スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

鱗テレマークで燧ヶ岳



日程:2014年5月3日
時間:5時間41分(登り3時間40分、下り1時間25分)
食料:ぱん、アクエリアス500ml、水500ml

08:10 御池
09:16 広沢田代
10:16 熊沢田代
11:50/12:26 燧ヶ岳(俎嵓)
13:51 御池

御池駐車場:1000円
雪は例年通り
一段目、広沢田代への登りは左寄りから
二段目、熊沢田代への登りは左寄り尾根を目指して登り、最後1986ピークは巻く
道の駅きらら289山口温泉:350円(17時からの夜間料金)
檜枝岐温泉アルザ尾瀬の郷:500円

GWは恒例になりつつある、ステップソールテレマークで燧ヶ岳に登ってきた。

車中泊をした道の駅きらら289を6時18分に出発し、御池の駐車場には7時22分着、準備を整え8時10分スタート。

IMG_5269.jpg

IMG_5271.jpg

林間をしばらく行くと一段目の登りとなる。ここは左寄りにルートを取ると程なく広沢田代に出た。

雪原を抜け二段目の登り。

ここは右手に真っ白な斜面があり、過去二回はそちら方向に行ってしまっていた。そこを上がってしまうと1986ピークに登りあげてしまい、一端下らなければならなくなる。

今回は左の尾根寄りを登り、標高がそろそろという辺りで左を巻くと、ほぼどんぴしゃで熊沢田代に出た。こちらの方が斜度も緩くて登りやすい。

IMG_5278.jpg

ここまで来るとピークもあと少しだ。

最初は右寄りに登り、2100mを越えた辺りで左寄りに登るとそれほど苦労することもなく、頂上に到着した。

最後10mくらいの登りは板をデポしてツボ足で燧ヶ岳(俎嵓)に辿り着いた。

その横に見える柴安嵓の方が標高は若干高いのだが、そちらはつぼ足でも結構大変そうな登りがあるから、この時期はここで登頂とする。

下の方には真っ白な尾瀬沼が見える。右の方に目を向けると尾瀬沼と至仏山が、こちらも雪に覆われて真っ白だ。腹ごしらえをしつつ、景色を堪能した。

IMG_3553.jpg

さて、ゆるゆると滑り降りることとしよう。

斜度も緩めのルートを登ってきたので、なんちゃってテレマーカーは基本登りの緩い斜面を下っていった。

あっという間に熊沢田代へ。

ここからは1986ピークを右から巻きつつ滑っていく。間もなく東ノ田代が見えてきて、間違えて滑り込みそうになるが、地図と方角を確認。会津駒ヶ岳の左辺りに向かって進んでいくと広沢田代に滑り降りた。

最後御池までの下りは、斜度がきつくて苦労したところもあったが、何とか御池の駐車場に滑り込んだ。

天候は午後から悪くなる予報だったが、無事晴れてる内に戻って来れた。

アルザ尾瀬の郷で身を清めて次の目的地、鳥海山へと向かっていった。





スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(鱗テレマークで鳥海山は御浜小屋まで)
次のページ(かすみがうらマラソン)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。