筑波連山縦走

筑波連山縦走
日程:2009年2月11日
メンバー:なんちゃってスカイランナー
ルート:JR岩瀬駅-御嶽山-雨引山-燕山-加波山-足尾山-きのこ山-上曽峠-湯袋峠-筑波山-つつじヶ丘-不動峠-平沢官衛遺跡
所要時間:8時間6分

装備
ザック:PAINE 30L
シューズ:モントレイル・ハリケーンリッジ
ウエア:フェニックス長袖中厚手アンダーウエア、薄手のフリース、モンベルゴアテックスレインウエアの上着、ジャージズボン、帽子、手袋
予備ウエア:TNF長袖ウエア(使わず)、ALPAMAYO長袖Tシャツ(最後に着替え)
食料:水2L、ポカリスエット500ml、弁当(ご飯2合、鮭、梅干し)、ミルク工房ブラウニー、トーハトオールレーズン、どら焼き、アーモンドチョコレート(食べず)
その他装備:Garmin Forerunner 405、Garmin Legend Cx、国土地理院1/25000地図打ち出し、現金、バス時刻表打ち出し

ルート詳細
05:48 土浦
| JR常磐線
06:20/06:23 友部
| JR水戸線
06:47 岩瀬
土浦-岩瀬 JR950円

07:05 岩瀬駅
| (0:46) 3.7km
07:51 雨引山
| (1:02) 4.5km
08:53 燕山
| (0:12) 1.0km
09:05 加波神社
| (0:12) 0.3km
09:17 加波山
| (0:30)
09:47 一本杉峠
| (0:22)
10:09 足尾山
| (0:32) 3.0km
10:41/10:50 きのこ山
| (0:18) 2.7km
11:09 上曽峠
| (0:24)
11:33/11:49 湯袋峠
| (1:04)
12:53/13:00 筑波山女体山
| (0:30) 1.8km
13:30/13:37 つつじヶ丘
| (0:52) 7.0km
14:29/14:35 不動峠
| (0:36) 4.7km
15:11 平沢官衛遺跡

15:31 大池公園前
| 関鉄バス(730円)
16:10 桜橋

温泉(スーパー銭湯)
湯楽の湯 土浦店
入館料:土休日特定日650円、平日550円
茨城県土浦市真鍋新町20-43
Tel: 029-825-1526


筑波連山縦走 40.4km 8時間06分
12:02/km, HR123bpm
今日40.4km/今月走距離152.5km



週の真ん中の休日。天気は午後から雨の予報ですが思い立ったら吉日Goです。

筑波連山縦走です!一応トレイルランニングっぽく行きます。走れるところは走ります。

CR-Vを土浦駅近くの駐車場1日500円に停めて土浦駅に急ぎます。土浦駅からJR始発5時48分の始発に何とか間に合いました。6時20分に友部に着いてそこで水戸線に乗換は3分しかありませんが向かいのホームで、6時23分発の電車に揺られて6時47分に岩瀬駅に到着しました。

便所に行ったりしてそれなりに手間取って7時5分に岩瀬駅をスタートします。

07:05 岩瀬駅

20090211-0.jpg

最初どの道行けばいいのか迷いましたが、要は線路沿いに東に行くと間もなく看板がありました。その先の踏切を渡り南の山の方へと進んでいくと間もなく登山道がスタートしました。歩き出して直ぐ不動の滝があります。コップがあったので口を湿らす程度に飲んでみますが、これが美味しいです。

ドンドン登ると小さな神社があって、その直ぐ先が御嶽山です。更に進んでいくと雨引山で東屋があるので、そこで最初の小休止です。これから進む加波山とその先に筑波山が遙か彼方に望まれます。遠いです。。

