなり辛かった。

5時間もかかって浅間峠に到着。

右膝の痛みがありもうやめたかったが、流石にここでリタイアするわけにも行かない。リタイアしても道路まで1時間くらい歩かなければならない。取りあえず、月夜野第2駐車場を目指すこととした。そこで、膝の痛みが悪化していたら、リタイアもありかとかなり弱気になっていた。

浅間峠から三頭山を過ぎ鞘口峠までのトレイルは先日明るい時に試走した所だ。その時は、レースでの夜間走の時に比べれば短く感じていた。

左脚をかばいつつの走りは、登りは大丈夫なのだが、下りが厳しく、走るのは平らなトレイルだけというような状態だった。

今回も、左膝の痛み以外は、未だ未だ余裕だった。抑え気味に走ったことも良かったのだろう。

その後は順調に走っていたが、三頭山への登りで何だかペースが上がらない。ハンガーノック状態になってしまったようだった。

これはやばい。

体が冷えるのを防ぐために、標高の高い三頭山では休まないようにしているのだが、エネルギー補給のため小休止とした。身体が冷えないように、ジェルとあんぱんを少しかじって直ぐ走り出した。

三頭山からのきつい下りを何とか下りきり、鞘口峠到着。

ここから都民の森の駐車場まで直ぐだからリタイアポイントかなという考えが頭をよぎったが、やはり先に進もう。

膝が痛くなければもう少し早く走れるのだが、ペースは相変わらず上がらず、何とか月夜野第二駐車場に到着。ここまでで、アクエリアスとポカリは全て飲みきり、烏龍茶が丸々残っていた。ここで1.5Lのポカリを補給できるから、これなら水分は大丈夫だろう。

問題は、食料だ。。

ここで蒸しパンを食べるが、甘いものが気持ち悪くて身体が受け付けない。それでも無理して流し込み、栄養補給とした。あわせて飲んだハニー味のジェルが超甘くて喉にくる。そのままでは濃すぎて飲み込めず、烏龍茶と一緒に強引に流し込んだ。

さて、右膝の痛みは若干悪くなっているようでもあったが、まだ何とかなりそうだ。

この痛みに打ち勝って進んでこそ、次に繋がる。そう考えて大ダワを目指すこととした。

結構きつい御前山の登りを、ふらふらになりながらこなし、急坂をゆっくりと大ダワまで下っていった。

大ダワでは既に日が変わっていた。

過去2回ここでリタイアしていたのだが、リタイア癖をつけるわけにはいかない。

弱気にならないよう、小休止して直ぐに再スタートした。

第三関門でのリタイアはよっぽどのことがなければ有り得ない。後は、時間がかかろうとも兎に角、前に進むだけだ。

大岳の登りもかなり長く感じた。岩場を慎重にこなし水場まで具だって行く。第三関門である御岳山手前で、念のため水を500mlほど汲んでおいた。

もうこの時点で走ることはできず、ほぼ歩きとなってしまっていた。

第三関門を過ぎ、日の出山へ。

日の出山への最後の階段を上りきると、素敵な東京の夜景が広がっていた。東屋で残りの蒸しパンとジェルを流し込み、最後の金比羅尾根の下りへと進んだ。

sIMG_0577.jpg

残り7~8kmくらいのところで、次第に空が白み始めた。

今回は夜が明ける前にはゴールできなかったか(涙)。

だんだんと明るくなるなか、金比羅尾根はほとんど歩きだった。

残り5kmの標識を過ぎ、これなら何とか19時間は切れそうだ。

ゴール地点のタイムを見て、ありゃま。時間を1時間計算違いしていた。

無事17時間55分でゴール!

脚の痛みに耐えて、走りきることができた点については満足の2013年ハセツネだった。


最後に、今後のための反省点をいくつか。

・水分は3リットル超担いで正解。
・ハイドレーションの水漏れに気付いて良かった。
・極度の疲労時はあんぱんは気持ち悪くて食べるのに苦労した。
・蒸しパンもやはり甘いのが気持ち悪く、喉を通らなかった。
・ジェルのハニー味は甘すぎて喉にきた。
・疲労時は、しょっぱいものがよさそう。

sIMG_0579.jpg
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(UTMF2014当選しました!)
次のページ(iPhotoとFlickr間の共有で500枚制限が無くなっていた!)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき