スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

自作パソコンへのWindows 8.1 Proインストール

シゴトパソコンはずっとXPを使っていた。

そのXPもいよいよマイクロソフトのサポートがなくなってしまう。

サポートのなくなったXPは、シゴト場ネットワークに繋げるなとのお達しが出ており、ついにWindows8.1に乗り換える決心をした。

注文していたWindows 8.1 Proが届いたので、早速シゴトパソコンにインストールしてみた。

現在のシゴトパソコンはWindows XPの、たぶん32ビット版だ。

HDDはC:ドライブにWindows XP sp3が入っており、それとは別にd:ドライブを切っている。

d:ドライブはその存在自体を忘れていて、スッカラカンの状態だ(大汗)。

今回、c:のXPは温存して、折角あるd:ドライブに8.1をインストールするべく悪戦苦闘した。

有効なWin32 アプリケーションではありません



先ずXPが立ち上がった状況で64bit版8.1をインストールしようとすると、有効なWin32アプリケーションではないと言って先に進まなかった。。

DVDドライブから起動するにはどうするんだっけ??

ぐぐって、どうやら「f8」キーを押しながら起動すればよいらしい。

果たして、起動ディスクをどれにするかの選択画面になり、DVDドライブを選択すると無事セットアップが始まった。

HDDのパーティションあれこれ



セットアップが始まったのだが、どのドライブにインストールするかの選択画面が現れない。。

そのまま続けてc:ドライブのXPを消して、上書きインストールされたらたまらないので、一端セットアップを終了し、再びぐぐってみた。

d:ドライブは拡張パーティションとして切っていたのだが、どうも拡張パーティションを起動ディスクにはできなさそうな雰囲気だったので、一端d:を外して、プライマリーパーティションで切り直した。

d:ドライブの再フォーマットに結構時間かかった。。

c:ドライブのデータをバックアップ



そしてインストールなのだが、やっぱりインストールするドライブの選択画面が出てこない。

やっぱり念のためということで、データをNASにバックアップした。

そしてインストール



さて、もうやるしかないでしょう。

インストールを始め、やっぱりインストールするドライブの選択画面が出てこないまま、進んでいく。

そして、ようやく出てきた選択画面、多分色々やらなくても、この画面は出てきたのかな。

イマイチWindowsのインストーラーが信じられずに苦労したが、普通そうだよね。

後は、インストーラーの言うことに従って進めていく。

自作パソコンだったので、ドライバがあるのか心配したが、インストールはすんなり進み、あっけなく終了した。

ちょっとびびり過ぎだったかな。
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(すすきのの夜は函館開陽亭で北海道の海の幸を堪能)
次のページ(大腸内視鏡検査をやってきた)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。