07:51 雨引山

20090211-1.jpg雨引山から、左が加波山、右奥が筑波山

先を急ぎますが登山道はしっかりしていて、加波山辺りまでは200mおきくらいで標識があって迷うことはありません。と、言いたいところですが、道は至る所で枝道があります。そういうところに標識はありません(悲)。なので、これは矢っ張りこっちだろう、と思える方に行けばまあOKです。

08:53 燕山

雨引山から約1時間で燕山です。最後の絶望的急登を登ると其処は燕山です。ここは休憩もそこそこに先を急ぎます。少し下ったところに東屋があって、そこから林道となりますが少し進むと再び登山道となって、間もなく参道となり加波神社です。ここでお参りして神社横の階段を上って更に高見を目指すと間もなく加波山です。

09:05 加波神社

20090211-2.jpg加波神社:神社横の階段を上ると加波山

09:17 加波山

ピークから少し下ったところで小休止として先日ミルク工房で買ったブラウニーを頬張ります。エネルギーを充填しドンドン下っていくと風力発電の風車があるところに出ます。ここからは林道を進んでも良いのですが、風車沿いにも道らしきものがあるので進んでいくと、右に標識がありそこから登山道を進んで行くと間もなく一本杉峠です。

09:47 一本杉峠

20090211-3.jpg一本杉峠:右の登山道から降りてきた。


この先も林道を進んだりショートカットの登山道を進んだりしていくと、次はく足尾山です。ここでルートを間違えてしまいました。予めチェックはしておいたのですが、そのまま真っ直ぐ進んでしまいました。進む景色を見ていると何だか里に下りていくようで、直ぐに何だかおかしいと思い引き返しました。祠の土塁があって分かりにくいのですが、ここは右に曲がって石段を下らなければなりません。こういうところに標識を立てておいて欲しいです。

20090211-4.jpg足尾山:こちらが筑波山への登山道

10:09 足尾山

その先の足尾神社を過ぎると間もなく林道に合流し、ここから暫くは舗装林道となります。この辺りはグライダーの離陸ポイントですが、今日は閑散気味でした。きのこ山はそんな中にあって、林道から60m地点にピーク&東屋がありここで最初の昼食タイムとしました。

10:41/10:50 きのこ山

余り長く休むと躰が冷えるので、弁当半分食べて落ち着いたところで直ぐ出発です。更にここから暫く林道の舗装路が続きます。

11:09 上曽峠

11:33/11:49 湯袋峠

上曽峠を越え、湯袋峠まできたところで道を間違えてしまいました。交差する道路の標識に左に行くとつくばとあり、そちらに進んでしまいました。ちょうど峠地点にさしかかったところで、待てよと思って地図を確認すると、峠に降りてきたところから左に行って直ぐのところに筑波山へ行く登山道があります。慌てて戻ると直ぐにありました。最初通り過ぎたときは作業道か何かと思ったところでした。

20090211-5.jpg湯袋峠:筑波山へ通じる登山道

登山道をドンドン進むと間もなく未舗装の林道にぶつかります。更に登山道が続いているはずだと見ると正面の壁にハシゴみたいなのがあり、其処を登るとまたその先に登山道が続きます。更に進んでいくと再び未舗装林道にぶつかります。ここは一旦右に曲がって、女体山へ続く登山道を探します。少し行ったところで上を見上げると高いところに何か標識があります。

20090211-6.jpg謎の標識

どうもここから女体山へと続く登山道があるようなので、標識に向かってよじ登ろうとしますが、足場が崩れて登れません。仕方ないので登り口があるはずだと先を進むと林道を曲がったところに山の方へ向かう道がありました。取り敢えずさっきの看板方面へ向かうとそこから女体山へと登山道が続いいました。あんな標識、普通は気がつかないぞ。。

20090211-7.jpgここから左に入って件の標識の方へ行った。

地図にはないショートカットする道のようで、高い方へと向かっているのでそのまま進んでいきました。途中どこかの小学校だか中学校の変な標識があり、「順路←」とあって、その横にマジックで「男体山↑」とあったので順路の方へ進みました。しかし、こちらのルートは下り気味にトラバースしているようで順路って何だということで気づいて、直ぐに戻って男体山の方へと進んでいきました。男体山と書いてありましたが、このルートが女体山へ直登するルートだったようです。全くどいつもこいつも。。。

間もなくメインの登山道と合流し女体山へと登ります。

20090211-8.jpg左が本来の登山道、右の苅分から登ってきた。

登山道を上りきると女体山の神社の下に出ます。ここ迄は静かな山旅でしたが、ここでいきなり人集りとなりました。女体山に着くまで天気が持ってくれて助かりました。ここまで来れば、身の危険はありません。ケーブルカーもあるし、下ればバスがあるのでなんとでもなります。女体山で写真を撮った後は、寒いのでそそくさと下っていきます。

12:53/13:00 筑波山女体山

20090211-9.jpg筑波山(女体山)頂上

ここから登山道は岩が多くなり滑りやすく慎重に下っていきます。余りペースも上がらずつつじヶ丘のロープウエー乗り場に辿り着きました。ここでお弁当の残りを少し食べて英気を養います。もうここでバスに乗って帰っても良いのですが、筑波連山はまだまだ先が続いています。脚の疲労はかなりきていましたが、取り敢えずもうちょっと先に進むことにしました。

13:30/13:37 つつじヶ丘

ここからは車がばんばん通る車道を走ることになります。風返峠を過ぎたところで、雨というか雪というか氷というかが降り出してきました。ひゃー、先に進んだことを激しく後悔します。でももう戻るには先を進んでしまっているし、でも先は長い状態です。上着はゴアの雨具を着ていたんで直ぐに濡れる心配はなかったので、兎に角不動峠まで急ぎます。といってもペースは上がらずやっとの思いで不動峠に到着しました。

14:29/14:35 不動峠

不動峠に着く頃には雨もやんでいましたが、これから先進むと、全山縦走は日暮れギリギリになりそうです。ライトを忘れていたのと、脚も疲労がたまっているし、躰も結構冷えていたので、これから夕方にかけてがんばれる自信がありません。北条のバス停が15時と15時30分とあるのでその先の大池辺りには数分後に着くはずです。この時間なら15時30分のバスに乗れそうです。結局ここで心が折れて、不動峠から平沢官衛遺跡へと下っていくことにしました。

脚ももう痛かったのですが何とか下ります。里に下りてきたところで人に尋ねて土浦駅行きのバス停の場所も確認します。平沢官衛遺跡に辿り着きました。

15:11 平沢官衛遺跡

20090211-10.jpg平沢官衛遺跡

ここの管理所にトイレがあって管理人もいるので中は暖かく助かりました。管理人にもバス停の場所を確認して、アンダーウエアを着替えてひと心地つきます。時間になってバス停に行くと間もなくバスがきました。

バスで土浦駅まで戻ってCR-Vをピックアップ、そのまま湯楽の里に行き躰を温めました。


今回、GarminのForerunner 405Legend Cxを持って行きましたが、Legendが、ルートでアレッと思ったときには、MapView25000で作った手づくり地図とはいえ絶大の威力を発揮しました。Legendは普通の登山道ではログを取る趣味の為のモノと思っていましたが、これは便利です。一方、Forerunner 405は手元での心拍数確認と移動距離確認のみです。Legendに心拍計が付けば最高なんですけどねェ。

スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(Beaune Les Bons Feuves 2001, Henri Montagny)
次のページ(2009/02/09 北海道旅行4日目 帰路)
プロフィール

わせさん(元わっちゃん)

Author:わせさん(元わっちゃん)
旅と山登り、ランニング、トレラン、ワイン、スイーツが大好きマイラー(SFC&JGC)
山登りはピークハンターでありフラワーハンターです♪
マラソン、トレランレースは最近は長いのしか参加してないです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
楽天
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリ
元わっちゃんのつぶやき